世界最小LTEスマホJellyが日本の技適マーク取得へ! 代理店経由で日本語で購入も可能

|

LTE対応スマートフォンとして世界最小を謳う「Jelly」が日本の技適マークを取得すると発表しました。Jellyはアメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて出資募集していた製品で、ディスプレイサイズ2.45インチ、本体重量60.4gという極小サイズのスマートフォンです。

Micro Xに続く超小型スマホ

Jellyを製造するUnihertz社は中国の企業で、過去にも同じように超小型サイズのスマートフォン「Micro X」を開発・販売しています。当サイトでも「Micro X」のパッケージとメーカーが変わった「Elephone Q」を紹介しています。

[blogcard url=”https://www.orefolder.net/blog/2016/04/elephone-q/”]

今回のJellyはこのMicro Xのアップグレード版となります。外観はほとんど一緒ですが、Micro Xが3Gスマホだったのに対し、JellyはLTEに対応しています。またOSもAndroid 4.4からAndroid 7.0になっています。

反響の大きさから日本の技適取得へ

Jellyは「Kickstarter」にて5月3日から募集開始しましたが、最低目標額の3万ドルを57分という超短時間で到達し、21日11時時点では98万ドルにまで達しています。

Jellyは元々CE、FCC、RoHSといった認証を取得する予定でしたが、この好調さと、日本からの出資も多かったということで、日本の技適マークを取得することになったとのことです。Micro Xは技適マークがなかったので日本国内では使用できませんでしたが、本当に取得するのであれば日本でもこの端末を使うことができるようになります。

また、これまではKickstarterにおける出資で手に入れる形でしたが、日本のヴェルテが正規代理店となり日本語で購入することができるようになりました。Kickstarterでの出資に不安がある方でも、代理店経由なら安心ですね。

追記:
ヴェルテはUnihertzがJellyの技適を取得と言っていましたが、Unihertzからはそれを否定するようなコメントも出ました。そもそもヴェルテが正規代理店となったというのも、かなり怪しくなってきました。

また、その後これとは関係なくUnihertzから日本の技適取得へのアナウンスがあり、2018年1月末に取得したようなコメントも出ています。

Jellyのスペック

Jellyには2つのモデルが用意されています。基本的な大きさは同じですが、RAM 1GB/ストレージ 8GBのJellyとRAM 2GB/ストレージ 16GBのJelly Proです。以下、前モデルのMicro Xとのスペック比較表です。

Jelly Micro X
OS Andorid 7.0 Andorid 4.4
ネットワーク 4G 3G
CPU Quad core 1.1GHz Dual core 1GHz
RAM 1GB or 2GB 512MB
ストレージ 8GB or 16GB 4GB
外部メモリ microSDXC (最大256GBまで) microSDXC (最大32GBまで)
ディスプレイ 2.45インチ (240×432px)
カメラ 背面:800万画素
前面:200万画素
背面:200万画素
前面:30万画素
バッテリー 950mAh 650mAh
サイズ 約92.3 x 43 x 13.3 mm 約90 x 43 x 11.5 mm
重量 約60.4g 約53g

スペック的には、まぁ一昔前の激安中華スマホといったところですね。Android 7.0というのは驚きですが。

そして、このスペック…というか、この小ささでまともに使えるかというと、はっきりいってNoです。Elephone Qを触った経験からすれば、これはもうネタ用です。いや、たしかに普通に動くことは動くのですが、さすがに画面が小さすぎます。

ただ、この小ささは「ただ携帯するだけ」には便利です。Kickstarterの方では、Jellyを装着できるアームバンドも追加できます。

ジョギングやスポーツ中にJellyで音楽を再生したり、トラッキングしたりという用途では、この小ささ軽さは便利です。スマートウォッチよりはスマホなので、機能的にもやりたいことがうまくできると思います。

まぁ、単純に見た目は可愛いのでそれ目的でもいいと思いますけどね。

購入は日本語でおk

Jellyは、Kickstarterでもまだ募集していますが、日本の正規代理店となったヴェルテからも購入できます。こちらはすべて日本語なので、英語に不安がある方はこちらで購入しましょう。

追記:
ヴェルテが正規代理店というのも、その後のヴェルテ内のJellyのページの記述によるとかなり怪しいです。日本語で購入可能というのは間違いなかったですが、少し頑張ってでも英語で本家から購入したほうが良かったようです…。

ヴェルテにおける価格は以下のとおりです。(いずれも税送料込)

Jelly Jelly Pro
2017/5/28までの早割特価 10,800円 12,800円
2017/5/29以降の通常価格 14,800円 16,800円

[blogcard url=”http://welte.jp/ca7/71/p-r-s/”]

なお、私はすでにKickstarterにてJelly Proを出資済みです。

また、3Gスマホで良ければ、同じく超小型端末としてMELROSE S9というものもあります。
[blogcard url=”https://www.orefolder.net/blog/2016/09/melrose-s9/”]
形はだいぶ違いますが、コチラのほうが若干小さいかも?といったサイズです。こちらもおもしろいですよ。

参考情報

Random Posts

minimal black【あなたのホーム画面見せてください 2019】
5000円とお安いけど玄人向け?4K撮影可能なアクションカメラ「MUSON M10」レビュー
Sudio Tolv レビュー:北欧デザインのオシャレでミニマルな完全ワイヤレスイヤホン
Googleのあのフォントを自分のホーム画面カスタマイズで使う方法
orefolder.net 8周年キャンペーン!dodocool製品の30%~60%オフ割引コードをいただきました!
通話用SIMとデータ通信用SIMを分けるという考え方-3680円で音声+100GBデータ通信も可能
Mi Band 3 にとても似ているスマートブレスレットを見かけたので買ってみた
簡単!ページ共有:ブラウザから共有するときにページタイトルも挿入してくれるアプリ
MTstyle15 – edit【ホーム画面コンテスト2020】
スマホだけじゃない!UMIDIGI Xは8/5に完全ワイヤレスイヤホンUpodsと一緒に発表か
Essential PhoneをAndroid 10にアップデート!au系SIMの問題も解決済み
COUMI Ear Soul TWS-817A:装着感が良い低価格な完全ワイヤレスイヤホン
【期間延長】Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2020 中間発表【回答お願いします】
アイコンホームと蛇足ページ【ホーム画面コンテスト2020】
AUKEY 完全ワイヤレスイヤホン EP-T21 レビュー:3千円台ながら良好な音質で普段使いにちょうどいい