【格安SIMのはじめかた】契約無しで使えるプリペイドSIMや無料レンタルでお試ししてみよう

|

格安SIMもだいぶ認知度が高まってきて、そろそろ気になってる方も多いのではないでしょうか。気になっているものの、どういう仕組みなのかよくわからないし実際のところちゃんと使えるのかわからなくて怖い、という意見も耳にします。

なので、今回は契約なしで、お試し的に使える格安SIMをご紹介します。これらで試して慣れてから本格的に検討しても遅くはありません。

  1. お試しに使えるプリペイドSIMとレンタル
  2. プリペイドSIM
    1. mineoプリペイドパック
    2. IIJmioプリペイドパック
    3. 楽天モバイルプリペイドSIM
    4. b-mobile 7GBプリペイド
    5. OCN モバイル ONE プリペイド
  3. レンタルSIM
    1. Try UQ mobile
    2. mineo無料レンタル

お試しに使えるプリペイドSIMとレンタル

「お試し的に使えるSIM」は主に2種類あります。1つは「プリペイドSIM」で、もう1つは「お試しレンタル」です。

プリペイドSIM

プリペイドSIMは、先にお金を払プリペイドって、決められた期間やデータ容量だけ利用できるタイプのSIMです。契約して毎月使うのに比べると割高になりますが、短期的に使う分には便利です。
海外に行くと空港の自販機で売っていたりもして、旅行中の3日間だけ使えるSIM、というのもよくあります。逆に日本に観光に来た方向けのプリペイドSIMもあります。

  • 契約せずに短期間だけ使える
  • オンラインストア等で簡単に買える
  • 月額契約に比べると割高
  • 自分でSIMを入れたり設定しなくてはならない
  • 日本では音声通話できないデータ通信のみがほとんど

お試しレンタル

お試しレンタルは、SIM(とスマホ)をレンタルして自分の環境で試せるサービスです。ただ、実施しているのがUQ mobileとmineoくらいなので選択肢は限られます。どちらもスマホを一緒に借りられるので、余ってるスマホがなくても利用可能です。自分の今使ってるスマホと一緒に持ち歩いたり比べたりするのもいいですね。

  • 無料で試せる
  • スマホも一緒に借りられる
  • 期間は短め
  • 契約はなくても申込者情報の登録は必要

格安SIMの契約前にお試しとして使ってみるにはこの2つのどちらかを使うのが便利です。プリペイドSIMは何社か取り扱っているので、もし検討中の格安SIMがあれば、プリペイドSIMがあるかチェックしましょう。プリペイドから月額契約に移行できるところもあります。

プリペイドSIM

プリペイドSIMは訪日客向けのものもありますが、とりあえず普通に月額契約の格安SIMが取り扱っているもののなかからいくつかピックアップします。
(以下、特に断りがなければ値段は税抜表記です。)

mineoプリペイドパック

格安SIMの中でもシェアが高く利用者の多いmineoのプリペイドSIMです。200円/200MBと容量も少なめですがかなり安価で使えるのが魅力です。mineoの機能をすべて使えるわけではありませんが、通信速度などを確認するには十分です。使ってみて気に入れば、月額サービスに移行もできます。

mineoプリペイドパック
料金 200円
データ容量 200MB
回線種類 ドコモ・au
リチャージ 不可
月額契約への移行
利用可能期間 最大2ヶ月間(開通日の翌月末まで)
開通手続き 指定番号への電話(公衆電話不可)

IIJmioプリペイドパック

IIJmioのプリペイドSIMは2GBの容量を3ヶ月間使えます。料金は税抜き3,791円となかなかのものですが、気に入ればそのまま月額サービスへと移行でき、その際は初期費用がかからないので、ほぼそれを相殺される形になります。期間中にデータ容量を使い切ってもリチャージでき、リチャージからまた3ヶ月間使うことができます。

IIJmioプリペイドパック
料金 3,791円
データ容量 2GB
回線種類 ドコモ
リチャージ 500MB/1,500円
2GB/3,000円
5GB/5,400円
10GB/9,400円
月額契約への移行
利用可能期間 3ヶ月間(開通手続き日より3ヵ月後の月末まで)
開通手続き 指定番号への電話(公衆電話不可)

楽天モバイルプリペイドSIM

楽天モバイル プリペイドSIMは「1GB/30日」と「2GB/90日」の2種類があります。どちらもリチャージできるので、予算や使い方で選べるのが良いですね。また、電話での開通手続きが必要なく、SIMが届けば、スマホにSIMを入れてAPN設定し、すぐに使い始められるのも特徴です。ただし月額サービスへの移行はできないので、注意です。

楽天モバイル プリペイドSIM
料金 2,980円 3,980円
データ容量 1GB 2GB
回線種類 ドコモ
リチャージ 500MB/30日間/1,500円
1GB/60日間/2,000円
2GB/90日間/3,000円
月額契約への移行 不可
利用可能期間 初回通信日から30日間 初回通信日から90日間
開通手続き なし
楽天モバイル プリペイドSIM
楽天モバイル プリペイドSIM

