格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年11月 その1 ワイモバイルの独走が続き、ほかは変化も少なく

|

MVNO・格安SIMの定期速度測定と比較、2019年11月編その1です。

キャリアに比べて通信料金が安くて人気な「格安SIM」ですが、その種類によって速度や使いやすさ、機能は異なってきます。その中でも最もわかりやすく比較できる重要なものが「通信速度」です。orefolderでは月に2回、主だったMVNOのSIMをスピードテストアプリを使って実際に速度を比較しています。あくまで個人レベルでの測定になりますが、格安SIM選びの参考になれば幸いです。

今回の測定に使用したSIMは22種類です。

今回のポイント
  • ワイモバイルが速すぎる
  • b-mobileは浮上せず
  • mineoは好調を維持
  1. 測定方法など
  2. 朝:8時15分~25分ごろ
  3. 昼:12時15分~25分ごろ
  4. 夕方:19時00分~10分ごろ
  5. 時間帯別グラフ
  6. 昼:5Gmark結果
  7. 格安SIM速度ランキング 2019年11月その1
  8. MVNOそれぞれに対する所感
  9. 色々見て判断を

測定方法など

測定方法

測定は以下のようにして行いました。

日時
2019年11月6,7日(6日12時・19時、7日8時・12時の4回実施)
場所
茨城県つくば市
測定アプリ
Speedtest.net
5Gmark
測定方法
SIMごとに3回ずつ測定し、(3回の合計値+中央値×2)/5を値とする。それとは別に昼に5Gmarkでのフルテスト
使用端末とSIM
IIJmio-D Galaxy S8
LINEモバイル-D Pixel 3
OCNモバイルONE BlackBerry KEY2
BIGLOBE-D Pixel 3a
NifMo Xperia X Compact
楽天モバイル-D LG Q Stylus
b-mobile-D ZenFone 3(黒)
DTI SIM UMIDIGI X
nuroモバイル-D Huawei nova lite 2
mineo-D Xperia 1
mineo-A ZenFone 5
UQ-mobile Xperia XZ1
IIJmio-A Mode1 RR
BIGLOBE-A ZenFone 3(白)
楽天モバイル-A AQUOS R Compact
LINEモバイル-A Essential Phone
nuroモバイル-A AQUOS R2 Compact
ワイモバイル Pixel 4
nuroモバイル-S Xperia XZ
b-mobile-S Nexus 5X
LINEモバイル-S Huawei P9
mineo-S AQUOS Sense plus

測定の正確さや意義について

さすがに端末1台で22枚のSIMを入れ替えするのは困難なので、複数の端末を使っています。違う端末を使っては比べる意味が無いとお考えの方は、そういうものとして見てください。

また、測定用アプリや測定環境など、もっと正確なものがあると考える方もいらっしゃるでしょうが、ある程度の妥協を重ねて今の形になっています。これらについても、意味が無いとお考えの方はそういうものとして見てください。
(基本的に、多くの人が使っていて自分の場合と比べやすく、またパッと見で分かりやすいものを選んでます。正確性などを考えればもっとやり方はありますし、そうやっているサイトもほかにたくさんあります。ぜひそういったより正確なデータもご覧ください。)

測定アプリについて

現在は『Speedtest.net』と『5Gmark』の2つのアプリを使って測定しています。『Speedtest.net』は広く使われているメジャーな測定アプリです。しかし、このアプリだけだと実際の利用における体感速度と離れた結果が出る格安SIMが出てきました。

『5Gmark』のフルテストはYouTube動画やウェブページなどの読み込みをテストに組み入れており、より実際の使用環境に近い形でのテストが可能です。ただし通信量も多いので、当サイトの測定では『5Gmark』は昼に1回のみ行っています。

