アプリのバックアップを取る方法、そしてアイコンを保存する方法

|

Androidスマートフォンのアプリは機能追加やセキュリティの問題など、いろいろな理由でバージョンアップされます。ただ、そのバージョンアップでなんらかの不具合が出たり、UIなど以前のほうが良かった、なんということもあります。そんなときのためにアプリの過去のバージョンをバックアップ保存しておくことができます。

また、バックアップすることでそのバージョンのアプリアイコンも保存されるので、ゲームアプリなどでコラボイベント時だけの特別なアイコンがあったときにそれを保存しておくことができます。

専用アプリを使ってバックアップ

「アプリをバックアップするアプリ」というのはたくさんあります。Playストアで「Apk Extractor」で検索するとたくさん出てきます。例として上位に表示される以下のアプリを使ってみました。

Google playApk Extractor
Apk Extractor
制作: meher
価格: 無料

ダウンロード

使い方は簡単で、アプリを起動すると現在スマホにインストールされているアプリが一覧表示されるので、バックアップしたいものをタップするだけです。それだけでアプリが「apk」というファイル形式で保存されます。

このapkファイルは、ファイラーアプリなどで開けばインストールできます。ただし野良アプリ扱いとなるので、提供元不明のアプリを許可する必要があります。

古いバージョンにしたいときは、最新のアプリをアンインストールして、バックアップしておいたapkファイルからインストールしなおします。これでアプリが古いバージョンに戻ります。

自動バックアップできるアプリ

バックアップ系アプリの中には、アプリをインストールしたりバージョンアップしたときに自動でそのバージョンをバックアップしてくれるアプリがあります。これらは何世代かバックアップを残せるので、新しいバージョンでの不具合等に気づいたらそこで2,3代前のバージョンに戻すこともできます。

これも同じような機能のアプリがたくさんあります。今回は『App Backup & Restore』というアプリを使ってみました。

Google playApp Backup & Restore
アプリはバックアップ 復元 転送
制作: Apex Apps
価格: 無料

ダウンロード

このアプリも、起動するとリスト表示されるので、バックアップしたいものを選んで「バックアップ」をタップすればそれでアプリが保存されます。アーカイブから復元(再インストール)もできます。

設定で自動バックアップの最大数など変更できます。基本的には特に操作しなくてもアプリを更新するたびにバックアップを取ってくれるので、普段は意識しないでOKなアプリです。

ファイラーアプリでバックアップ

ファイラー系アプリの中にはアプリ(apkファイル)をバックアップできるものもあります。以下は『Solid Explorer』の場合です。

Google playSolid Explorer ファイル&クラウドマネージャ
Solid Explorer ファイル&クラウドマネージャ
制作: NeatBytes
価格: 14日間の試用版

ダウンロード

Solid Explorerのサイドバーメニューに「アプリ」があります。これを開くとインストールされているアプリが一覧表示されます。

バックアップしたいアプリを長押しするとメニューが出るので、その中から「共有」を選ぶとDropboxなどに保存できます。ただしファイル名がbase.apkとなるので、複数のアプリをバックアップするときはファイル名変更する必要があって面倒です。

私はPCの方でapkファイルをバックアップしておくことが多いので、この方法でDropbox経由でapkファイルを保存しています。

アイコンだけ取り出す方法

バックアップしたapkファイルの中には、ドロワーなどに表示されるアプリアイコンも保存されています。ゲームのコラボイベントで一時的にアイコンが変わったものなど、アイコンだけ保存したい場合もあると思います。その方法です。(PCでPlayストアのアプリページから保存してもいいですが、稀にスマホで表示されるアイコンとPlayストアで表示されるアイコンが違うものもありますので。)

先ほどと同じSolid Explorerでアプリ一覧を開き、アイコン画像を取り出したいアプリをタップします。(長押しではなく単押しです)
アプリの中身のファイルが見えるので、その中から「res」というフォルダを見つけてそれを開きます。

resフォルダの中にもたくさんのフォルダ/ファイルがありますが、その中から「drawable」で始まるフォルダを開きます。これの中に「app_icon.png」や「ic_launcher.png」というファイルがあります。これがアイコンファイルです。※drawable以外のフォルダに入ってることもあります。

「drawable」で始まるフォルダはたくさんありますが、アイコン画像を含んだフォルダも多くあります。それぞれアイコンの大きさが違うので、探してみましょう。大雑把に言って下の方にあるフォルダに大きな画像があることが多いです。(とは言っても192×192程度だったりしますが。)

あとはアイコンファイルを端末内のほかのフォルダにコピーすれば画像ファイル単体で保存できます。サービス終了で起動しても遊べないゲームのアイコンもこれで簡単に保存しておくことができます。

バックアップapkから取り出す

上記の方法は現在インストールしているアプリ一覧からアイコン画像を取り出しましたが、バックアップしたapkファイルから取り出すこともできます。

apkファイルの拡張子をzipにリネーム

まず、バックアップしたapkファイルを「ファイル名を変更する」で.apkから.zipに変更します。

zipを展開

.zipになったファイルを展開(解凍)します。

アイコン画像を探す

展開された仲は、アプリを構成するファイル群になっています。後はこの中からアイコン画像を探せばOKです。たいていは「res」フォルダの「drawable」で始まるフォルダの中にありますが、別のフォルダにあることもあります。

また、アプリアイコン画像以外にもアプリ内で使われている画像がそのまま入っていることもよくあります。(ゲームでキャラの画像などは普通に画像ファイルで入っていることはほとんど無いので、それ目的はおそらく無駄です。)

まとめ

アプリをバックアップする方法、そしてその中からアイコン画像を取り出す方法でした。(書いていませんでしたが、バックアップできるのはアプリだけで、その中で保存したデータなどはバックアップされません。あくまで「アプリの」バックアップです。)

アプリは基本的にちゃんとバージョンアップしていって最新版を使うのがいいと思いますが、バックアップはとっておくといつか役に立つかもしれません。

最近はPlayストアから削除されてしまうアプリもあるので、有料アプリなど今のうちにバックアップしておけばアンインストールした後でも安心ですし、機種変更したときにPlayストアからインストールできなくなっていてもバックアップapkからインストールできます。

バックアップ、大事ですよ。

Random Posts

3D Wallpaper Parallax 2018:壁紙に奥行きと立体感を生み出すパララックス壁紙
第7回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票結果発表! 1位は「カラフルシャッター(フラット)」
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年5月その1 やはり安心できるのはUQとワイモバイル
ActionDash:Digital Wellbeingのようにアプリの使用時間や回数を表示するアプリ
Unihertz Titan、緊急地震速報は受信するものの画面が点灯し続けるので注意が必要(追記あり)
BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションを実際に使ってみた
Honor 8X Max 開封の儀:7.12インチの大画面を持ったスマートフォン
先着500台は19.99ドル! UMIDIGI Uwatch2が限定激安価格で7/15より販売開始!
TV Eye【ホーム画面定期コンテスト】
お祭り気分で盛り上がる!? HTC U12+ タッチ&トライ イベントに参加しました
dpmkm薄型軽量モバイルバッテリー5000mAh:厚さ7.8mmで薄くて軽くてアルミがひんやり
UMIDIGI F1 のスペックが一部判明:Helio P60、6.3″FHD+水滴型ノッチディスプレイ、5150mAhバッテリー
エントリーパッケージと紹介URLを使って、お得にmineo始めよう
Android 10の新機能:サイレント通知 (Silent notifications) を使ってみる
Pixel 4は箱にもGoogleの遊び心が込められてた!GoogleレンズでARが動き出す