KDDIがUQ mobile事業を承継!今後はauとともに2ブランドで提供へ

|

KDDIおよびUQコミュニケーションズは5月14日、UQコミュニケーションズのUQ mobile事業を会社分割により、2020年10月1日をもってKDDIが承継すると発表しました。

UQコミュニケーションズがUQ mobile事業を分割会社とし、それをKDDIが承継する吸収分割となり、会社分割の対価として355億円がKDDIからUQコミュニケーションズに支払われます。

今後は2ブランドを提供

KDDIは現在auブランドで通信サービスを提供していますが、UQ mobileが吸収消滅するわけではなく、2つのブランドとして今後も提供されるとのことです。ソフトバンクとワイモバイルの関係に似たものとなるのではないでしょうか。

UQ mobileはKDDIのMVNO事業推進を目的として作られた子会社「KDDIバリューイネイブラー」が2014年12月18日より開始したMVNOサービスで、2015年10月1日にUQコミュニケーションズがKDDIバリューイネイブラーを吸収合併し、そして2020年10月1日にKDDIに吸収されることなります。なんだかんだ元のところに戻ったような形ですね。

UQ mobileは2020年1月には累計契約数が200万を突破しました。そのユーザーが今後どうなるのか、何かしらの変更等あるのかは何も発表されていません。今後の動きにも要注目です。

参考情報

Random Posts

【今日のホーム画面】テキストの表示に細かいこだわりを入れてみた
Honor 8X Max 開封の儀:7.12インチの大画面を持ったスマートフォン
格安SIM (MVNO) の速度測定:2020年2月 その1 順調に速いところと遅いところが分かれる
Xperia Aceが気になる!Xperia X Compactからの乗り換えにちょうどいいのか!?
【大募集】ホーム画面コンテスト2020 作品募集のお知らせ
ただの壁紙:和名洋名で選んで単色や6種類の模様付き壁紙を設定できるアプリ
Notification Animations:通知が来たときにポップアップ表示で教えてくれるアプリ
UMIDIGI F1 Playが発売記念価格で199.99ドル!AliExpressのセールで他の機種も最安値に!
Ambi Climate 2 レビュー:AIがエアコンを快適な状態に自動調節してくれるスマートリモコン
Mode1 RR レビュー:普通の人の普通の使いやすさ、そしてRacing Sportsをコンセプトにデザインされたスマホ
Holo Droid Free:近未来風サイバーな雰囲気でデイバイス情報を表示するライブ壁紙
イヤホンをお手軽・高音質でBluetooth化、LDACやaptX HDにも対応!「Shanling UP4」レビュー
Animated Text – Text Animation Maker:テキストからアニメGIFを作り出すアプリ
いんすたなんとか【ホーム画面コンテスト2020】
Mi Band 3 にとても似ているスマートブレスレットを見かけたので買ってみた