朝:8時15分~25分ごろ

DOWN (Mbps) UP (Mbps) PING (ms)
IIJmio-D 1.48 6.91 89.2
LINEモバイル-D 4.20 13.60 69.6
OCNモバイルONE 4.35 10.28 48.6
BIGLOBE-D 5.68 14.46 32.4
NifMo 2.26 16.12 76.0
楽天モバイル-D 1.49 11.16 54.6
b-mobile-D 42.92 9.61 40.6
DTI SIM 32.80 12.08 36.6
nuroモバイル-D 21.96 8.34 39.2
mineo-D 3.56 26.36 92.4
UQ mobile 4.11 3.95 35.0
mineo-A 3.16 4.78 113.2
IIJmio-A 0.92 1.46 110.4
BIGLOBE-A 3.17 3.56 25.0
楽天モバイル-A 1.35 6.56 107.6
LINEモバイル-A 1.69 4.06 56.4
nuroモバイル-A 0.73 3.82 39.4
ワイモバイル 69.82 8.11 15.8
nuroモバイル-S 2.15 8.36 52.8
b-mobile-S 33.72 16.72 43.4
LINEモバイル-S 2.43 12.18 30.4
mineo-S 7.13 17.30 70.2

朝は通勤時間帯ということもあり比較的混雑する時間帯です。
それでも最近は速度も上がってきています。だいたい3Mbps以上出ていれば特に不満なく通信できると思います。

昼:12時15分~25分ごろ

DOWN (Mbps) UP (Mbps) PING (ms)
IIJmio-D 0.44 5.82 90.6
LINEモバイル-D 1.41 13.38 72.6
OCNモバイルONE 1.48 12.16 47.8
BIGLOBE-D 0.55 7.90 37.4
NifMo 0.93 13.38 71.8
楽天モバイル-D 1.18 11.16 55.2
b-mobile-D 7.85 9.29 66.8
DTI SIM 3.79 12.96 59.8
nuroモバイル-D 3.25 6.06 47.4
mineo-D 1.06 14.45 83.8
UQ mobile 7.43 3.18 27.0
mineo-A 1.14 5.89 106.2
IIJmio-A 0.39 2.48 95.2
BIGLOBE-A 1.02 2.08 32.0
楽天モバイル-A 0.36 3.41 100.8
LINEモバイル-A 0.34 5.83 107.2
nuroモバイル-A 3.11 2.27 28.2
ワイモバイル 71.46 12.72 16.0
nuroモバイル-S 0.51 6.06 92.4
b-mobile-S 27.10 14.42 217.6
LINEモバイル-S 1.19 8.21 120.2
mineo-S 2.29 9.02 70.4

平日の昼は、一番速度が落ち込む時間帯です。ここは速いSIMと遅いSIMがはっきり分かれますね。
スマホを使う時間帯は人それぞれですが、お昼休みの時間帯に使うことが多いのなら、この時間帯での速度を重視するといいでしょう。

夕方:19時00分~10分ごろ

DOWN (Mbps) UP (Mbps) PING (ms)
IIJmio-D 1.44 8.07 90.4
LINEモバイル-D 2.85 16.04 72.6
OCNモバイルONE 3.83 7.42 42.4
BIGLOBE-D 5.84 6.55 34.2
NifMo 5.03 11.69 68.2
楽天モバイル-D 2.32 14.77 54.4
b-mobile-D 14.20 7.51 36.8
DTI SIM 29.10 11.45 58.2
nuroモバイル-D 12.40 5.97 73.6
mineo-D 6.69 27.52 87.6
UQ mobile 9.50 1.35 31.6
mineo-A 5.07 3.78 112.4
IIJmio-A 0.79 1.78 109.0
BIGLOBE-A 4.43 3.01 27.6
楽天モバイル-A 1.28 4.53 111.0
LINEモバイル-A 0.70 1.98 55.4
nuroモバイル-A 1.58 3.86 49.6
ワイモバイル 51.06 19.42 16.2
nuroモバイル-S 1.86 15.08 60.2
b-mobile-S 27.36 5.59 175.6
LINEモバイル-S 2.42 12.60 115.0
mineo-S 17.18 13.36 55.4

この時間帯も家に帰る人などが多く、やはり速度が出ません。とは言っても最近はどのSIMも十分な速度が出るようになっています。逆にここで3Mbps出てないのはちょっと辛いかも。朝に比べ遅い時間帯が長いのが辛いところです。

