2018年に課金/購入したアプリ

|

今年はもう課金しません。(宣言)

昨年、2017年の11月に「これまでの課金額を調べてみよう」と思って調べました。そうしたら2017年だけで18万円も使ってました。そのほとんどが『オルタナティブガールズ』への課金だったのですが…。それを反省し、今年はもう(あまり)課金しないぞ!と決意しました。

さて、今年の課金額はどれくらいだったのでしょうか。

購入・課金したアプリの確認方法

Playストアのメニュー→アカウント情報のタブに注文履歴というのがあります。これが課金したアプリの一覧です。そんなに多くないので、これを単純に足していけば合計額も出ます。

アプリ以外にもPlayブックスやPlayミュージックで購入したものも表示されますが、今回はそれらは除きます。

2018年に買った・課金したアプリ

SPEEDCHECK Speed Test

Google playSPEEDCHECK Speed Test
SPEEDCHECK Speed Test
制作: Internet Speed, Etrality
価格: 無料

ダウンロード

速度測定系アプリです。1時間毎などで自動測定も可能です。まぁぶっちゃけ使ってないのですが、便利そうだったので課金して広告を非表示にしました。
課金額:230円

Craft Warriors

Google playCraft Warriors (クラフトウォリアーズ)
Craft Warriors (クラフトウォリアーズ)
制作: Translimit, Inc
価格: 無料

ダウンロード

これは今でもやってるゲームです。こういうストラテジー系は割と好きです。最初に課金して石を買いました。でもその最初の1回だけです。
課金額:4,800円

AquaMozc for BlackBerry

Google playAquaMozc for BlackBerry
AquaMozc for BlackBerry
制作: Aquamarine Networks.
価格: 1,620円 (2018/12/22 時点)

ダウンロード

BlackBerry KEYone/KEY2/PRIV専用の日本語IMEアプリです。普段はATOKを使ってる私ですが、BlackBerry KEY2ではこのアプリのほうが遥かに使いやすく感じました。BlackBerry KEY2はメインで使ってるわけではありませんが、それでも買って公開はしてません。
課金額:1,620円

無音モード

Google play無音モード
無音モード
制作: MICK TOOLS JAPAN
価格: 350円

ダウンロード

スマホから出る音をすべてミュートするアプリです。カメラのシャッター音も消えます。また、そのミュート状態を「カメラアプリ起動時だけ」といった事ができます。これもそんなに使うことはないのですが、シャッター音がうるさいスマホもあるので、将来的なことも考えて購入。
ときどきセールをやってます。というかこれを書いている時点でも320円→200円のセール中です。
課金額:320円

Accu​Battery

Google playAccu​Battery
Accu​Battery
制作: Digibites
価格: 無料

ダウンロード

バッテリーの劣化具合などもわかるので、邪魔な広告を除去するためにPro版にしました。そういえばメインをPixel 3にしてからインストールしてません。
課金額:293円

Poweramp

Google playPoweramp Full Version Unlocker
Poweramp Full Version Unlocker
制作: Max MP
価格: 480円 (2018/12/22 時点)

ダウンロード

老舗の音楽再生アプリ『Poweramp』のアンロッカーです。元々Powerampは15日間の試用版ですが、常用するわけでもなかったのでいつも試用のままにしてました。最近UIをリニューアルしたときいて、これまでお世話になったこともたくさんあったし、ということで課金しました。
課金額:480円

オルタナティブガールズ

Google playオルタナティブガールズ2
オルタナティブガールズ2
制作: CyberAgent Inc.
価格: 無料

ダウンロード

正直7月の2周年の辺りで多少冷めてはいるのですが、未だにプレイし続けてます。ですが、かなり抑えているというか、最後に購入したのが5月5日で、それから一度も買ってません。
んー…でもゲームは楽しんでいるのだし、月に600円くらいは課金したほうが良かったかな…。
課金額:47,200円

合計

2018年は課金したアプリも少なかったですね。これ以外に無料セールやっていたアプリなども購入していますが、まぁ無料ですし。

というわけで、2018年の合計加金額は54,973円でした。

なお、私の2013年からの課金歴は以下の通り。

2013年 4,103円
2014年 15,113円
2015年 11,876円
2016年 32,269円
2017年 187,755円
2018年 54,973円

うん、去年の3分の1以下に収められたのは良かったと思います。

まとめ

いいアプリがあれば、来年からも積極的に買っていきたいと思います。ゲームへの課金は、まぁ程々に。でも面白そうなゲームなら、最初にある程度課金してみるのは悪くないと思うんですよね。ただ、合計で1万円を超えると、それもどうかなぁという気になってきます。

なお、「課金」という言葉は本来「料金を課する」つまりサービスなり商品を提供してお金をもらう方の言葉です。ただネット上や、特にスマホゲームなどではお金を支払う行為を示して「課金する」と言われることが多くあります。誤用ではありますが、この記事内でも敢えてそういった使い方をしています。

Random Posts

Xperia 1 用にミヤビックスの光沢画面保護フィルム OverLay Brilliantを購入!指紋つかないし画面もキレイ!
ファーウェイのスマホで「テーマ」をダウンロードしてアイコンや壁紙をまとめて変更する方法
FGO 邪ンヌ風ホーム【ホーム画面コンテスト2017】
snow_mt【ホーム画面定期コンテスト】
【格安SIMのはじめかた】契約無しで使えるプリペイドSIMや無料レンタルでお試ししてみよう
うっかり大量通信防止 (Wi-Fi確認通知):Wi-Fiオフでアプリを起動すると通知が出るアプリ
mineoが通信の最適化だけでなくhttps(SSL)では帯域制御もしているとのことなのでMVNO14社20枚のSIMで試してみた
壁紙を黒にするとスマホのバッテリーが長持ちするって本当?というわけで実験してみた
画面保護フィルムの定番!ミヤビックスの7種類のフィルムの特徴をつかもう!
Lagopus Free:最短1秒ごとにリスト更新も可能なシンプルで見やすいTwitterアプリ
dpmkm薄型軽量モバイルバッテリー5000mAh:厚さ7.8mmで薄くて軽くてアルミがひんやり
Palabre:FeedlyやInoreader、Twitterも読み込めるRSSリーダーアプリ
You’ve Got a Friend in ME【ホーム画面コンテスト2017】
orefolder.net 8周年キャンペーン!dodocool製品の30%~60%オフ割引コードをいただきました!
Google Home 開封の儀&ファーストインプレッション:小さくてかわいい未来がやってきた!