Materialize:ごく簡単に統一感のあるマテリアルデザインっぽいアイコンにできるアプリ

|

Materializeはその名の通り、アイコンをマテリアルデザイン化するアプリです。

とは言ってもアイコンをフラットにしてくれたりするわけではなく、マテリアルデザインのアイコンでありがちな角丸やドッグイヤーなアイコン下地にもとのアイコンを合成するアプリです。

Materialize
oxo

選ぶだけでそれっぽいアイコンに

使い方は簡単です。

  1. アプリを起動すると端末にインストールされているアプリが一覧表示されるので、アイコンを作りたいアプリをタップ
  2. 下地となるものを5種類の中から選ぶ
  3. ギャラリーに保存するかADD TO HOMEからホーム画面に追加する

一応説明すると、3つのメニューは次のようになります。

SHAPE
アイコンの下地となる部分を「角丸」「角丸影付き」「角丸ドッグイヤー」「サークル」「サークル影付き」から選ぶ
PADDING
下地の中で、元のアイコンの大きさを調整。下地からははみ出ない
COLOR
Auto fillを選ぶともとのアイコン化r自動的に色が決まる。Whiteは単色の白。他の色は選べない

Auto fillを選ぶと、元の画像から自動的に下地の色が決定します。なので、かなり自然に形だけを変えることもできます。ただ、元のアイコンの影などが残っていることもあるので、PADDINGでうまく大きさを調整しなければなりません。

できたアイコンはそのままホーム画面に追加できます。通常はアプリによってアイコンが丸かったり四角だったりでバラバラですが、本アプリを使えば難しいことは考えなくても、気軽にアイコンの形を統一できます。

なお、本アプリのリストにはGoogle系のアイコンは出てきません。これは「Googleのアイコンはすでにマテリアルデザインになっているから」だそうです。うーん、できれば形を揃える意味でもGoogleアイコンを追加してほしいんですけどね。

Random Posts

BlackBerry KEY2 レポート:BOWのアンチグレアタイプ画面保護フィルムは悪くないけど微妙
アンティークと共に【ホーム画面定期コンテスト】
私の思い出のAndroid端末:INFOBAR A01のデザインとiida UIは今でもイケてるよね
第2回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト開催のお知らせ
Mi Band 3 レビュー:通知、バッテリー、管理アプリ、すべてで優秀なスマートバンド
シンプル+αがベスト 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Essential Phone PH-1の前面カメラがめり込んでることで実際の表示がどうなるかチェック
KLWPでWeather UndergroundのAPIを使って天気情報を表示する方法
スマホでも利用可能なHDMIやSDカードなどに対応のUSB Type-Cハブ「AUKEY CB-C69」レビュー
SIMピンこれくしょん:SIMトレイを取り出すイジェクトピンをいろいろ集めてみました
第7回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票結果発表! 1位は「カラフルシャッター(フラット)」
AQUOS R compact SH-M06 開封の儀:小さいのはいいことだ
Android 8.1 Developer Preview リリース:壁紙によるダーク/ライトテーマの自動変更など
Another Widget:ごくシンプルに日付や時間を表示するありきたりなウィジェット
AQUOS SERIE mini SHV33購入 & auのSIMロック解除 & UQモバイルのVoLTE用SIMへの変更