時間帯別グラフ

DOWN 8時 12時 18時
IIJmio-D 1.48 0.44 1.44
LINEモバイル-D 4.20 1.41 2.85
OCNモバイルONE 4.35 1.48 3.83
BIGLOBE-D 5.68 0.55 5.84
NifMo 2.26 0.93 5.03
楽天モバイル-D 1.49 1.18 2.32
b-mobile-D 42.92 7.85 14.20
DTI SIM 32.80 3.79 29.10
nuroモバイル-D 21.96 3.25 12.40
mineo-D 3.56 1.06 6.69
UQ mobile 4.11 7.43 9.50
mineo-A 3.16 1.14 5.07
IIJmio-A 0.92 0.39 0.79
BIGLOBE-A 3.17 1.02 4.43
楽天モバイル-A 1.35 0.36 1.28
LINEモバイル-A 1.69 0.34 0.70
nuroモバイル-A 0.73 3.11 1.58
ワイモバイル 69.82 71.46 51.06
nuroモバイル-S 2.15 0.51 1.86
b-mobile-S 33.72 27.10 27.36
LINEモバイル-S 2.43 1.19 2.42
mineo-S 7.13 2.29 17.18
左:b-mobile(D) 中:UQ mobile(A) 右:mineo(S)

もう1つ、5GMarkの結果をみてみましょう。

昼:4Gmark結果

POINT DOWN
(Mbps)
UP
(Mbps)
PING
(ms)
YouTube
(s)
WEB
(s)
IIJmio-D 261 0.4 5.12 99 2.1
LINEモバイル-D 238 0.3 9.57 106 1.5
OCNモバイルONE 405 0.4 14.09 77 6.7
BIGLOBE-D 310 0.4 7.55 50 3.4
NifMo 390 0.1 11.01 86 3.7
楽天モバイル-D 422 0.3 13.88 88 6.5
b-mobile-D 1410 2.0 8.73 57 3.3
DTI SIM 3240 2.4 6.64 121 3.3 2.2
nuroモバイル-D 239 0.3 5.91 140 6.7
mineo-D 361 0.3 11.95 104 4.8
UQ mobile 8212 11.4 5.48 53 4.1 1.7
mineo-A 58 0.3 3.08 145 7.1
IIJmio-A 25 0.4 0.69 180 3.5
BIGLOBE-A 174 0.8 3.12 53 5.6
楽天モバイル-A 0 0.3 3.43 201
LINEモバイル-A 137 0.3 3.92 158 4.6
nuroモバイル-A 357 0.6 3.95 47 5.0
ワイモバイル 45175 65.2 14.08 49 0.7 1.1
nuroモバイル-S 244 0.4 8.83 117 5.4
b-mobile-S 1090 4.0 8.71 381 5.3
LINEモバイル-S 627 0.6 9.68 129 4.8
mineo-S 301 0.3 12.19 126 1.6

5Gmarkでは通常のスピードテストのほかにYouTube動画や各種ウェブサイトを読み込んでそれをポイントに反映させます。表中の「-」はタイムアウトで、時間内に読み込み完了できなかったことを示します。昼の時間帯にYouTube動画を読み込みできたドコモ系SIMは少なく、ここがポイントに大きく響いているようです。

なお、この5GMarkでもその値が絶対なわけではないので、適当に考えていたほうが良いとは思います。YouTubeが読み込めるかどうかでもだいぶポイント変わりそうですし。お昼のポイントが4桁に届けばちゃんと使える、500以下は使えたもんじゃない…くらいの感覚でいいでしょう。(3桁のポイント内での優劣は誤差のようなものです。あてにはなりません。)

左:OCN モバイル ONE(D) 中:LINEモバイル(A) 右:mineo(S)

1000ポイント以上あればそう困ることはないと思います。そのラインがだいたいの基準と思ったほうがいいでしょう。

格安SIM速度ランキング 2019年11月その1

今回の測定結果をランキング化してみました。

1位 ワイモバイル 222.25 pt
2位 b-mobile-S 59.82 pt
3位 DTI SIM 41.22 pt
4位 b-mobile-D 39.22 pt
5位 UQ mobile 30.66 pt
6位 nuroモバイル-D 20.91 pt
7位 mineo-S 15.04 pt
8位 BIGLOBE-D 6.93 pt
9位 mineo-D 6.91 pt
10位 OCNモバイルONE 6.38 pt
11位 LINEモバイル-D 5.41 pt
12位 mineo-A 5.37 pt
13位 NifMo 5.36 pt
14位 BIGLOBE-A 5.17 pt
15位 nuroモバイル-A 4.98 pt
16位 LINEモバイル-S 4.88 pt
17位 楽天モバイル-D 3.93 pt
18位 nuroモバイル-S 3.00 pt
19位 IIJmio-D 2.42 pt
20位 LINEモバイル-A 1.81 pt
21位 楽天モバイル-A 1.67 pt
22位 IIJmio-A 1.30 pt

