Android 8.0で通知に表示される「バックグラウンドで実行中です」を消す

Android 8.0以上のスマホで音楽を聞きながらブラウザを使うときなど、通知に「(アプリ名)がバックグラウンドで実行中です」と表示されます。これがフリックで消す事ができない仕様となっていて、ちょっとウザいです。これ、簡単に非表示にできるので、その方法を紹介します。

表示された通知から消去

音楽のアイコンの横に見慣れないアイコンが。これが「バックグラウンドで実行中です」の通知です。バックグラウンドで何か動作しているアプリ(通知領域に表示されるようなもの)があると表示されるので、私の場合は『Lifelog』アプリのせいでほぼ常時表示されてしまっています。

この通知、横にフリックしても消すことができません。ただ、ゆっくり横にスワイプすると2つのアイコンが出てきます。このアイコンから消去設定ができます。

一時的に消去

出てきた2つのアイコンのうち、外側の時計アイコンをタップすると、この通知を一時的に消去できます。あくまで一時的なものなので、指定した時間以降は再び表示されるようになります。

デフォルトでは1時間が設定されており、「スヌーズ:1時間」という部分をタップするとほかに「15分」「30分」「2時間」から時間を選択できます。

ずっと非表示に設定

歯車アイコンの方をタップすると、「バックグラウンドで実行中のアプリ」というスイッチが表示されます。これをタップしてオフにすると、今後この通知は表示されないようになります。

設定から非表示設定

既に表示された通知からは、前述のように消去設定ができますが、設定からもあらかじめ表示させないようにできます。

機種によって多少画面は違うかもしれません。上記画像はXperia XZの場合です。
設定からアプリと通知通知の設定通知…と進みます。

右上の三点ドットメニューからシステムを表示をタップし、リストから「Androidシステム」を探してタップします。

ここではどんな場合に通知を許可するかを選べます。リストの中に「バックグラウンドで実行中のアプリ」というのがあります。このスイッチをタップしてオフにすると、以降は「バックグラウンドで実行中です」の通知は表示されなくなります。

再び表示したくなったときは、このスイッチをオンにすれば元通りになります。

アプリで非表示にする

いくつかの端末では、上記の設定が塞がれている場合があります。例えばAQUOS R Compactがそうでした。

設定を見てもスイッチがグレーアウトして押せなくなっています。
こういう場合に諦めるのはまだ早いです。実はこういった端末でも通知を消してくれるアプリがあります。

Google playHide “running in the background” Notification
Hide running in the background Notification
制作: iboalali
評価: 4.7 / 5段階中
価格: 無料 (2018/3/18 時点)

ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.0

使い方

アプリをインストールし、起動すると「通知へのアクセス権限」を求めてきます。そのままOKをタップし、次の画面でこのアプリのところのスイッチをオンにします。

これでOKです。これだけで「バックグラウンドで実行中です」を消すことができます。一応アプリの設定で、アプリごとに動作するか設定できるようですが、とくにいじらなくてもいいと思います。

まとめ

一応この「バックグラウンドで実行中です」の通知機能は、これによって動作しているアプリを捉えて、それを終了させるなりでバッテリー消費を抑えるのに役立つ…という機能なのですが、便利よりもウザさが上回ってしまうのであれば、消去してしまってもいいでしょう。

なお、この通知はAndroid 8.0以上で表示されるものですが、機種によっては最初から設定がオフになっているものもあります。私の所持端末ではXperia XZやHuawei nova lite 2などで表示され、AQUOS R Compactではオフになっていました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE