mineoのエントリーコード付き!SIMフリー完全ガイドを買ってみました

|

晋遊舎の家電批評特別編集「SIMフリー完全ガイド」を購入しました。11月21日より発売していたのですが、遅ればせながら手に入れました。

これは家電機器に関する情報誌「家電批評」が編集した格安SIMとSIMフリースマホに関するムック誌です。2016年2017年に続きmineoとコラボしており、今年も特典付きのエントリーコードが付いてきます。

なお、電子書籍版にはmineoのエントリーコードは付属していないようです。mineoエントリーコードが目当ての場合は冊子版を購入しましょう。Amazonでもありますが、近所の本屋にはまだ大量にありました。

格安SIM初心者を狙ったムック誌

本の内容としては、格安SIMやSIMフリーといったものに馴染みのない人を対象にしたようなものです。「SIMフリーの疑問100」「格安SIM最強ランキング」「次に選ぶスマートフォンランキング50」「海外旅行用格安プリペイドSIM最新ランキング8選」といった特集が組まれています。

実際に読んでみるとなかなか突っ込みどころが多い内容です。格安SIMとSIMフリーという全く違う言葉を混同して使っていたり、スマートフォンのランキング内でGalaxy S9+をキャリアからSIMフリーモデルも販売されているとしたり。なので、まったくの初心者がこれを読んで少し勉強しようと思っても、わりと間違った知識を身に着けてしまう恐れがあるのでオススメしません。まぁそれでも2年前に出たものよりは少しマシになっていると思います。

ただ、格安SIMを「価格」「サービス」「販売」「速度」の4つの大項目(全30項目)で評価し、項目ごとに点数をつけてランキング付けするというのは面白いです。私も前々からやろうとして、できてなかったものです。ただ、けっきょくその評価もコラボしているmineoに傾いたものになっており、当然のように1位はmineoです。

mineoのエントリーコード付き

普通の人には一番の目的となるのがmineoのエントリーコードです。こちらのエントリーコードを使うとmineoの契約事務手数料3,240円(税込)が0円になります。ただしSIMカード発行料(au:230円、ドコモ:341円、ソフトバンク:339円、いずれも税抜き)は別途必要です。(このSIMカード発行量のためにSIM現物が付録につかなくなったりオンライン販売されなくなったという話も…。)

また、契約事務手数料が0円になるだけでなく、これを使って契約するとmineo開通の翌月より2GB×6カ月のパケットが増量されます。普通に契約するよりもお得ということですね。なお、有効期限は2019年11月30日です。

ムック誌の価格が734円なので、もしmineoを契約する予定があるのなら、この雑誌を買うのがなかなかお得だと思います。

なお、mineoは紹介キャンペーンもあります。紹介用URLを経由して申し込むと契約者と紹介者の両方にAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。紹介キャンペーンとエントリーコードは(おそらく)併用できるはずです。
私の紹介URLは以下になります。こちらもどうぞご利用ください。

https://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=F9H0C0U8R6

参考情報

Random Posts

Monotweety:通知エリアからいつでも即ツイート!あなたのTwitterが加速するアプリ
Day Counter Widget:マテリアルデザインの配色をしたカウントダウンウィジェット
BLUBOO S3 レビュー:8500mAhの大容量バッテリー搭載スタミナスマートフォン
Wiko View 開封の儀:Wikoの日本参入第二弾スマホは18:9の縦長画面に背面パネルの色が良い
ZenFone 3 購入4ヶ月レビュー:バランス良く使いやすい優等生-本当の「これで充分」がここにある
Holo Label Widget Pro:ホーム画面のアイコンを整理・分類するラベルウィジェット
タッチパネル&5Wのオーディオスピーカーとサブウーファー搭載「Tronsmart Jazz mini Bluetooth4.2 スピーカー」レビュー
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年11月その1 悪くないBIGLOBE-A、気になるnuroとロケモバ
カラフルシャッター(フラット)【ホーム画面定期コンテスト】
Android P Betaがリリース!Xperia XZ2やEssential Phone PH‑1でもインストール可能
アプリ不要でQRコードを読み取る方法-Now on TapとカメラだけでOK
KLWPの小技:テキストの中で指定した文字だけ別の色で表示する
Alcatel IDOL4 外観レビュー:VRヘッドセット付きのスマホはサイドの曲線も美しく、しかも軽い
第5回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票開始のお知らせ
「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本8」PDF版および書店委託販売のご案内