平成最後にこれまで作ったAndroidスマホのホーム画面を振り返る

|

平成という時代も終りを迎えるということで、いろいろなところで平成を振り返る記事が量産されています。それに乗って、このサイトで公開したAndroidスマートフォンのカスタマイズしたホーム画面を振り返ってみようと思います。

まぁ平成と言っても、このサイトを開設したのは2010年なのでまだ8年と少しなので、「平成」を振り返るのとはちょっと違うのですが、まぁいい機会でしょう。

話題となったり反響の大きかったホーム画面4選

このサイトを開設して8年、それなりにたくさんのホーム画面を作って公開してきましたが、その中でも反響が大きかったというか、自分の印象以上に人に気に入ってもらえたホーム画面を4つ紹介します。

エヴァ風ホーム画面

2012年6月に作ったホーム画面です。ちょうどエヴァスマホSH-06D NERVが発売されたのにあわせて作りました。エヴァスマホ買わなくてもあなたのスマホでエヴァ風を楽しめるよ、というものです。『Glaeja』で作ってます。

このホーム画面はタイミングもあってかなりバズって、海外まで届きました。なので記事の方にもあとで簡単に英語で注意書きを書いておきました。こんなのはさすがにこれが最初で最後でした。

バッテリー残量が女性をクルッと回ってるホーム画面

2011年9月に作ったホーム画面です。バッテリー残量部分は単なる画像で、残量によって切り替えてるだけなのですが、これがわりと評判良かったです。価格.comのどこかの掲示板にも載ってそれなりにアクセスもらいました。あと、ほとんどパクって機種名とかのところだけ変えて価格.comの掲示板でイキってるひとも見かけました。微笑ましいですね。

白の情報プレート

2013年10月に作ったホーム画面です。これは当時andronaviホーム画面の神職人やってたころに、その記事用に作ったものです。実際にはもう少し前に作ったものをリファインしたものですが。

この画面下の方の各アプリのアイコン(アイコンと文字と合わせて1つの画像)が評判良くて、自由にダウンロードできるようにしてあります。このアイコンを使ったホーム画面もいろいろなところで見ました。そんなに気に入ってもらえて嬉しいですね。

画像をいい感じに加工して敷き詰めたホーム画面

2014年2月に作ったホーム画面です。これもそれ以前に作ったものをリファインしたものですね。作り方を上記記事でわりと詳細に解説してます。これのZooper Widget版も作ったような気がするのですがイマイチ見つかりません。

けっこう人気があったのでKLWPで作り直したものもあり、またテーマアプリ化してPlayストアにて公開もしてます。それらのおかげか、Twitterでも時々見かけるようになりました。

平成時代に作ったホーム画面

私が作ったホーム画面のうち、とくに話題となったものは上の4つですが、それ以外にもかなりの数のホーム画面を作ってきました。その中から印象的なものを…と思って探したらけっこうな数になってしまいました。私の作ったホーム画面の全てというわけではありませんが、いっきに載せてみたいと思います。

まとめ

見直してみたらかなりいろいろ作ってましたね。ただ、年々少なくなっていき、2019年はまだ1つしか作ってません。このサイトは元々Androidのホーム画面カスタマイズに関するものだったはずなので、もう少しは作っていきたいですね。

そういえば2017-2018年くらいはホーム画面の定期コンテストなんていうものもやっていたのでした。そういう企画もやるべきなんですかね?(あれは応募数と賞金の関係で止めてしまったのですが、うーん…。)

元号が変わって、時代も変わればホーム画面も変わる。また楽しいホーム画面を作っていきたいですね。

Random Posts

Stella 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年10月 その2 DTI SIMが地味に良くなりつつある
AQUOS sense3用にラスタバナナの曲面対応 薄型TPU保護フィルムを購入!サイズぴったりでGood!
Pixel Home+【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Unihertz Titan 開封の儀:300g超えのキーボード付きタフネススマホにあの巨大スマホを思い出す
LINEモバイル、旧プランユーザーは新プランに変更すべきか否か
mineoの昼の通信を控えることで特典がもらえる「ゆずるね。」が開始から1ヶ月
48MPカメラ搭載 UMIDIGI S3 Pro が公式発表!スペックとプレゼントキャンペーン、Indiegogoで269ドルから
イヤフォン「E1000 GREEN」が付録になった「HEADPHONE BOOK Special Edition」を購入しました
FUJI Wifi:誰にでもオススメできるわけではないけど、大容量使う人の選択肢としては十分「アリ」
Unihertz Atom 開封の儀:黒×赤がかっこいい!更に個性を出してきたクラウドファンディング発の超小型スマホ
UQ mobileの「スマホプランR」を楽天モバイルやワイモバイルのプランと比較してみる
CHUWI Hi9 Plus 外観レビュー:クラウドファンディングで日本上陸のタブレットを一足お先にチェック!
Heaven 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
まとい【ホーム画面コンテスト2020】