中国の電話番号でSMSを受け取ってHey+の黑加アプリを使えるようにする方法

|

先日レビュー用に提供してもらったXiaomiのスマートバンド「Hey+」ですが、管理アプリを使うのに必要な中国の電話番号でSMSを受け取る方法がわかりました。表記が中国語なのは変わりませんが、これでようやくまともに使い始めることができます。

Hey+のアプリを使えるようになるまで

だいたいの流れは以下のとおりです。

  1. 黑加アプリをダウンロード
  2. WeChatで易博通(eSender)を追加
  3. 易博通(eSender)で電話番号ゲット
  4. 本人確認をやってSMS利用可能に
  5. 黑加アプリにログイン&SMS認証
  6. 初期設定

前回はこの4番で本人確認がよくわからなくて(怖くて)諦めてしまったのですが、「やってみれば案外簡単ですよ」と教えてもらって実行してみました。英語や中国語がわからなくても、流れさえ押さえていれば大丈夫です。

黑加アプリをダウンロード

Hey+の管理アプリ『黑加』は、一番最初にHei+を起動した時に画面に表示されているQRコードを読み込ませれば、移動先のページでダウンロードできます。

20181215-hey-2黑加
黑加
価格: 無料

ダウンロード

https://heyplus.com/download/app?s=sakeguide

ところで、今更ですが黑加はHēi jiāと読むらしく、つまり黑がheiで、加がプラスなので黑加=Hey+なんですね。

WeChatで易博通(eSender)を追加

Google playWeChat
WeChat
制作: WeChat
価格: 無料

ダウンロード

続いて、中国の電話番号を(期間限定で)手に入れるために、WeChatをインストールします。

易博通(eSender)で電話番号ゲット

WeChatを起動して、検索マークから「易博通(eSender)」で検索し追加。
易博通(eSender)との会話で、下にあるタブ「易博通」を選択、「登記開通服務」から登録していきます。

このあたりは下記サイトが参考になりました。

本人確認をやってSMS利用可能に

番号をもらった後、実際に使うには本人確認が必要です。これは上記参考サイトでは書かれていませんでした。

本人確認のためパスポート写真を送信

まず、WeChatで易博通(eSender)との会話画面でパスポートの顔写真があるページを写真に撮って送ります。特に挨拶などせずにいきなり送っても大丈夫です。

本人写真を送信

最初に電話番号を聞かれるので、易博通(eSender)でもらった電話番号を送信します。次に無帽の顔写真を送れと言われるので、その場で自撮りしてそれを送ります。

開通待ち

これで向こう側が確認作業を行うので、後は任せておけばメッセージとなります。通常24時間以内に開通メッセージが届くようです。実際には24時間ではなく数時間で着くと思います。

これで中国の電話番号でSMSを受信する準備が整いました。

黑加アプリにログイン&SMS認証

黑加アプリを起動し、miアカウントでログインします。
次のSMS認証画面で易博通(eSender)からもらった電話番号を入力し、緑のテキストをタップすると、WeChatにメッセージが飛んできます。この中に認証に必要な番号があるので、それを黑加アプリで入力すれば初期設定へと進めます。

初期設定

初期設定も中国語ですが、性別の選択と身長体重の入力くらいなので問題ないでしょう。

アプリが使えるようになった!

アプリはまだ中国語でしか表示できません。内容はMi Fitと変わらないので、それを使っていればわかりやすそうです。

心拍数や睡眠時間も自動で取ってくれています。

TwitterやLINEの通知を出すこともできます。

ただし、ひらがなとカタカナは表示されないようです…。

また、黑加アプリと接続できたことで、Hey+のファームウェアアップデートも降ってきました。

まとめ

とりあえずこれで使えるようになりました。実際やってみれば案外簡単でしたね。アプリが中国語で使い方が微妙にわからない部分もありますが、翻訳アプリを通せばなんとなくわかります。

使えるようになったからと言って、まだまだ普通の人向けとは言い難い状態ですが、今回の方法でとりあえずの使用はできるようになります。すでに購入したけどSMS認証できなくて困ってる方の力になれれば嬉しいですね。

クーポンコード:52ed73
適用後価格: $48.99