Tronsmartのフルワイヤレスイヤホン「Spunky Beat」使用レビュー:3000円以下で買える軽量ワイヤレスイヤホン

|

GeekBuyingよりレビュー用にTronsmartのフルワイヤレスイヤホン「Spunky Beat」を提供していただきました。製品を提供していただきましたGeekBuying様にはこの場を借りてお礼申し上げます。

フルワイヤレスイヤホンというと高い印象がありますが、この「Spunky Beat」は3000円以下という低価格で手に入ります。

  • Type-Cでの充電が可能
  • 最大連続7時間連続再生
  • 片耳3.7gの小型軽量サイズ
  • IPX5の防水対応
  • 混雑する地下鉄などでは途切れが頻発

開封

箱を開けるとイヤホンとケース、そして替えのイヤーピースが入っています。

内容物は上図で、Type-Cケーブルや日本語も含めた説明書が入っているので安心です。

外観

次にイヤホン本体の外観の確認です。

白の◯の中の部分はタッチセンサーとなっており、タッチすることで操作が可能です。

右側イヤホン
1回タッチ 曲停止、再生
2回タッチ 音声アシスタント起動
3回タッチ 音量下げる
2秒タッチ(ピッとなるまで) 前の曲に戻る
3秒タッチ 電源オンオフ

左側イヤホン
1回タッチ 曲停止、再生
2回タッチ 音声アシスタント起動
3回タッチ 音量上げる
2秒タッチ(ピッとなるまで) 次の曲に進む
3秒タッチ 電源オンオフ

覚えてしまえば問題ないですが、少し複雑だなと思いました。感度的にはタッチして一呼吸おいて反応する感じで、最初はあれっ?と思うかもしれません。

背面の端子は充電用の端子となっています。
イヤホンのサイズ感は指に乗る程度のサイズで、小型なのは良いのですが逆に耳への装着が少ししづらいなと思いました。

イヤホン1つあたりの重さは約4gととても軽量。耳に装着していてもほぼ重さは感じず、耳が疲れるようなこともありません。

こちらがイヤホンケースです。空けたときにカチッと止まる感じがないのが残念です。

イヤホンを入れると充電が行われ、オレンジ色に点灯します。

なお、日本での使用に必要な技適マークはケースの蓋部分に記載されています。

USBケーブル付きの特徴的なイヤホンケース

このイヤホンはフルワイヤレスイヤホンなので充電用のケースが付属していますが、ひとつ他のケースとは違う特徴があるため紹介します。

ケースの背面にはUSB Type-Cの充電ポートがあります。ここにType-Cケーブルを挿して充電が可能です。

Type-Cなのはこの価格帯では珍しいですが、このような充電ポートは大抵のケースにもあります。

しかし、このSpunky Beatのケースの底面を見てみると…

なんとさらにType-AのUSBケーブルが付いています。

つまり別途ケーブルを用意しなくても、このケースについてるケーブルで充電できるというわけです。

また、このケーブルには両方の面に端子が付いているため、上下を気にせずに差し込めるのは良いです。

スペック確認

次にスペックを確認してみたいと思います。

モデル名 Spunky Beat
Bluetoothバージョン 5.0
対応プロファイル HFP/HSP/AVRCP/A2DP
対応コーデック aptX, AAC, SBC
チップセット Qualcomm® QCC3020
連続再生時間 約7時間(+ケース24時間)
充電時間 約50分(本体)、約2時間(ケース)
重量 約3.7g(イヤホン)、約47g(ケース)
サイズ(イヤホン) 約 27 x 17 x 8 mm
防水等級 IPX5
ノイズキャンセリング cVc™ 8.0(通話用)
充電端子 Type-A/Type-C

電池持ちはイヤホンのみで7時間、ケース込みで24時間です。毎日の通勤で使用しても2週間程度は充電せずに使えるでしょう。(片道1時間と想定)

実際に使って音楽を聴いてみた

実際にSpunky Beatを使って音楽を聴いてみました。

スマホとのペアリングは左右のイヤホンのタッチセンサーを3秒長押しして青とオレンジの点滅状態で行います。
またこのイヤホンは片耳だけでも接続が可能で、その場合モノラル再生となります。

音質は値段の割りには良い程度

聴いてみた感じでは全体的に音は出ているものの、音が軽い感じがしました。重低音などを求めるならイマイチです。高音もちょっと耳に刺さる感じが気になりました。

しかし聞くに耐えないということは無く、良くも悪くも「普通に聴ける」音質です。

なお「音質」は人それぞれ感じ方は違うと思うので、あくまで個人の意見として参考にしてください。

ホワイトノイズはほぼ気にならない

イヤホンから出ているホワイトノイズは少しはあるものの、小さな音量で聞いているときでも気にならないためそこは高評価です。

混雑する地下鉄などでは途切れが頻発

通勤通学中に使用することが多いと思うので、都内の地下鉄で帰宅時間帯に使用してみました。

結果としてはかなりの頻度でブツブツ途切れがあり、混雑する時間帯での使用は少し厳しいと思います。しかし、あくまで途切れる程度で接続が切れることはありませんでした。

なお郊外まで乗車したあとでは安定して聞くことができました。

まとめ:初のワイヤレスイヤホンにはオススメのお手頃イヤホン

フルワイヤレスイヤホンには興味があるけど使ったことが無いという人は多いと思いますが、価格も手頃で無難な音を出してくれるこのイヤホンは初めてのフルワイヤレスイヤホンにいいと思います。

しかし、自分が検証した限りでは都心に通勤する電車などでは使用が厳しく感じられたので、そのあたりの接続性が向上すればさらに良いイヤホンになると思える商品でした。

Random Posts

YOME【ホーム画面定期コンテスト】
LG G8X ThinQを端末単体一括で購入!即日SIMロック解除したら有料だったけど後で返金してもらった件
ジョルテッシモ:縦長スマホで使いたい縦スクロール型のカレンダー・スケジュール帳アプリ
アプリのバックアップを取る方法、そしてアイコンを保存する方法
200円で格安SIMをお試し!mineoプチ体験の「mineoプリペイドパック」を使ってみました
私の思い出のAndroid端末:黎明期のあの頃、いち早くスマホを手にしてステータスだったP-01D
ZenFone 6の価格比較:ひかりTVショッピングがキャンペーン条件適用で実質約3.5万円~で強い!
Empty Folder Cleaner:中身が空のフォルダを削除するシンプルなアプリ
UMIDIGIが Samsung GW1搭載の次期フラッグシップ機で撮影された64MPのサンプル写真をちょい見せ
AMAZFIT Stratos レビュー:心拍計もGPSもしっかり「使える」スポーツ用防水スマートウォッチ
ARTIFITのQiワイヤレス充電器 レビュー:パッド型にもスタンド型にもなるのが便利!
トリプルカメラのUMIDIGI A5 Proが無敵の99.99ドル!UMIDIGIファンフェスティバルを開始!
Xiaomi Mijia SJYT01FMレビュー:スマホでも手ブレの少ないヌルヌル映像が撮れる!
Tiles:クイック設定パネルに様々な機能のタイルを追加できるアプリ
Paperland Live Wallpaper:切り紙で作られた景色がアニメーションで流れるライブ壁紙