Try UQ mobileでUQ mobileのスマホとSIMカードを無料でお試し!手順と注意点

|

格安SIMの中でも評判のいいUQ mobileですが、その評判の良さが逆に不安という方はいませんか?そんな人のためにUQ mobileでは、実際のSIMをスマホとセットにして無料でお試しできる「Try UQ mobile」というサービスがあります。

格安SIMがどんなものか試してみたい、今の契約しているSIMと比べてみたい、UQ mobileで取り扱っているスマホを試してみたい、UQ mobileを使っているけど機種変更を考えてる、これらに当てはまるようだったら、ぜひ利用を検討してみてください。

今回は実際に申し込んでからスマホとSIMが届くまでの流れと、注意点などを解説します。

Try UQ mobileでできること

Try UQ mobileは、簡単に言えば「UQ mobileのSIMとスマホをセットにして15日間無料でレンタルできるサービス」です。UQ mobileを検討している人にとっては実際に自分の環境で使ってみることができますし、スマホもセットなので今メインで使ってるスマホに影響はありません。

  • 自分の環境で通信速度やエリアを確認できる
  • 節約モードでの通信速度や使いやすさを確認できる
  • UQ mobile取扱のスマホを自分の手で試せる

正規の使い方ではありませんが、なんらかの事情でごく短期間だけデータ通信できるスマホが別に必要になったときに役立つかもしれません。

Try UQ mobileで借りられるもの

Try UQ mobileでレンタルできるものは以下の2つです。


■UQ mobileで取り扱ってるスマホ

■UQ mobileのSIMカード

SIMカードはデータ通信用のもので、音声通話はできないタイプになります。サイズはいくつかありますが、スマホも一緒にレンタルするのであればVoLTE対応のマルチSIMを選べば問題ないでしょう。

借りられるスマホは最新のものもあり、随時追加されています。今なら2019年6月に発売になったばかりのGalaxy A30もレンタル可能です。(在庫があれば、ですけどね。)なお、機種は選べますが、本体カラーは選べません。

利用条件

Try UQ mobileを利用できる条件は、厳しくはありませんが一応あります。

  • 日本国内に在住の18歳以上(実際に利用する人も18歳以上)であること
  • 申し込み時に連絡先(本契約者の氏名、住所もしくは居所又は連絡先の電話番号もしくはメールアドレス)を登録すること
  • 本人様名義のクレジットカードを登録すること
  • 過去180日間以内に本サービスの利用履歴がない、また貸出機器の未返却履歴がないこと

UQ mobileは本契約ではクレジットカードではなく口座振替でも可ですが、Try UQ mobileの場合はクレジットカードが必須となります。

なお、180日以上経てば再びレンタルできるようになるので、過去に使ったことがある場合でも気になる端末が出たときなどに利用できます。

必要なもの

申し込みに必要なものは本人確認書類とクレジットカードです。
サービスの利用料自体は無料ですが、貸出機器を返却しなかった場合に備えてクレジットカードのショッピング利用枠が一時的に機器購入代金相当額分確保されます。

Try UQ mobileの流れ

Try UQ mobileは店舗とウェブの2つの申込み方法があります。

店舗申込みの場合

Try UQ mobileを店舗で申し込む場合は、全国のUQ mobile取扱店へ直接赴きます。ただしケーズデンキ・PCデポ・ヤマダ電機は取扱がありません。また、その他の店舗でも在庫次第です。

店舗貸し出しの場合はスマホの貸し出しはなく、お試しSIMのみとなります。なので自分でSIMをさして使えるスマホを用意する必要があります。また、店頭申し込みの「お試しSIM」では節約モードが使えないので注意が必要です。

