格安SIMの速度測定:主要な格安SIMをスピードテストアプリで毎月2回実測チェック【2022年2月更新】

格安SIMって安いけどお昼は使い物にならないくらいに遅いんでしょ?という声をよく聞きます。でも実際には格安SIMの会社によってだいぶ差があります。OREFOLDERでは格安SIMの定期的な速度測定(スピードテスト)を毎月2回、朝・昼・夜の混雑時間帯に実施し、その実態を調査しています。

測定に使用する格安SIMは時期によって異なりますが、だいたい主要なものを20回線程度、実際に管理人が契約して測定しています。最新の2022年2月は話題のahamo・povo2.0・LINEMOを含め13ブランド20回線を使っています。

2022年2月後半の速度測定結果

速度測定結果の詳しい内容は上記記事をご覧ください。簡単な内容以下のとおりです。

日時 2022年2月22-24日(22日7時~23時にSPEEDCHECKで1時間に1回(12時台は10分ごと)、24日12時15-25分に5GMarkを3回実施)
場所 静岡県静岡市清水区
測定
アプリ
Speedtest.net
5GMARK
測定方法 SPEEDCHECK:自動測定機能を使って7時から23時まで1時間に1回測定。12時台は10分ごとに測定。
5GMARK:SIMごとに3回ずつフルテストを実施し、(3回の合計値+中央値×2)/5を値とする。
測定したSIM IIJmio(ドコモ回線・au回線)
ahamo(ドコモ回線)
y.u mobile(ドコモ回線)
OCNモバイルONE(ドコモ回線)
BIGLOBEモバイル(ドコモ回線・au回線)
b-mobile(ドコモ回線・ソフトバンク回線)
日本通信SIM(ドコモ回線)
nuroモバイル(ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線)
mineo(ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線)
UQ mobile(au回線)
povo2.0(au回線)
Y!mobile(ソフトバンク回線)
LINEMO(ソフトバンク回線)
今回のポイント
  • サブブランド系とその他でくっきり
  • 全体的に見てもかなり落ちてきてる
  • なかでもb-mobile・日本通信が一気に落ちた

今回の測定は2月22-24日に行いました。朝夕はもうどの格安SIMでもそれほど不便に思うほどではありません。一番の混雑時間帯であるお昼も、最近はそれなりに速度が出ていたのですが、だんだんと落ちてきたSIM、調子良くなってるSIMで差が出てきました。

測定結果:5GMARK フルテスト(昼12:15~12:25)

左:mineo(D) 中:mineo(A) 右:NUROモバイル(S)

ドコモ回線

相変わらずahamoが速いですねく、それに続くのはy.u mobile、それ以外はすっかり遅くなってしまいましたね。

総合ポイントで見るとNUROモバイルも悪くない値となっています。しかし全体的に落ちてますね。

POINT DOWN
(Mbps)
UP
(Mbps)
PING
(ms)
HLS
(s)
WEB
(s)
ahamo 29520 41.56 10.02 68.2 2.1 1.8
IIJmio 1515 0.38 18.30 149.2 50.0 4.0
OCNモバイルONE 927 2.20 2.68 83.6 33.1 5.6
mineo 1080 0.33 8.16 126.4 50.0 4.2
BIGLOBEモバイル 740 1.22 3.53 87.4 37.9 3.8
NUROモバイル 4148 0.27 22.05 89.6 50.0 3.2
y.u mobile 5575 11.67 5.10 167.2 14.9 5.5
日本通信SIM 366 1.18 0.24 336.2 24.7 4.5
b-mobile 26 0.14 0.36 700.0 50.0 7.1

au回線

au回線はやはりUQ mobileが速く、それになんとかpovoが続いてる状態です。ドコモ回線と同じく、サブブランド以外との差がかなり激しくなりました。

総合的なポイントで見てもUQ mobileとpovoだけが突き抜けています。

POINT DOWN
(Mbps)
UP
(Mbps)
PING
(ms)
HLS
(s)
WEB
(s)
povo 9718 16.83 1.47 80.0 5.7 2.4
UQ mobile 15480 26.33 2.05 65.8 5.4 1.8
IIJmio 1876 3.07 1.89 124.2 42.3 2.9
mineo 455 0.44 2.08 160.8 50.0 3.2
BIGLOBE 1429 3.70 1.68 71.0 50.0 3.6
NUROモバイル 828 0.54 2.69 101.2 50.0 2.9

ソフトバンク回線

前回まで少し元気がなかったLINEMOとY!mobileが復活しましたね。それ以外だとb-mobileが…と言いたいのですが、今回はドコモ回線の方も含めてb-mobile(日本通信)があまり奮わなかったですね。

ポイントで見るとNUROモバイルも良さげになっています。

POINT DOWN
(Mbps)
UP
(Mbps)
PING
(ms)
HLS
(s)
WEB
(s)
LINEMO 16025 23.11 9.96 80.6 4.2 1.7
Y!mobile 17726 28.12 4.27 50.0 3.3 1.8
mineo 670 0.32 4.13 97.4 50.0 3.8
NUROモバイル 3310 2.03 9.44 86.8 42.1 3.1
b-mobile 1961 6.00 0.23 511.4 20.8 4.6

過去の速度測定結果

過去の速度測定記事は以下の記事をご覧ください。

2022年の速度測定結果

2021年の速度測定結果

author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧
格安SIM関連の最新ニュース
y.u mobile、「全プラン最大2カ月間無料キャンペーン」を7月1日より実施
povo、期間限定で「1GB(30日間)499円」「7GB(7日間)777円」のお試しトッピングを7月開始
LINEMO、スマホプランをMNP契約で12,000円相当のPayPayポイントもらえるフィーバータイム開催!【6/30まで】
povo、探す #ギガ活 FIND povoに「アイカサ」「mocha」を追加!傘・モバイルバッテリーを借りてギガが当たる
格安SIM関連の最新エントリー
格安SIMの速度測定 2022年6月後半:IIJmioのドコモ回線がググっと良くなってきた!
povo2.0のトッピング180日間未購入で利用停止予告が届きました
OCN モバイル ONEのバッテリー消費が明らかに改善!プライベートIPアドレスに変更で
格安SIMの速度測定 2022年6月前半:最近落ち気味だったサブブランド勢がまた速くなってきた