OPPO Reno 10x Zoomをお試しレンタル!ポップアップ式インカメラはやっぱり面白い

|

OPPO Reno 10x Zoomが私の元にやってきました。これは先日OPPOが実施した、Reno 10x Zoomを無料で15日間お試しレンタルできるキャンペーンに当選し、期間限定で借りることができたものです。

抽選で30名という枠でしたが、幸運なことに当選したので、これから実際に使ってみて何回か記事にしていこうと思います。

レンタルなので箱なし

あくまで端末のお試しレンタルなので、箱等はありません。充電器とケーブルに本体、納品書に返送用のレターパック、そしてアンケート用紙が入っています。

OPPOはReno 10x Zoom以外にもR17ProとAX7を2週間借りられる「OPPOお試し体験サービス」を実施しており、おそらく同じ形式になります。(実はこれを利用して先にR17Proを借り、1週間後にReno 10x Zoomの予定だったのですが、諸事情あり順番が逆になりました。)

外観をチェック

Reno 10x Zoomを取り出すと、ケースが装着された状態でした。これは普通に製品版でも付いてくるものですね。ディスプレイ保護フィルムも最初から貼られています。

ケースと保護フィルムはなかなか悩むものなので、最初から付いているのはありがたいです。

ケースはTPU素材っぽいですが、背面はPUレザーのような感触で、なかなか触り心地がいいです。

ケースを外しても全面はそう印象変わりませんね。ただやっぱりケースがない分、ゴツさはなくなります。

背面はテカりすぎず適度な反射具合です。
中央のラインが違った仕上げになっているのがポイントですね。(この写真だとわかりにくいですが…。)

右側面は電源ボタンのみ。緑のラインがワンポイントで入ってるのがGoodです。

左側面には音量ボタン。

上側面はインカメラが収納されています。
下側面にSIMスロット、USBポート、スピーカーです。

ケースは純正だけあって、インカメラ部分はちゃんとサイズピッタリで切り抜かれています。

SIMトレイは裏表使うタイプでした。SIM2はMicroSDカードと排他仕様です。
裏表使うタイプのSIMトレイは、無くはないですが珍しいですね。

起動して、持ってみた感じはやはり大きいな、と。そしてノッチもなくベゼルもかなり細いので、画面が広いです。これ以上細くなるとスマホを持つ指が画面に干渉してしまいそうなので、これくらいがベストでしょう。

個人的に一番興味を惹かれたのはポップアップ式のインカメラです。OPPOのFind Xでも可動式カメラでしたね。

とりあえず顔認証で使ってみたのですが、ウィーンと出てくるのはやっぱり面白いです。

速度もなかなかのものでしょう?

まだ触ったばかりでなんとも言えない状態ですが、これから約2週間、しっかり使って、いろいろ試してみたいと思います。10倍ズームも楽しみですね。

参考情報