docomo/au/SoftBank それぞれのSIMロック解除の手続き方法

|

2019年9月から、docomo/au/SoftBankのそれぞれでSIMロックの解除に関する対応の変更が出揃いました。今後はこれらキャリアで販売された端末なら中古販売で手に入れたものでも(キャリアからの購入者ではなくても)SIMロック解除が可能になります。

それぞれのキャリアでその方法が異なってる部分もあるので、SIMロック解除できる端末の条件、解除方法、料金などをまとめました。

  1. SIMロック解除とは
  2. ドコモ端末のSIMロック解除の手続き
  3. au端末のSIMロック解除の手続き
  4. ソフトバンク端末のSIMロック解除の手続き

SIMロック解除とは

通常、キャリアから発売されている端末は、そのキャリア以外のSIMで通信できないようにロックが掛かっています。これをSIMロックと言います。(ただし、例えば格安SIMのNifMoはドコモ回線を利用したものなのでSIMロックを解除しないでも利用できます。au回線の格安SIMはau端末の発売時期によってはSIMロック解除しないと使えないものもあります。)

このロックを外して、そのキャリア以外のSIMを挿しても通信できるようするのが「SIMロック解除」です。SIMロク解除すると、例えばドコモから販売されてる端末をソフトバンクのSIMで利用できますし、海外で現地のSIMを購入して使うこともできるようになります。

とは言え、端末自体がそのSIMで使われるバンド(周波数帯)に対応しているか、という話も関わってくるのでSIMロック解除したから他の会社のSIMでもちゃんと使えるとは限らないんですけどね。

ドコモ端末のSIMロック解除の手続き

ドコモでは基本的にドコモから購入した場合でも中古で購入した場合でも、ドコモショップとWebのどちらからでもSIMロック解除の手続きが可能です。

ドコモショップ端末をSIMロック解除する場合は、2015年5月以降に発売された機種かどうかで対応が分かれます。が、すでに4年以上前のものなので、今回は省略し、2015年5月以降に発売された機種の場合を書きます。

用意するもの

  • SIMロック解除手続きを行う携帯電話機
  • オンライン手続きの場合は「dアカウント」
  • ドコモショップでの手続きの場合は「本人確認書類」が必要になることもあります

受付条件

  1. ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと
    参考:ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト
  2. 購入日から100日経過した機種であること
    ただし、ドコモ契約者が解除する場合は100日経過してなくても以下の条件で即時にSIMロック解除の手続きが可能となります。

    1. 当該回線において、過去にSIMロック解除を行っており、その受付から100日経過した場合
    2. 当該機種を一括払いで購入、または分割払いで購入し、その分割支払金/分割払金の精算をした場合
      (いずれも端末購入サポートを利用している場合は、端末購入サポートの解除料を支払うことが必要です。)
  3. 中古で購入した端末の場合は、以下の条件に当てはまらないこと
    • ドコモの販売店で分割払いで購入された日から100日経過していない
    • 端末購入サポートが適用された日から100日経過していない

手続き方法

ドコモ端末のSIMロック解除は、「パソコンまたはスマートフォン(My docomo)」「電話」「ドコモショップ」の3つで受け付けています。(中古端末の場合は電話ではSIMロック解除できません。)

パソコンまたはスマートフォンで手続き

「ドコモオンライン手続き」にて申込みます。dアカウント(ドコモ契約者以外でも発行できます)を使ってログインし、メニューの中から「SIMロック解除」を選び、案内に従って手続きします。
受付時間:24時間

電話で手続き

ドコモの契約者の場合、携帯電話から局番なしの「151」(無料)から手続きできます。
受付時間:午前9時〜午後8時

ドコモショップで手続き

ドコモショップ店頭でも手続きを受け付けています。ただし、1回の受付で一人2台までとなります。
受付時間:各店舗の営業時間内

事務手数料

それぞれの料金(スマートフォンの場合)は以下のとおりです。

ドコモ契約者 ドコモ解約後 中古端末
パソコン・
スマートフォン
無料 無料 無料
電話 3000円
ドコモショップ 3000円 3000円 3000円

2011年4月~2015年4月に発売された携帯電話機などはまた別になりますので、ドコモの案内を参照してください。

au端末のSIMロック解除の手続き

auではパソコン・スマートフォンから申し込みできるのは契約中の方のみで、それ以外はauショップでの対応となり、手数料3,000円がかかります。

用意するもの

  • SIMロック解除するau携帯電話など
  • auショップで申し込む場合は本人確認書類および手数料3,000円

受付条件

以下の条件をすべて満たすau携帯電話などが対象です。

  1. 2015年4月23日以降に発売されたSIMロック解除機能対応の機種であること
    参考:SIMロック解除対象機種一覧
  2. ネットワーク利用制限中のau携帯電話でないこと
  3. 機種購入日から101日目以降であること。
    ただし、以下の場合は機種購入日から100日以内でもSIMロック解除の手続きが可能となります。

    1. 当該機種を一括払いで購入した場合
      ※au購入サポートなどが適用されている機種については、機種購入日から100日以内の場合はSIMロック解除の手続きが行えません
    2. 対象回線におけるSIMロック解除実績※があり、前回のSIMロック解除受付日から101日目以降の場合
      ※2017年7月11日以降に受付したSIMロック解除が対象です。

