マイナンバーカードとスマホで特別定額給付金を申請してみました

|

新型コロナウイルスの感染拡大から、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月20日閣議決定)において定められた、家計支援を目的とした給付金「特別定額給付金」の申請受付が始まりました。基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者1人につき10万円というものです。

申請は市区町村から受給権者に送付される申請書でもできますが、オンライン申請も可能です。マイナンバーカードと対応スマホがあれば簡単に申請できるので、さっそくやってみました。

下準備

スマホでのオンライン申請では以下のものが必要になります。事前に用意しておくといいでしょう。

  • マイナンバーカード
  • 対応のスマホ(対応端末一覧は→こちらを参考)
  • マイナポータルAP』アプリ
  • 振込先口座の確認書類(写し)(申請者名義の通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面等の写し又は画像(口座番号、カナ氏名等が分かるもの))

マイナポータルから特別定額給付金を申請

特別定額給付金の申請はマイナポータルサイトからできます。スマホでも特に問題ありません。

STEP0 申請の確認

マイナポータルにアクセスすると、最上部に大きく「特別定額給付金の申請」と書かれています。申請はこちらをタップして、マイナポータル内の「ぴったりサービス」に移動して申請を行います。

ぴったりサービスは今回の特別定額給付金以外の申請もあるので、まずは自分の地域を入力し、特別定額給付金にチェックを入れて検索します。

今回の特別定額給付金は市区町村によって準備の出来てるところと、できないところがあります。準備ができてる場合はそのまま申請に勧めますが、できてないとことは「準備中」と表示され、対応を待つしかありません。幸い、私の茨城県つくば市は申請可能でした。

申請方法の確認。

動作環境などの確認。

STEP1 連絡先の入力

まずは連絡先のメールアドレスと電話番号を入力します。すぐに入力したメールアドレス宛に確認メールが届きます。

STEP2 申請者情報の入力

続いて、申請者の情報を入力していきます。自分で入力していってもいいですが、マイナンバーカードを読みこませれば、ある程度の情報を自動入力してくれます。

読み取る際に券面事項入力補助用パスワード(数字4桁)が必要になります。覚えてますよね?

フリガナなど、自動で入力されない項目もあるので気をつけましょう。すべて入力したら次へすすむをタップ。

STEP3 申請情報の入力

続いて申請情報の入力です。給付金の入金先となる銀行情報を入力します。

STEP4 入力内容確認

入力内容の確認です。給付金の金額は1人あたり10万円。今回の特別定額給付金は基本的に世帯ごとなので、家族分ならここまでにその情報も入力するので、金額もその合計額になるはずです。

STEP5 添付書類登録

振込先講座の本人確認ということで、振込先口座の確認書類(写し)を添付します。これは申請者名義の通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面等の写し又は画像(口座番号、カナ氏名等が分かるもの)となっています。事前に写真を用意しておくのがいいですが、ファイルを選択をタップすれば、ここからカメラを起動して写真を撮ることもできます。

STEP6 添付書類確認

添付書類の確認です。確認という割に画像自体は見せてくれませんが…。

入力しては確認の繰り返しです。まぁ仕方ありませんよね。なお、入力内容を保存というボタンを押して、途中まで入力したものを保存して一時中止、その後また後日再開ということもできます。

STEP7 電子署名の付与

マイナンバーカードを使って電子署名を付与します。マイナンバーカード、持っててよかったですね。
電子署名を付与するをタップして進みます。

またパスワードを入力しますが、ここで入力するのはマイナンバーカードの署名用電子証明書のパスワード(6~16桁の英数字)です。入力補助に使った4桁の数字とは違うので注意してください。

STEP8 送信を実行

最後に送信して申請終了です。お疲れさまでした。

控えをダウンロードできます。メールでも完了通知とともに送られてきますが、一応ダウンロードしておいたほうが無難です。控えの書類はzipで圧縮されており、中身はpdfやcsvファイルです。申請書の形になったpdfファイルを見ておくのも面白いですよ。

まとめ

これであとは入金されるのを待つばかりです。ちょっと楽しみです。

なお、今回はスクリーンショットを撮りながらで、途中宅配便が来たり銀行の確認書類を用意する(けっきょく銀行のカードを写真に撮りました)のに手間取ったりしながらで、だいたい30分くらいかかりました。さすがに普通にやればもう少し短くなると思いますが、できれば落ち着いてできる環境と余裕のある時間で実行したいですね。

それでも役所に行ったり、家で書類を書いて郵送して…といった作業に比べたら遥かにかんたんでスピーディーです。やっとこういう時代になりましたね。

追記:入金されました

上記の通り、5月1日の9時50分頃に申請完了しましたが、5月12日に無事10万円の入金がありました。

  • 申請先は茨城県つくば市
  • 申請完了は5月1日9時50分頃
  • 5月9日に「特別定額給付金決定通知書」が5月8日付で届く(画像は→こちら
  • 5月12日朝に10万円の入金を確認

つくば市の場合は、申請書の発送開始が5月16日予定だったので、郵送申請のための書類が市から送られるよりも早くオンラインでの入金が完了したことになります。

Random Posts

UMIDIGI、手頃な価格と耐久性のあるBluetooth 5.0ネックバンドイヤホンUMIDIGI Ubeatsを発売!
クレイジー価格199ドルのフラッグシップキラー!UMIDIGI F1のハンズオン動画が公開
WalkCoin「アルコイン」:歩いてコイン貯めてクジでAmazonギフト券がもらえるアプリ!
エントリークラスの新機種 UMIDIGI A5 Pro は5/8発表予定!プレゼントキャンペーンも
【格安SIMのはじめかた】契約無しで使えるプリペイドSIMや無料レンタルでお試ししてみよう
KLWPで画像がスクロールして入れ替わるカルーセルを作ってみる
オシャレ感ある紙製の伸縮自在なスマホ/タブレットスタンド「Paper Stand」
NYCすたいる。 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
LINEモバイル、旧プランユーザーは新プランに変更すべきか否か
かわいい天気予報2:かわいいイラストで表示する天気予報アプリ
Bluetoothスピーカー「ZENBRE Boost」レビュー:USB Type-C・IPX7防水・10W×2の高出力スピーカー搭載
LINEモバイルのau回線版を契約しました
Demo Mode tile:クイック設定パネルにシステムUIデモモードのスイッチを追加するアプリ
今更ながらPayPayを登録して使ってみた-なるほど現金よりはスマートな気がする
5000円分のポイントが貰えるマイナポイントを予約・申し込みしてみた