KLWPのテーマ特集:近未来的・SF・サイバーなテーマ5種 (2017.09.30)

|

ライブ壁紙を自由にフルカスタマイズできるアプリ『KLWP Live Wallpaper Maker』は作成したテーマを書き出し、それをアプリの形で配布することもできます。Playストアにはそうして作られたKLWPのテーマが有料無料どちらもたくさんあります。そうした中からorefolderが気にいったカッコいいテーマを紹介していきます。

今回は近未来的な、SFやサイバーパンクな世界観をテーマにしたものを5種類取り上げてみました。こういう雰囲気のものは自分で作ろうとするとなかなか難しいですよね。なお、すべてKLWPの言語設定を英語にしてスクリーンショットを撮っています。言語設定が日本語だと曜日などが日本語表記になって崩れることもありますのでそのあたりはご注意を。

Google playKLWP Live Wallpaper Maker
KLWP Live Wallpaper Maker
制作: Kustom Industries
評価: 4.6 / 5段階中
価格: 無料 (2017/9/30 時点)

ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.0

ExtractionUI

文字は細かいですが、いろいろな情報が表示されているテーマです。それぞれの文字もただ表示されているだけでなく、細かくアニメーションしているので、「コンソールに映っているっぽさ」があります。

Google playExtractionUI
ExtractionUI
制作: soulextract
評価: 4.0 / 5段階中
価格: 無料 (2017/9/30 時点)

ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.0

D_DEHv01 for KLWP

地球から情報が浮かび上がってくるような演出がGoodです。こんな細かいもの、よく作りますよね。

Google playD_DEHv01 for KLWP
D_DEHv01 for KLWP
制作: ANDROBLACKPOOL
評価: 4.4 / 5段階中
価格: 無料 (2017/9/30 時点)

ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.0

Futura blue ui klwp theme

こちらは基本色を青としたテーマです。メニューから展開するNews / Music / Weather / Mapの4つはそれぞれ表示方法やレイアウトが異なっていて面白いです。

Google playFutura blue ui klwp theme
Futura blue ui klwp theme
制作: ANDROBLACKPOOL
評価: 4.6 / 5段階中
価格: 無料 (2017/9/30 時点)

ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.0

FuelUI KLWP

いくつもの四角いパネルで構成されたテーマです。デフォルトでは紫っぽい配色になっていますが、グローバル変数に背景イメージを設定する項目があり、その設定した画像により全体のテーマ色も変わるというギミックがあります。

Google playFuelUI KLWP
FuelUI KLWP
制作: Chris Lou
評価: 5.0 / 5段階中
価格: 無料 (2017/9/30 時点)

ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.0

CMX – HUD X for KLWP

こちらは有料のテーマとなります。いかにもSFチックなテーマで、好きな人にはたまらないと思います。こちらもグローバル変数で配色をいじることができるタイプです。組み合わせ次第で面白くなりますよ。

Google playCMX – HUD X for KLWP
CMX - HUD X for KLWP
制作: Christopher Martell X – CMX
評価: 4.7 / 5段階中
価格: ¥120 (2017/9/30 時点)

ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.0

まとめ

いかがだったでしょうか。今回もなかなかおもしろいテーマが見つかりました。これらのテーマは自分のKLWPに取り込んで中身を見ることもできるので、自分のテーマを作成するための勉強として使うのもアリだと思います。スクロール連動の動きなどは、こういった実際のテーマで学ぶといいと思います。

KLWPのテーマはまだまだたくさんあります。玉石混交、と言いたいところですが、全体的にレベルは高いので、適当に検索しただけでカッコいいものがたくさん見つかると思います。

なお、これらの人が作ったテーマを自分のスマホに適用するにはKLWPの有料Proキーが必要となります。適用のやり方については以下の記事をご覧ください。

今後も少しずつカッコいいテーマを紹介していきたいと思います。

KLWPの使い方についてはこちらのページにてまとめています。使い方に困ったときなど、こちらのページも参考にしてください。

Random Posts

Wiko View レビューその3:実際に約2週間使って感じた良いところ悪いところ
熟睡アラーム:眠りの深さを測定し、最適なタイミングで起こしてくれる目覚ましアプリ
第5回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票開始のお知らせ
Twitterの3時間300postレート制限、Androidの主要Twitterアプリの対応状況
UserStream停止の次は3時間300post制限…非公式Twitterアプリはこの先生きのこれるのか
Holo Label Widget Pro:ホーム画面のアイコンを整理・分類するラベルウィジェット
48MPソニーカメラで撮影されたUMIDIGI S3 Proカメラのサンプル
OnePlus 5T 公式のガラスフィルム OnePlus 5T 3D Tempered Glass Screen Protector を購入
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年12月 その2 BIGLOBE-Aが回復?今年1年間も振り返る
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年4月その1 b-mobile S 開幕SIMが新しい扉を開けそう
Amazonの「本を聴く」サービス、Audibleでライフスタイルの新しい形を試す
Galaxy S8:新しいホームボタンは、見えなくてもそこにある-押し込む感覚もバッチリ
ZenFone Max (M2) レビュー:細かく気になる点はあるが全体的に見れば良くできた初心者向けスマホ
UMIDIGIの新フラッグシップ機UMIDIGI S3 ProはIMX586 48MPカメラと5150mAhバッテリー搭載
Day Counter Widget:マテリアルデザインの配色をしたカウントダウンウィジェット