手続き方法

au端末のSIMロック解除は、「パソコンまたはスマートフォン(My au)」「auショップ」の2つで受け付けています。ただし解約済の機種および名義変更後の機種、中古端末はauショップのみの受付となります。

パソコンまたはスマートフォンで手続き

My auの「SIMロック解除の手続き」にて申込みます。
受付時間:9:00~21:30

auショップで手続き

auショップ店頭でも手続きを受け付けています。ただし、中古端末の場合は一人1日2台までとなります。
受付時間:各店舗の営業時間内

事務手数料

それぞれの料金は以下のとおりです。

au契約者 au解約後 中古端末
パソコン・
スマートフォン
無料
auショップ 3000円 3000円 3000円

ソフトバンク端末のSIMロック解除の手続き

ソフトバンクではパソコン・スマートフォンから申し込みできるのは契約中の方のみで、それ以外はソフトバンクショップでの対応となり、手数料3,000円(税抜)がかかります。また、ワイモバイルについても同様です。

用意するもの

My SoftBankで受付の場合

  • SIMロック解除機能を搭載した製品(2015年5月以降に発売された端末)

ソフトバンクショップで受付の場合

  • SIMロック解除機能を搭載した製品
  • 本人確認書類
  • SIMロック解除手数料3,000円

受付条件

  • 2015年5月以降に発売された機種(SIMロック解除機能を搭載したものに限ります)のSIMロック解除は、購入日より101日目以降の場合に受付可能
  • 以下3つの条件すべてに当てはまる場合は、機種購入日から100日以内の場合でもSIMロック解除の手続きが可能
    1. 2017年12月1日(金)以降に、機種変更前の対象回線でSIMロック解除を行ったことがあること
    2. 前回のSIMロック解除受付日から101日目以降であること
    3. 前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種であること
  • 製品の分割支払金/賦払金を一括精算した場合や、製品を一括購入した場合は、機種購入日から100日以内でも受付可能。ただし、下記キャンペーンを利用して購入した製品の場合、機種購入日より100日間は、SIMロック解除の手続きができません。
    • 一括購入割引
    • 機種購入サポート
  • ネットワーク利用制限製品については、解除の手続きをすることができません。

手続き方法

ソフトバンク端末のSIMロック解除は、「パソコンまたはスマートフォン(My SoftBank)」「ソフトバンクショップ」の2つで受け付けています。ただしMy SoftBankで手続きできるのは「ソフトバンク販売店で購入したソフトバンク製品 かつ ソフトバンクで契約中」の場合のみです。

パソコンまたはスマートフォンで手続き

My SoftBankよりSIMロック解除申請を行います。
解除申請完了後、自分で端末のSIMロック解除設定を行います。なお、ソフトバンク以外のSIMカードが必要となります。

ソフトバンクショップで手続き

ソフトバンクショップ店頭でも手続きを受け付けています。手数料3,000円がかかります。

事務手数料

それぞれの料金は以下のとおりです。

ソフトバンク契約者 ソフトバンク解約後 中古端末
パソコン・
スマートフォン
無料
auショップ 3000円 3000円 3000円

まとめ:ドコモ以外で中古端末のSIMロック解除には手数料がかかる

簡単にまとめると、3キャリアともウェブ上で手続きする分には無料だけど店頭で手続きする場合は基本的に3,000円が必要で、auとソフトバンク(ワイモバイル)は契約中でないとウェブ上で手続きできない、ということになります。

中古でスマートフォンを購入するときはSIMロックが解除されてるかどうかが重要なポイントの1つでした。auとソフトバンクは手数料がかかるとは言え、とりあえず解除できるようになったので、中古端末も買いやすくなったのではないでしょうか。

中古端末を買う身としてはSIMロック解除の費用も乗せて考えるので、解除されてる端末のほうが価値が上がります。もしauやソフトバンクを契約中で中古買取業者に古い端末を売る場合は、事前にSIMロック解除しておいたほうがおそらく買取金額も上がります。売る前・解約する前はSIMロック解除、やっておきましょう。

Random Posts

私の思い出のAndroid端末:黎明期のあの頃、いち早くスマホを手にしてステータスだったP-01D
Battery Tools & Widget for Android:バッテリー残量とスイッチのウィジェット
通話用SIMとデータ通信用SIMを分けるという考え方-3680円で音声+100GBデータ通信も可能
dpmkm薄型軽量モバイルバッテリー5000mAh:厚さ7.8mmで薄くて軽くてアルミがひんやり
Akari【あなたのホーム画面見せてください 2019】
UMIDIGI X レビュー:有機ELに画面内指紋センサー、過度な期待をしなければ悪くない2万円のサブ向けスマホ
nuroモバイルのau回線を契約しました
LINEモバイルからOCN モバイル ONEにMNPで乗り換えたのでその手順と記録
クレイジー価格199ドルのフラッグシップキラー!UMIDIGI F1のハンズオン動画が公開
かわいい天気予報2:かわいいイラストで表示する天気予報アプリ
SIMピンこれくしょん:SIMトレイを取り出すイジェクトピンをいろいろ集めてみました
Xperia Z5 Compact SO-02H 購入:手触りが良いので、もっと早く買えば良かった
Web Widget:指定したウェブページをホーム画面に表示するウィジェット
Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2019【結果発表 その2 「ここが気に入ってる」編】
unsplash風ホーム【あなたのホーム画面見せてください 2018】