Mi Band 3 にとても似ているスマートブレスレットを見かけたので買ってみた

|

秋葉原のあきばお~に行ったら、店頭にどう見てもMi Band 3にそっくりなスマートバンドがあったので買ってみました。税込み1,500円でした。ほんと、めっちゃ似てますし、一部はMi Band 3を超えてます。

Mi Band 3そっくりなスマートバンド

箱は、まぁオリジナルっぽいですね。ちなみに名前はSmart Bracelet Colorです。

うん、そっくり。

でも、このSmart Bracelet Colorはその名の通りカラー表示なんですよ!そこがMi Band 3を超えている点です。

充電用のケーブルも、Mi Band 3そっくりです。ちなみに互換性はないので、Mi Band 3の充電器で本機を充電したり、本機の充電器でMi Band 3を充電することはできませんでした。

両方を装着すると、やっぱり同じように見えて驚きます。赤いほうがSmart Bracelet Colorで、黒いバンドのほうがMi Band 3です。

大きさや形はほぼ同じで、バンドも相互に入れ替えることができます。Mi Band 3の換えバンドは様々なものが売られているので、それらを使うことができるのは便利です。

かなりそっくりですが、実は充電端子の位置が逆になっています。

どちらも内側には心拍数センサーがあります。そしてSmart Bracelet Colorはここに技適マークのシールが。

時計表示は3種類

ウォッチフェイスは大きく時計が表示されるものと、歩数も表示されるもの*12時間表示と24時か表示)が選べます。このほか、心拍数を計測したりもできます。機能が多いわけではありませんが、スマートバンドとして最低限のものはあります。

Mi Band 3と違って、タッチスクリーンではないので、メニュー送りなどはすべて下側の凹み部分をタッチします。あまり感度が良くないのは、まぁ価格相応でしょうか。

スマホアプリと連携して使う

スマホアプリと連携して使うことでより便利になります。本機の管理アプリは以下のもの。

Google playYoho Sports
Yoho Sports
制作: mCube Inc.
価格: 無料

ダウンロード

普通に日本語化されています。ここで設定することで、TwitterやLINEの通知を本機に表示することもできます。

ただ、表示されるフォントがいわゆる中華フォントで、一部の文字は表示されませんでした。上の画像はTwitterで「菅直人のフォントチェック!!!」とリプライを表示させたものです。

歩数の記録です。その日の時間ごとのグラフにもなりますし、週・月での表示もできます。

睡眠のログも自動で取ってくれます。深い睡眠と浅い睡眠があっているのかはわかりませんが、入眠時刻と起床時刻はそれなりに正確でした。まぁまだ1日しか試してませんけど。

まとめ

1,500円という激安価格だったのでお遊びで買っただけなのですが、意外と使えるのではないか?という感想です。通知で表示できない文字があるのは困りものですが、大体の内容はわかりますし、街中などで着信があったときに震えて知らせてれるだけでもありがたいものです。

スマートバンドを使ったことがないけどちょっと試してみたい、Mi Band 3っぽくて面白そう、と思った方は試してみたらどうでしょうか。ちなみに、箱に書かれた注意書きを見るとプライズ品とのことなので、ゲームセンターやなんらかの景品として置かれているものなのかもしれません。

一応、あきばお~のネットショップにもありましたので、興味ある方はどうぞ。