楽天モバイル、現在契約中の回線も2019/10以降に自社(MNO)回線へ移行予定と案内

|

楽天モバイルは3月14日、2019年3月14日10:00以降に新規申込した(する)方向けに「自社回線移行に関するお知らせ」を公式サイトに掲載しました。

このお知らせによると、現在のドコモやauのMVNO回線を契約した場合、2019年10月以降に専用SIMカードが送付され、自分の手でSIMカードの差し替えをするように案内されています。また、3月14日以前に契約した場合でも同様に以降予定のようですが、詳細については後日発表となっています。

2019年10月からはMNOの楽天モバイル

楽天モバイルは2019年10月に携帯電話事業に新規参入することが決定しています。ドコモやauと同じMNOとして展開していくことになります。

これに合わせて、すでにMVNOとしての楽天モバイルで契約中の方向けにMNOとしての楽天モバイルのSIMカードを送付し、自社回線への移行を促します。

現在は「2019年3月14日10:00以降に新規申込した(する)方」向けの案内となっており、その場合は2019年10月以降に専用SIMカードが送付され、自分の手でSIMカードの差し替えをするようになります。それ以前に契約している場合はまた後日案内されます。

契約中のプラン及び最低利用期間は、SIMカード交換後も引き継がれ、最低利用期間中の解約は契約解除料が発生します。また、送付されたSIMカードに交換しなければ、引き続きMVNOとしての楽天モバイルを利用することができます。

楽天モバイル回線対応機種

新しいMNOとしての楽天モバイルの対応機種は以下のように案内されています。

スマートフォン

SHARP
AQUOS R2 compact SH-M09
AQUOS sense2 SH-M08
AQUOS sense plus SH-M07
AQUOS R compact SH-M06
AQUOS sense lite SH-M05
HUAWEI
HUAWEI nova lite 3
OPPO
AX7
R17 Pro
Find X

ルータ

NEC
Aterm MR05LN

上記以外の製品については、未検証や保証外というわけではなく「非対応」となっています。現在楽天モバイルで販売中の端末は上記リストよりもかなり多いのですが、多くの端末がMNOとしての楽天モバイルで非対応ということになります。非対応の機種を使用している場合は、SIMを入れ替えず、そのまま今のSIMを利用していくことになります。

参考情報

Random Posts