ランチャー系

LaunchBoard:頭文字をタップして候補アプリを表示、起動するランチャーウィジェット

|

LaunchBoardはアプリの頭文字から候補を表示するランチャーウィジェットです。
外観はキーボードのようにアルファベットが並び、背景色は透明度とともにカスタマイズ可能です。ウィジェットの大きさは4×2サイズです。

LaunchBoard: Modern app drawer
Appthrob

頭文字をタップしてアプリを選ぶ

キーボードのように並んだアルファベットから1つをタップすると、スマホにインストールされているアプリの中からその文字が頭文字となるものがピックアップされます。あとはそのアイコンをタップすればアプリが起動します。

かなりの数のアプリをインストールしていると、ドロワーから必要なアプリを見つけ出すのも一苦労です。本アプリならホーム画面上のウィジェットから頭文字で素早く探し出せます。

なお、数字から始まるアプリと日本語名のアプリは「#」にまとめられています。

LaunchBoardの設定

設定は英語ですが、何も触らなくても使うことはできます。ここで可能なのは主に以下のとおりです。

  • キーの並びは「QWERTY」「QWERTZ」「ABCDE」の3つ
  • 背景色は6色あり、透過度は5段階から選択可能
  • アイコンパック対応
  • アイコンやテキストのサイズも変更可能
  • アプリの他に連絡帳からも表示可能