楽天モバイル
価格:2980円/3980円(2019/06/09時点)

b-mobile 7GBプリペイド

b-mobile 7GBプリペイドは、30日あたり7GB(7,000MB)分の高速データ通信を1か月(30日)・6ヶ月(180日)・12か月(360日)から選べるプリペイドSIMです。回線もドコモとソフトバンクから選べます。ほかと違って期間で区切るので、1ヶ月間で7GB使い切ったあとは低速データ通信に切り替わります。

b-mobile 7GBプリペイド
料金 ドコモ回線:
7GBx1ヶ月/3,780円
7GBx6ヶ月/18,700円
7GBx12ヶ月/29,800円
ソフトバンク回線:
7GBx1ヶ月/4,980円
7GBx6ヶ月/24,800円
7GBx12ヶ月/33,800円
データ容量 1GB 毎月7GB
回線種類 ドコモ、ソフトバンク
リチャージ 不可(1ヶ月間に7GB使い切ったあとは低速通信に切り替え)
月額契約への移行 不可(契約期間の延長は可能)
利用可能期間 契約期間による
開通手続き 070、080、090から始まる携帯電話から開通手続きダイヤルに電話

OCN モバイル ONE プリペイド

OCN モバイル ONE プリペイドでは、1日50MBを20日間使える「期間型」と1GBの容量を使い切るまで利用できる「容量型」の2つがあります。自分に合ったほうを選択できるのは嬉しいですね。

OCN モバイル ONE プリペイド
期間型 容量型
料金 2,800円 3,200円
データ容量 50MB/日 1GB
回線種類 ドコモ
リチャージ 期間延長パッケージ2,200円 容量追加パッケージ2,000円
月額契約への移行 可能
利用可能期間 20日間 利用申し込み後、3カ月後の月末まで
開通手続き ウェブで利用申込

レンタルSIM

プリペイドではなく、SIMを借りて実際に使えるのがレンタルSIMです。借りられる期間は短いですが、格安SIMのお試しという点ではコチラのほうがおすすめです。無料ですし。

Try UQ mobile

Try UQ mobileはUQ mobileのサブブランドでもあるUQ mobileの15日間無料お試しサービスです。SIMだけを借りて自分のスマホで試すのと、UQ mobile取り扱いのスマホを一緒に借りるのと、どちらも無料です。

Try UQ mobile

回線種類 au
料金 無料
期間 発送から15日間(15日以内に返却先に到着)
スマホ貸出 可能(2019年6月9日現在7機種)
申し込み Webおよび店舗(店舗はSIMのみ)

mineo無料レンタル

mineo無料レンタルは(とりあえず今のところ)期間限定となっており、2019年8月30日(金)17:00まで受け付けています。最大2週間、データ容量3GBのSIMカードがセットされた端末をレンタルできます。mineo自体がドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアに対応していることもあり、無料レンタルでも3キャリアの回線から選ぶことができます。(レンタルスマホは回線種別により自動的に決定されます)

mineo無料レンタル

回線種類 ドコモ、au、ソフトバンク
料金 無料
期間 発送から2週間
スマホ貸出 可能(回線種別により自動的に決定)
申し込み Web

まとめ

プリペイドとレンタルは、それぞれメリット・デメリットあります。格安SIMのお試しという点ではレンタルのほうが良いとは思いますが、登録や返却が面倒というのはあります。プリペイドなら、買ってすぐに使える物もありますしね。プリペイドにするなら、お試しであればやはりmineoが安くて良いと思います。

とりあえずこれらで格安SIMがどういうものなのか体験してみて、それから本格的に検討してみてもいいと思います。格安SIMの中でどれを選んだら良いのか、どれがオススメなのかは、また別の記事で紹介していますので、よければそちらもチェックしてみてください。

Random Posts

ファーウェイ端末のスクリーンショット撮影直後の画面を表示しないようにする
電子マネーをもう少しちゃんと使ってみようと思ったのでAndroid Payを使ってみる
OKITIモバイルバッテリー5000mAh レビュー:持ち運ぶものだから、軽いのはいいことだ
Pixel 3a /3a XLの画面保護フィルムを実際の写真付きで紹介レビューしている記事まとめ
地下鉄に揺られて… 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
第4回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票結果発表! 1位は「Go on singing!」
koogeek EMS マッサージャー KSFG5:microUSBで充電できる小型のワイヤレスマッサージャー
Layout Whitelist Editor:Essential Phoneでサードパーティ製アプリでもステータスバーを埋めるアプリ
SoundPEATS TrueFree+ レビュー:人気機種の改良版! 音はもちろん、使い勝手も向上
OCN モバイル ONEの「MUSICカウントフリー」は格安SIMで定額制音楽配信アプリ使うならベスト
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年7月-2 LINEモバイルソフトバンク版は出足で躓いたものの、充分に速い
アプマネ:アプリを一括アンインストールしたりアンインストールランキングがわかるアプリ
KLWP/KWGTでYahoo!天気のRSSを使って天気情報を表示する方法
QuickeR:複数のQRコードをスクラップして1つにまとめて管理できるアプリ
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年9月その2 落ちるもの昇るもの、ロケモバとnuroモバイルに注目