ポイントの算出方法は以下の通り。
 (朝の下り速度 ÷ 2) + (昼の下り速度) + (夜の下り速度 ÷ 2) + (4Gmarkのポイント ÷ 500) 
けっきょく昼の速度次第という計算ですが、実感とそれほど離れていないと思います。

ただし、これはあくまで速度のみのランキングなので、それぞれの格安SIMにある速度以外の魅力も忘れないようにしてください。

MVNOそれぞれに対する所感

IIJmio

DOWN 8時 12時 18時
IIJmio-D 1.48 0.44 1.44
IIJmio-A 0.92 0.39 0.79

特に変わりなく、いつもどおりですね。非常に安定してます。混雑時間帯に遅いのはもずっとそうです。今後上がることもないと思うので、混雑時間帯の速さを求めるのであればナシです。

ちなみに、IIJmioのeSIMも契約したのですが、今回の測定には入れてません。別の時間帯などで測定した感触としては、普通にIIJmioのドコモ回線と同じか少しだけいいか?というくらいです。

LINEモバイル

DOWN 8時 12時 18時
LINEモバイル-D 4.20 1.41 2.85
LINEモバイル-A 1.69 0.34 0.70
LINEモバイル-S 2.43 1.19 2.42

ドコモ回線とソフトバンク回線はそれなりに出ているのですが、au回線はダメですね。前回も落ち気味でしたが、更に落ちてます。

OCNモバイルONE

DOWN 8時 12時 18時
OCNモバイルONE 4.35 1.48 3.83

OCNモバイルONEは、いつもどおり目立つほどの速度はありません。快適にはもう一歩足りませんが、最低限の速さは出てます。1日毎にデータ容量の制限が解除される日次コースは私もお気に入りです。goo Simsellerで端末が安く手に入るのも魅力です。

BIGLOBEモバイル

DOWN 8時 12時 18時
BIGLOBE-D 5.68 0.55 5.84
BIGLOBE-A 3.17 1.02 4.43

特に変わりなく遅いですね。昼はいつもどおりの1Mbps未満。ここがせめて1Mbpsに届いてくれればいいんですけどね。もうひと頑張り。

NifMo

DOWN 8時 12時 18時
NifMo 2.26 0.93 5.03

NifMoも特に動きもなく相変わらずです。目立たなさすぎる…。

楽天モバイル

DOWN 8時 12時 18時
楽天モバイル-D 1.49 1.18 2.32
楽天モバイル-A 1.35 0.36 1.28

速度的にはいつもどおりな楽天モバイル。MNOとしての楽天モバイルも始まった…と言っていいのかわからない状態ですが、MVNOとしての速度は変わりませんね。今後もMVNOは続けるようですが、将来的にMNOに移ってほしいという雰囲気は感じます。MVNOとしての楽天モバイルにこれ以上を求めるのは、もうないでしょうね…。

b-mobile

DOWN 8時 12時 18時
b-mobile-D 42.92 7.85 14.20
b-mobile-S 33.72 27.10 27.36

ドコモ回線もソフトバンク回線も、全体的には速いです。しかしここ数回を見ていると徐々に落ちているようです。前回と比べるとほぼ同程度ですが。まだまだ速い部類に入ってるとはいえ、普通の遅い格安SIMと一緒になる前に復活してほしいものです。

ほかの格安SIMに比べて違うところがいくつかありますが、それがうまくマッチすれば「使える」格安SIMになると思います。

DTI SIM

DOWN 8時 12時 18時
DTI SIM 32.80 3.79 29.10

DTI SIMは前回上がったと思ったらまた少し落ちました。ここ数ヶ月は上がったり下がったりを繰り返してます。ちょっと安定してないですね。

nuroモバイル

DOWN 8時 12時 18時
nuroモバイル-D 21.96 3.25 12.40
nuroモバイル-A 0.73 3.11 1.58
nuroモバイル-S 2.15 0.51 1.86

nuroモバイルは全体的に微妙に良くなってきている気がします。ソフトバンク回線は相変わらずだめなのですが、ドコモ回線とau回線は昼でもそこそこ出るようになってますね。(今回はau回線の朝が速度でなかったのはちょっと気になりますが。)

mineo

DOWN 8時 12時 18時
mineo-D 3.56 1.06 6.69
mineo-A 3.16 1.14 5.07
mineo-S 7.13 2.29 17.18

mineo今回も3回線すべて昼に1Mbpsを超えました。朝夕に関しても悪くない値が出てるのでいい感じです。昼でもガンガン動画を見たいというのでなければ充分でしょう。この状態か、もう少し上乗せしたくらいで安定してくれるといいんですけどね。

