スイッチ

Band SWitch

|

Band SWitchはバンド状になったシンプルでクールな設定ウィジェットです。

ウィジェットのサイズは4×1のみです。この中に0から9個のスイッチを置くことができます。置くスイッチの種類のほか、アイコンの色、インディケーターの形状を変更することができます。

設定できるスイッチの種類はWiFi, Bluetooth, GPS, Data sync, Silent mode, Rotation, Airplane mode, USB tethering, Wifi tethering, NFC, 2G/3G, Mobile data, USB storageとなっています。(機種・OSバージョンによって対応していないものは表示されません。)

色はBlack, Wine Red, Navy, Moss Green, Whiteの5種類または有料のカラーピッカーオプションで壁紙から4色を抜き出すことができます。このあたりはこのデベロッパーのアプリに共通しているオプション仕様です。

インディケーターの形状はSquare, Circle, Check, Bar, Noneの5種類から選択することができます。

ウィジェットのスイッチ部分以外をタップすると最初の編集画面に行くことができるので、設定を変更したくなったらすぐに編集することができます。

Random Posts

Wiko View レビューその1:ホーム画面と設定、ベンチマークをチェック
UMi SUPERレビュー:スペックは充分、それでいて安価、ただしカメラと重さには注意が必要
もはや体重計もスマホ連携で記録管理する時代! スマート体重計 Koogeek-S1 レビュー
Nova Launcherでステータスバーのアイコン類が黒くできる(ダークアイコン)ようになってた
Pixel Music Player:マテリアルデザインで軽量シンプルな音楽プレイヤーアプリ
Animated Text – Text Animation Maker:テキストからアニメGIFを作り出すアプリ
第2回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票結果発表! 1位は水滴と透明度のホーム画面
Robinの噂のスマートストレージ機能、その後。 【orefolder スマホモニター企画】
もっと簡単!adbコマンドを使えるようにする方法-ダウンロードして解凍してパスを通すだけでOK
ファーウェイ端末のスクリーンショット撮影直後の画面を表示しないようにする
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年11月その1 悪くないBIGLOBE-A、気になるnuroとロケモバ
CUBOT CHEETAH 2 ファーストインプレッション:フィット感良く期待が膨らむ2万円中華スマホ
KLWP v3.23で追加されたeaseとcomplex animation(複雑な動き)をチェック
AQUOS SERIE mini SHV33購入 & auのSIMロック解除 & UQモバイルのVoLTE用SIMへの変更
Jelly ProにAndroid 8.1のOSアップデート配信…が、ファクトリーリセットする羽目に