ワイモバイルショップで中古購入のAndroid One X2をSIMロック解除

|

1年近く前に購入したワイモバイルのAndroid One X2のSIMロックを解除してもらいました。今では中古で購入した端末でも、ワイモバイルショップで解除してもらうことが可能です。

2回目の挑戦

実はこのAndroid One X2は以前にもSIMロック解除してもらおうとしたことがあります。

このときは既存のデータ通信回線を解約するのと同時に手続きして、「この端末はSIMロック解除できません」と言われてしまいました。他の手続きと一緒にやったり、2019年9月末で新プランの直前だったり、店内が混雑していたことも合わさってスタッフの方が微妙に混乱していたようでした。

そんなこともあり、今回は一応前回とは別のワイモバイルショップに行くことに。平日で月末でもないので、前日でも簡単に来店予約が取れました。キャリアのショップはたいてい混むので来店予約はもはや必須です。

あっさりと手続完了

予約した時間の10分ほど前にワイモバイルショップに到着。店内で5分ほど待ちましたが、すぐに手続きを開始してくれました。予約の際に来店目的として「中古で購入した端末のSIMロック解除」と書いておいたおかげで話も早いです。

端末を預けてIMEIからいくつかの確認をされ、本人確認書類の撮影、注意事項の確認等で、すぐにSIMロック解除の手続きは終わりました。全部で10分から15分です。早い!ワイモバイル自体の契約有無を聞かれたり妙な勧誘もなく、すんなりと終わりました。まぁこの辺りはショップによって差があるのかもしれませんね。

ちなみに、ショップでのSIMロック解除なので、手数料として3,300円(税込)がかかりました。まぁ必要経費ですね。

そういえば、「SIMロック解除後の製品をご利用される場合のご注意事項」という案内に署名するのですが、その中に気になる項目がありました。

SIMロックを解除したワイモバイルの携帯電話機に他の携帯電話会社のSIMカードを挿入してインターネットをご利用いただく場合携帯電話にあらかじめインストールされているブラウザはご利用いただけません。お客様ご自身で新たにブラウザをダウンロードするなどしてご利用ください。

SIMロックを解除すると使えなくなるブラウザがある?これは初耳だったのでスタッフの方に聞いたところ「ごく稀にそういった端末があるらしいです。」とのこと。まぁ絶対ではなく「ごく稀にあるらしい」程度なんですね。へー。

他社のSIMで通信確認

さて、SIMロック解除はショップでの手続きだけでは終わりません。家に帰って、他社のSIMカードを挿して、解除コードを入力します。

…はずだったのですが、他社のSIMを入れてAPNの設定をしたらそのまま接続できてしまいました。あれ?スタッフの方も「(封筒の中に)解除コードがあるので、他社のSIMを入れてこれを入力してください」と言っていたのですが…封筒の中にその解除コードらしきものも見当たらず。んー?

まぁ、とりあえず正常にSIMロック解除できて、ワイモバイル以外のSIMも使えるようになったので、これから速度測定などに使えそうです。ほぼHTC U11 life化ですね。

ワイモバイルのSIMロック解除における注意点

ワイモバイルでは、契約中のワイモバイル端末がある場合は、My Y!mobileでもSIMロック解除できます。しかもこちらは無料。

ですが、ワイモバイルを契約中の購入した端末でも解約済みだったり、(ワイモバイルを契約中でも)中古端末を購入した場合などはワイモバイルショップでしかSIMロック解除できません。また手続きには手数料3,000円(税抜)が必要です。ワイモバイル契約中の場合はMy Y!mobileから手続きしたほうがいいでしょう。

その他、詳しいことはワイモバイル公式サイトのSIMロック解除の案内をご覧ください。