ほかと違ってユーザーコミュニティをかなり重視している格安SIMです。ゆえにその施策から人を選ぶかもしれません。運営の動きにも要注目です。

UQ mobile

DOWN 8時 12時 18時
UQ mobile 4.11 7.43 9.50

測定している我が家周辺がauの電波弱いようで、他サイトの結果に比べると若干落ちて見えます。まぁこれくらいでも十分速いですし、安定してこの速度を出してくれるのはありがたいです。au回線の中で1番のオススメであることには変わりありません。数ヶ月単位で見ると、それでも速度上がってるように思います。

ワイモバイル

DOWN 8時 12時 18時
ワイモバイル 69.82 71.46 51.06

ワイモバイルもあいかわらず速いです。格安SIMのくくりにされがちですが、どちらかと言えばMNOですしね。
速さで選ぶなら、ワイモバイルはかなりいいと思ってます。

以前から書いてましたが、私も2019年9月末からメイン回線をワイモバイルにしました。外出中でも時間と速度を気にしなくていいのは楽ですね。快適です。あとはしばらく使ってみてデータ容量などを見極めたいと思ってます。

色々見て判断を

この記事ではそれぞれの格安SIMの速度を比較していますが、格安SIMの選択の基準は速度だけではありません。なので今どれがオススメかと考えると、絶対にこれ!と言えるものはありません。個々人の使い方によるのではないかと思います。昼間使わなければ、速度がそこまで落ちることもないでしょうし。それよりも各MVNOの施策や機能を見たほうがいいかもしれません。速度比較はあくまで検討するための材料の1つです。

MVNOの速度はけっこう浮き沈みがあります。その時々で最新の速度測定結果は把握しておきたいですね。場所などでも変わるものなので、できれば1つの数字に一喜一憂せずに、複数の結果を眺めてなんとなくの各社の傾向を掴んでもらえばと思います。

当サイト以外でも定期的に計測しているサイトがありますので、そちらも参考にしてみてください。

また、こうしたブログ等での計測報告以外でも、独自アプリで自動速度計測して掲載しているサイトもあります。

こちらは毎日1時間ごと(お昼は15分ごと)に計測して公開しています。すごい!


orefolderでは今後も月2回程度で測定していきたいと思っています。

過去1年の速度測定記事は以下からどうぞ。

Random Posts

FUJI Wifiなら契約期間も通信容量も気にせず、しかもお手頃に使えるからオススメ!
JOMARTOのUSBハンディ扇風機:モバイルバッテリーにもなる意外と便利な扇風機
Beyond Pixel! 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
mineoが通信の最適化を始めたのでMVNO14社21枚のSIMで通信の最適化がされているか試してみた
けものフレンズ風ホーム画面【あなたのホーム画面見せてください 2018】
KLWPのテーマ特集:最近見つけた無料でカッコいいテーマ6個 (2019.06.09)
ピエールちえほんが思う「Xperia 1」が魅力的に感じる理由
Camera Roll – Gallery:軽快で使いやすいシンプルなギャラリーアプリ
イヤフォン「E1000 GREEN」が付録になった「HEADPHONE BOOK Special Edition」を購入しました
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年7月 その1 大きな動きはなく、ワイモバとb-mobileがいい感じ
Pixel 4用にミヤビックスの保護フィルムを購入!見た目も触り心地もGood!
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年7月 その2 爆速じゃないところも微妙に変化があるような?
Essential Phone PH-1 レビュー:細かい不満はあるものの素直で今後の期待もできる優等生タイプ
2019年上半期に買ったスマートフォン:年間予算からは、まだ余裕ある…はず
SIMピンこれくしょん:SIMトレイを取り出すイジェクトピンをいろいろ集めてみました