私がXperia 1を購入して設定した項目や、使い始めるために入れたアプリ

|

10日ほど前にXperia を購入したのですが、まだあまり触れてません。購入後すぐにTry UQ mobileでGalaxy A30が届いたので時間制限もあるそちらを使っていたためです。

ようやく触り始めたので、まずはXperia 1の設定項目をザッと確認し、自分にとって必要な設定を行いました。必ずしもXperia 1向けの設定というわけでもないですし、あくまで私が私向けに行ったものですが、書き残しておきます。

  1. どのスマホでもやる設定
    1. いらないアプリをアンインストール、無効化
    2. 必須アプリのインストール
    3. ディスプレイ設定
    4. 音設定
    5. 指紋設定
    6. Smart Lock
  2. クイック設定パネル
  3. サイドセンス
  4. Game enhancer
  5. いたわり充電

どのスマホでもやる設定

まずはXperia 1に限らず、大抵のスマホを購入したときに行う設定です。スマホを長く使っていると、だいたいのパターンは決まってきますよね。

いらないアプリをアンインストール、無効化

購入直後はかなりたくさんの(私には)いらないアプリがあったので、それらをアンインストールしたり無効化します。上の画像はNova Launcherで1画面に全部のアイコンが収まるように調整したものです。めっちゃ多いですね…。

不要なものをアンインストールして、アンインストール出来ないものは無効化したのが左の画像です。そしてNova Launcherの機能で普段は必要ないものをドロワーから非表示にしたのが右の画像です。
だいぶスッキリしました。

必須アプリのインストール

いつも使っているアプリをインストールします。細かく上げればかなりあるのですが、最低限として最初にインストールするのが以下の5つです。(あとは必要になったときにインストールします)

前はDropboxを使っていたのですが、無料版でリンクできる数が3台に制限されてしまったのでOneDriveに移行しました。各種アプリの設定ファイルも置いてあるので、すぐに今までと同じアプリ設定を復元できます。

ディスプレイ設定

設定から画面設定に行き、スリープを「5分」にしました。

バッテリーのためにここを短くするというTipsがよくありますが、個人的には画面オンで机に置いて見ながら作業することが度々あるので最低でも2分にしないと、すぐに画面が消えるので面倒なのです。

音設定

設定から音設定に進み、各種音量を調節します。また、「その他の音とバイブレーション」の項目でタッチ操作音はオフに、タッチ操作時のバイブレーションはオンにします。私は操作を指で感じたい派です。

指紋設定

ロック画面とセキュリティから、画面のロックを「パターン」にし、指紋を設定しました。
右手の親指と人差し指、左手の人差し指、中指、親指の5つを登録しています。Xperia 1の指紋登録は最大5個までのようですね。

Smart Lock

同じくロック画面とセキュリティから、Smart Lockを設定します。
Xperia 1ではここに「認証済みの顔」がありますが、最近のスマホでよく見る顔認証とは別というか精度も高くないので設定してません。

私は「信頼できる場所」として、自分の家(の周辺)ではロック解除されるようにしています。うちにいるのはいつも私一人ですし、それでいいんです。

クイック設定パネル

Xperia 1独自…とはちょっと言えないかもしれませんが、クイック設定パネルも配置やタイルを入れ替えてます。ここはスマホ(メーカー)によってデフォルトで表示できるものが異なるので、それぞれに合わせて設定します。

左はXperia 1のデフォルト状態。右は設定後です。ステータスバーをおろしたときに省略表示される6個だけにまとめています。(特にこだわりでもないですが。)
なお、「クリップボード」「テキスト」の2つはXperia 1にあるものではなく、『Tiles』というアプリで追加したものです。

サイドセンス

Xperia 1の大きな特徴である機能「サイドセンス」ですが、まだうまく使いこなせてません。
基本的に「ダブルタップ」「上へスライド」「下へスライド」で3つの動作が割り振れるのですが、ブラウザでウェブサイトを見ているときに誤動作が多かったので上下のスライドはオフにしています。

とは言っても、アプリごとにオンオフ設定もできるので、「Chrome使用時はサイドセンスをオフ」というようにするかもしれません。もうちょっと習熟が必要そうです。

Game enhancer

Xperia 1でゲームをするときに、その画面を録画したりできるGame enhancer(ゲームエンハンサー)ですが、プレイ中にそのアイコンが消えなくてうざいのでオフにしました。これ、アイコンだけ消せるんですかね?邪魔ですよね?

いたわり充電

バッテリー関連では、ステータスバーに電池残量を表示するようにし、いたわり充電をオンにしています。(デフォルトでオンですが。)

いたわり充電は充電速度を調節することで電池寿命を延ばす機能です。充電器に接続するパターンを学習して、いつも充電器から外すタイミングあたりで100%になるように調整してくれます。

そこまで気にしているわけではありませんが、1年以上スマホを使っているとそれなりにバッテリーも劣化してきますので、それを少しでも緩やかにするために、です。まぁこれをちゃんと機能させるには規則正しい生活が必要なんですけどね。

まとめ

とりあえず最初に設定したのはこれくらいです。あとは使いながらそのスマホに合わせて、といったところでしょうか。Xperia 1の場合は、やはりサイドセンスの使い方が鍵かな、と思ってます。いまいちまだ使いこなせてないんですけどね。

いつも、まず「設定」を開いて上の項目から順番に見ていくのですが、スマホごとに細かい違いがあって面白いですね。Xperia 1の独自設定は今回書いたもの以外でも細かくあるのですが、私が必要としたのは上に書いたものくらいです。ほかにおすすめの設定や使い方があったら教えてくださいね。

Random Posts

UMIDIGI A3 の公式アンボックス動画が公開!安く手に入る11.11プロモーションはあと3日
UMIDIGIのスマートウォッチUMIDIGI Uwatchが登場!超お得なキャンペーンもアリ!
天動説【ホーム画面コンテスト2017】
SmartBand 2 SWR12 購入:睡眠も心拍も自動で記録できるスマートバンド
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年3月その1 b-mobile S 開幕SIMが落ち、UQ mobile一強時代へ
Xiaomi Mijia SJYT01FMレビュー:スマホでも手ブレの少ないヌルヌル映像が撮れる!
エントリーパッケージと紹介URLを使って、お得にmineo始めよう
Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2019【結果発表 その2 「ここが気に入ってる」編】
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年10月 その2 DTI SIMがいい感じに上がってきてる
Tronsmart Edge 20000mAh レビュー:Huaweiの急速充電FCP対応の大容量モバイルバッテリー
Mode1 RR レビュー:普通の人の普通の使いやすさ、そしてRacing Sportsをコンセプトにデザインされたスマホ
【大募集】あなたのスマホにインストールされているアプリ全部教えてください 2019
OPPO Reno 10x Zoomをお試しレンタル!ポップアップ式インカメラはやっぱり面白い
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年11月その1 悪くないBIGLOBE-A、気になるnuroとロケモバ
Pixel 3用にアンチグレアの画面保護フィルムを3種類購入するも、結果はあと一歩と言ったところ