もはや体重計もスマホ連携で記録管理する時代! スマート体重計 Koogeek-S1 レビュー

|
20160920-koogeek-1

dodocool様より、Koogeekのスマート体重計「Koogeek-S1」をレビュー用に提供していただきました。

体重計…なんでそんなものを?と思うかもしれませんが、この製品はスマホと接続できる体重計、いわゆるスマート家電の一種です。もちろんAndroidにも体重を記録管理するためのアプリはたくさんあります。でもこれの入力は意外と面倒なもの。Koogeek-S1なら体重を測ると自動的にアプリ内で記録してくれます。

9月20日現在のAmazon価格は5,600円程度ですが、今回は20%オフとなるクーポンを頂いています。
クーポンコード:WZS7WB57
Amazonのカート画面で上記コードを入力することで20%オフで購入できます。コードの有効期限は2016年9月30日です。お早めにどうぞ。

見た目もスマートな体重計

20160920-koogeek-2

パッケージは簡素で、家電製品というよりは普通にガジェット系の雰囲気です。ドロイド君との対比でわかるかもしれませんが、大きさはそれなりにあります。まぁ体重計ですしね。

20160920-koogeek-3

中身は本体とマニュアル類。

20160920-koogeek-8

マニュアルは日本語もありますが、機械翻訳っぽさが残っており…。日本語で理解するのが若干怪しいくらいでした。英語での説明と併せて理解したいところです。

20160920-koogeek-4

本体は全体的に白で、のっぺらとしています。

20160920-koogeek-5

イラストでスマホとの接続など使用方法が描かれています。

20160920-koogeek-6

底面は家電っぽさがありますね。
マニュアルにもあったQRコードが描かれており、専用アプリへのリンクとなっています。

20160920-koogeek-7

電池はあらかじめ入っています。通電しないように紙が挟まっているので、忘れずに外してから使い始めましょう。

アプリで連携・ユーザー登録

Google playKoogeek
Koogeek
制作: TOMTOP Inc.
評価: 2.9 / 5段階中
価格: 無料 (2016/9/20 時点)

ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.0

マニュアルのQRコードからでも大丈夫ですが、Koogeekの専用アプリをインストールして使います。

20160920-koogeek-920160920-koogeek-10

アカウントを作ってそこで管理する形になります。GoogleアカウントやFacebookアカウントでの登録もできます。

20160920-koogeek-1120160920-koogeek-12

この体重計は16人までのユーザーを認識します。家族はもちろん、小さなスポーツクラブなどで使う事もできそうですね。とりあえずアプリに自分を登録していきましょう。
そして説明に従ってアプリと体重計を連携させたら準備完了です。

実際に測ってみた

20160920-koogeek-13

アプリを起動した状態で体重計に乗ると、その結果がスマホの画面に自動的に表示・記録されます。浮かび上がるように表示されるのもカッコいいです。これで管理できてしまうんだから、簡単ですね。
ただ、「アプリを起動した状態で」というのは少し面倒かもしれませんね。

20160920-koogeek-1420160920-koogeek-15

アプリの初期画面はタイムライン。体重だけではなく、スマホのステップカウンタを使って歩数も記録してくれます。(感度調節機能がないのでそこまで正確にはできないのですが…。)
また、体重計だけではなく同じKoogeekシリーズの他の製品もこのアプリで管理できます。

20160920-koogeek-1620160920-koogeek-17

タイムライン上のカードをタップすればグラフや表で記録を振り返ることができます。グラフで見ると変化がうまく視覚化されてわかりやすいです。ただ、1画面に7回分の記録しか表示できなかったり、体重の範囲ももっと狭めたりできればよかったかな、と思います。2kgから148kgまであれば大抵の人間ならカバーできるとは思いますが、7回の測定でその範囲が必要な人間はそうはいないと思いますし…。このあたりの拡大縮小は必要だったと思います。

20160920-koogeek-1820160920-koogeek-19

体重の他にもBMIや体脂肪率なども記録管理できます。それぞれの項目をタップすると説明も出てくるので、1つ1つ確認してみましょう。

まとめ

「アプリを起動しておけば」という条件はありますが、自動で記録してくれるのは便利ですね。これなら今まで記録が続かなかった人でも続けられるかもしれません。
全体的に日本語が怪しい部分もありますが、一度使い方を理解してしまえばほぼ問題ないと思います。

先にも書きましたが16ユーザーまで自動で認識するので、家族やスポーツチームでの利用が可能です。また、赤ちゃんを抱いたまま測定することで赤ちゃんの体重を記録するモードもあります。面白いですね。

9月20日現在のAmazon価格は5,600円程度ですが、今回は20%オフとなるクーポンを頂いています。
クーポンコード:WZS7WB57
Amazonのカート画面で上記コードを入力することで20%オフで購入できます。コードの有効期限は2016年9月30日です。お早めにどうぞ。

Random Posts

P4 HUD Widget:ペルソナ4に出てくるような日付と天気と時間帯のウィジェット
シャアの再来を感じさせる配色!革と赤と黒の渋い端末 Leagoo Venture 1
ANDROID ICONで紹介したアイコンパック-細いライン系アイコン編 (2017.04.24)
HUAWEI nova 3 をどこで買えばいいのか、MVNOやオンラインショップの価格をチェック
タイルアイコンメーカー:Windows Phoneのようなタイル型アイコンを作るウィジェット
20周年の気合を感じた!HTCサポーターズクラブ キックオフミーティングに参加! #HTCサポーター
System Info Widget:CPU・RAM・ストレージの使用量を表示するウィジェット
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年1月その2 イオンモバイルタイプ2を追加-速度はそこそこ満足
旅行のお供にちょうどいい小ささ! Type-CとQC 3.0の2ポート急速充電器 dodocool DA101WUS
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2016年11月その2 LINEモバイルが止まらない!速い、速すぎるよ!
第3回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト開催のお知らせ
質問に答えるとあなたにピッタリのホーム画面をGoogleが提案してくれる#myAndroid Taste Test
YOME【ホーム画面定期コンテスト】
化学の時計ウィジェット:元素記号や原子番号で表示する時計ウィジェット
乗リニ乗レ。【ホーム画面定期コンテスト】