KLWP/KWGTがv3.43にアップデート!ダークモード対応や接続済みオーディオデバイスの名称表示など

|

『KLWP』および『KWGT』がv3.43にアップデートされています。今回は端末本体のダークモード(ダークテーマ)の状態を表示したり、接続しているオーディオデバイスの数や名前を表示、デュアルSIM対応など複数の新規項目があります。

Google playKLWP Live Wallpaper Maker
KLWP Live Wallpaper Maker
制作: Kustom Industries
価格: 無料

ダウンロード

ダークモード(ダークテーマ)対応

KLWP/KWGTで、ダークモードの状態を判別できるようになりました。ダークモード(ダークテーマ)はAndroid 8.1~9とAndroid 10で微妙に異なりますが、どちらにも対応します。

$si(darkmode)$
ダークモード(ダークテーマ)がオンのときは1、そうでないときは0を表示します。

Android 8.1~9の場合は端末設定のディスプレイ内に「端末のテーマ」として存在し、通知領域の色などが変わります。壁紙の色に合わせて…という設定もできます。
Android 10の場合はやはり端末設定のディスプレイ内に「ダークテーマ」という項目があり、このオンオフに対応します。

今回の$si(darkmode)$を使うことで、ダークテーマのオンオフによってKLWPで作った壁紙の色合いを変化させる、なんていうこともできるようになります。

また、これに合わせてか、壁紙の主な色を取得する演算子も追加されています。

$si(wpcolor1)$
壁紙の主な色を抽出
$si(wpcolor2)$
壁紙の2番めに主な色を抽出

色の抽出元となる壁紙というのは、KLWPの場合はルートの「背景」で指定した色や画像になります。ここをランダム表示にした場合などに、$si(wpcolor1)$を使えば、ほかの項目の色をうまく変化させることができるでしょう。

接続済みオーディオデバイスの名称表示

オーディオデバイスが接続されてるかどうか、またその名称を表示できるようになりました。

$nc(acount)$
接続してるオーディオデバイスの数を表示
$nc(aname, 0)$
接続してる0番目のオーディオデバイスの名前を表示

これはBluetoothイヤホンを接続してる時にその名前を表示できます。ただ、Pixel 3で試したところイヤホンを接続すると接続数が2となり、0番目の名前は「Pixel 3」となりました。1番目の名前でBluetoothイヤホンの名前が出てきました。

その他の項目

  • nc()のSIMに関するもの(事業者名など)がデュアルSIMに対応しました。
  • $si(mcount)$で現在のモジュールの項目数を表示できます。

ダークテーマ対応はそのうちくると思っていましたが、嬉しい機能です。これでまたいろいろとアイデアが浮かびましたね。