アイコンフォントを選んで作ることができるウェブサービス「Fontello」

|

前回の記事でアイコンフォントの紹介をしました。
でも、アイコンフォントって自分の欲しいアイコンが含まれていなかったりで、こっちのこれとそっちのこれと…といくつもダウンロードしなきゃならなかったりします。それを解決するのがFontelloというサイトです。

Fontello

簡単に言うと、このサイトを利用すると、複数のアイコンフォントから自分が必要なものだけを取り出して、入力キーと表示されるアイコンの組み合わせも自由に決めて、1つのフォントとしてダウンロードすることができます。
なんて便利!

簡単に利用方法を説明します。
まずはFontelloにアクセスします。

130302-1

フォントごとにたくさんアイコンが並んでいます。それぞれライセンスについても書かれていますが、さすがに個人で個人内で完結するものに関しては大丈夫だと思います。
自分がほしいアイコンをクリックします。ピンクの枠で囲まれるので、どんどんクリックしていきます。

130302-2

選び終わったらタブの「Edit code」をクリックします。
ここでは、それぞれのアイコンが、キーボードのどの文字に相当するのかを決めます。Glaejaの天気で使用するのなら晴れは1、雲は2というようにしておくと便利でしょう。

130302-3

用意が整ったら右上の赤い「Dawnload」ボタンでダウンロードします。
ダウンロードファイルは圧縮されているので解凍します。中にはいろいろ入ってますが、fontフォルダの中の、fontello.ttfというのがフォントファイルです。(その他のファイルは、主にウェブサイト関連で使うものです。)
あとは普通のフォントと同様に使うことができます。

選べるアイコンがたくさんありすぎて迷ってしまいますね。

なお、上の画像はすべてPCで見た場合のものですが、スマホからでも同じように選択・ダウンロードすることができるはずです。ダウンロードしたzipファイルはファイラーアプリや解凍ツールで解凍しましょう。

Random Posts

薄く小さく軽い!スマホとBluetooth接続で発着信もできるカードフォン「SOYES H1」
Tronsmart S5 レビュー:片耳でも両耳でも使える使い勝手のいい完全ワイヤレスBluetoothイヤホン
Music Player – Audio Beats:シンプルにスタイリッシュな音楽プレーヤーアプリ
Semiro Smart Bracelet V10 レビュー:シンプルでバッテリーも十分なスマートブレスレット
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年2月その2 全体的に低速化、ただしUQモバイルは除く
Mpow H6 レビュー:有線も無線もいける連続再生25時間のノイズキャンセリング付ヘッドホン
画面の端を丸くしてステータスバーとナビゲーションバーからホーム画面を分離させる
Muviz:ナビゲーションバーの下にビジュアライザーを表示するアプリ
イースターホーム【ホーム画面定期コンテスト】
Photos Companion:スマホの画像を同じWi-Fi上にあるWindows 10のフォトアプリに取り込むアプリ
Sleep as Android:眠りの浅いタイミングで起こしてくれる賢い目覚まし&睡眠解析アプリ
【敗北】小さな感熱紙レシートタイプのワイヤレスプリンタ:MEMOBIRD G2
【今日のホーム画面】ごちうさ第3期待ってますホーム
ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!に参加! 自身3台目となるZenFone 3を手に入れました
MVNO各社の格安SIM月額料金比較表:2017年2月の変更を受けて