ソフトバンク回線を使った100GB超の大容量レンタルSIMサービスを軽く比較してみた

|

最近ソフトバンク回線を使った超大容量のレンタルSIMサービスが増えています。先日当サイトでも紹介したChat WiFiもその1つですが、もともとモバイルルーター(ポケットWiFi)のレンタルをやっていたところがSIMだけのレンタルも扱っている、というタイプがほとんどです。

これらについて、価格や月間データ容量などを軽くまとめてみました。詳細は各サービスサイトで確認してほしいのですが、簡単な比較ということで。

10個のサービスをピックアップ

今回は「SIMのみのレンタルサービスで、月間高速データ通信量が100GB超のもの」をピックアップしてみました。ほかにもあるかもしれませんが、とりあえず以下の10個のサイトを見つけました。

これらのサービスで(ほぼ)共通しているポイントは以下のとおりです。

  • ソフトバンク回線
  • データ容量が無制限100GB超
  • 制限時は128kbps
  • 最低利用期間は最初の1ヶ月のみで縛りなし
  • 解約料なし
  • SMSは使えない(賠償金5,000円)
  • サイトの見た目がちょっとアレ
  • 期限があいまいなキャンペーン実施中

どれもだいたい月額料金3,000円~4,500円程度で月100GB超を使えるというもので、しかもいわゆる格安SIMとは違ってソフトバンクの回線をそのまま使っている(一部を借りてるわけではない)ので、大本のソフトバンクと同じ速度が出る(と言ってる)ようです。

追記:全部について確認したわけではないのですが、以前Chat WiFiをお借りした時に「SoftBankのメイン回線を使っているので昼時などの混雑時間帯でも遅くならない。そこが他社MVNOの格安SIMとは違う」と聞いています。

基本的にデータSIMのみで通話はできないため、メインでの使用はできませんが、通話のみのSIMやそれに近いSIMと組み合わせてDSDS端末で使えばかなり安価で超大容量のデータ通信できるようになります。

どれもサービス内容としては似ているので、月額料金などを比べてみました。

比較表

スクロールできます→
Chat WiFi FUJI Wifi iVideo Nomad SIM NOZOMI WiFi Star WiFi WiFiO w/WiFi スマホドック
モバイル
モナWi-Fi
初回事務
手数料
3,980円 2,000円 なし 3,000円 4,980円 5,960円 8,960円 3,777円 3,000円 5,000円
月額
基本料金
2,980円 2,400円 3,100円 3,800円 4,800円 3,200円 3,500円 3,600円 4,800円 3,200円 3,580円 3,980円 5,555円 3,480円 2,980円 4,880円 3,500円
解約金 なし なし なし なし なし なし なし なし なし なし
SIM紛失
再発行
5,000円 4,000円 3,000円 3,000円 4,000円 5,000円 4,000円 4,000円 6,000円 4,000円
月間
データ量
100GB 20GB 50GB 100GB 200GB 300GB 900GB 100GB 300GB 100GB 100GB 無制限(200GB) 100GB 48GB 無制限 100GB
SMS送信 賠償金5,000円 可(SB外宛SMS:3円/通(税別)~) 賠償金5,000円 賠償金5,000円 不可(通話料が発生した場合は相応分を負担) 不可 賠償金5,000円
テザリング 動作保証外 できる場合がある 動作保証外 動作保証外 なし 不可 動作保証外
スクロールできます→

一応画像にしました。

  • キャンペーン中のものはその価格です。(2019年7月8日現在でサイトに記載のもの)
  • わりと初期費用が高いところが多いです。安いところも「キャンペーン価格」として安くなっている場合があります。
  • データ容量については、無制限と書きつつ「100GB以上で制限が入る場合があります」など曖昧な表現になっている場合があります。そういう場合はそのGB数で表示しています。
  • FUJI WIFIは税込価格のようです。
  • FUJI WIFIは数カ月分まとめて支払うと割引になるものもあります。
  • SMSについては、書かれてないところもありますが、基本的に「機能的には使えてしまうけど使うな」ということのようで、送信が確認されると5,000円の賠償金となっています。また、誤って送信した場合は連絡するように、というのも多くで共通しています。
  • Nomad SIMも公開当初は同じような表現だったのですが、その日のうちに変わっていき、今では送受信可能(送信は有料)となっています。

まとめ

各社、価格くらいでしか差別化できていないのかな?といった印象です。いわゆる格安SIMも最初は似たようなものでしたが、こちらは回線の一部を借りてるわけではなくソフトバンク回線そのものを使っているようなので、速度や繋がりやすさもそれほど差はないのでしょう。

価格で選ぶのか、サイトを見てそのデザインや信用できそうかどうかで選ぶのか、そんなところでしょうか。最低利用期間は初月くらいで利用できるので、興味ある方は1つくらい使ってみてもいいんじゃないでしょうか。100GB…使い切れます?300GBや900GBもありますけど…。

Random Posts

Playストアで有料アプリを公開&無料セールを設定する-アプリ販売始めました
AUKEY EP-T16S レビュー:ケースまで小さい、IPX5防水の完全ワイヤレスイヤホン
UMIDIGI A3 Proレビュー:エントリークラスながら指紋センサーや19:9ディスプレイを持つスマホ
Font Viewer Plus:スマホ内にあるフォントをプレビューできるフォントビューワーアプリ
Mi Band 4をバンドから外さずに充電できるケーブルが便利…かもしれない
AQUOS sense plus SH-M07 購入:スッキリしていて妙に馴染む安心感のあるスマホ
画面の端を丸くしてステータスバーとナビゲーションバーからホーム画面を分離させる
Unihertz Atom 開封の儀:黒×赤がかっこいい!更に個性を出してきたクラウドファンディング発の超小型スマホ
中が見えるって心躍るよね!スケスケでセクシーなQiワイヤレス充電器を買ってみた
Playストアでこれまでに課金したアプリと合計金額を確認してみる
UMIDIGI S3 ProがクラウドファンディングIndiegogoにて$269で登場!
Pixel 4(仮称)っぽい壁紙画像を作ってみました
2017年に買った・手に入れたスマホや周辺機器:振り返ればいろいろあるがいまいち消化不良
UMIDIGI S3 Pro がいよいよ3/18に$279.99で発売!公式アンボックス動画も公開中
エントリークラスの新機種 UMIDIGI A5 Pro は5/8発表予定!プレゼントキャンペーンも