ただし、ウェブ申込みと違って店舗まで行けばその場ですぐにレンタルできますし、返す日の事も考えるとこちらのほうが若干長く借りられます。

  • すぐに借りられる
  • 返却期間も考えるとウェブ申し込みよりも長く借りられる
  • スマホの貸し出しはなし
  • 節約モードは使用不可

ウェブ申込みの場合

ウェブでの申込みの場合は、UQ mobileの公式サイトから申し込みます。

公式サイトの申し込みボタンから申込画面へ

公式サイトの「WEBで申し込む」ボタンをタップし、重要事項を読んでチェックボックスにチェックを入れます。

認証URLと認証コードの送付先を入力

申込みにメールアドレスとコード受け取り用にSMS受信できるもの、もしくは携帯アドレス(@docomo.ne.jpなど)が必要です。

認証コードとURLが送られてくる

SMSで数字8桁の認証コード、メールで認証URLが届きます。認証URLをクリックして本登録へ進みます。

必要事項を入力して本申込

必要事項を入力していきます。クレジットカード番号なども必要です。

本申込完了

これで本申込完了です。しばらくすると(時間によっては翌日など)出荷メールが届きます。そこに貸出開始日と返却期限日が書かれているので忘れずにチェックしましょう。返却期限日はUQ mobileへの到着期限なので注意です。

貸出端末が届くのを待ちましょう

  • いつでも申し込みできる
  • スマホの貸出もあり
  • 届くまで日数があり、返却も考えると日数が少ない
  • SMS受信できる環境が必要

機器が届いたら

Try UQ mobileは上の写真のようなピンクの箱で届きます。ちなみに佐川急便でした。

中には以下のものが入ってます。

  • スマートフォン・電源アダプタ・マニュアル
  • SIMカード・SIM取り出しピン
  • Try UQ mobile使い方ガイド
  • 返却方法の案内
  • 返送用伝票
  • 広告

SIMカードはスマホに入ってない状態で届きます。自分でSIMピンを使って装着しましょう。やり方はガイドやマニュアルに書いてあります。

あとは実際に自分で使ってみるだけです。(ちなみに、借りた端末にはTry UQ mobileのステッカーがあります。ちょっと邪魔ですが、仕方ありません。)

借りたスマホに自分のSIMを挿して使ったり、借りたSIMを自分のスマホに挿して試したりもできます。スマホとSIM、どちらも存分にお試ししましょう。

返却は期限に注意

返却時は借りたものを全て元通りに入れて、返却用伝票を使って送ります。着払いなので自分で支払うものはありません。送られてきた返却方法の案内にも集荷の依頼方法が書かれているので、佐川急便に自分の家まで来てもらうといいでしょう。

Try UQ mobileの返却期限は出荷から15日後です。この日までにUQ mobileに届くように送らなければなりません。送れないように、少し余裕を持って返却したほうが良いでしょう。なお、店舗で申し込んだ場合は、借りた店舗に直接返却です。

まとめ

以上のように、細かい決まりごとはあるものの、簡単にUQ mobileのSIMとスマホを借りることができます。はじめての格安SIMの契約前にお試し、乗り換え検討のためにお試し、最新のUQ mobile端末を使ってみたい、そんなときに便利です。ぜんぶ無料というのがいいですよね。

UQ mobileをお試しして、実際に契約したくなったときは、下記から申し込みページへと進めます。どうぞご利用ください。

参考情報

Random Posts

docomo/au/SoftBank それぞれのSIMロック解除の手続き方法
【テーマは冬】第6回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト開催のお知らせ
ZenFone 6の価格比較:ひかりTVショッピングがキャンペーン条件適用で実質約3.5万円~で強い!
monochrome 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Demo Mode tile:クイック設定パネルにシステムUIデモモードのスイッチを追加するアプリ
LINEモバイルのソフトバンク回線版を契約!さっそく使おうとして失敗した話
格安SIMに変えて後悔する前に確認しておきたいこと
壁紙を黒にするとスマホのバッテリーが長持ちするって本当?というわけで実験してみた
ワイモバイルのデータSIMを解約した話と中古で買ったワイモバ端末がSIMロック解除できなかった話
第7回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票開始のお知らせ
2台同時に充電できるCHOETECHのQi充電器:5-Coil Dual Fast Wireless Charger T535-S
System Info Widget:CPU・RAM・ストレージの使用量を表示するウィジェット
MiBand4 – WatchFace for Xiaomi Mi Band 4:Mi Band 4のバンドディスプレイを追加・変更するアプリ
Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2018【回答募集】
Android10でアクセントカラーやアイコンの形を変更する「テーマ設定」を使ってみよう