終わるのはハングアウトではなくAllo-Googleがメッセージ、Allo、Duo、ハングアウトの現状を説明

|

数日前に「Googleのハングアウトの一般向けの提供が終了する」というような噂が流れていました。それに対してなのか、Googleが現在のメッセージアプリについて言及する記事を掲載しました。その中でメッセージサービスの1つ『Google Allo』が2019年3月に終了すると伝えられています。

Google playGoogle Allo
Google Allo
制作: Google LLC
価格: 無料

ダウンロード

Google Alloは2019年3月に終了

この記事の中で、『Google Allo』は今年の早い段階で開発を中止しており、Smart Reply、GIF、デスクトップサポートといった機能を『メッセージ』アプリに搭載したと述べています。

この『メッセージ』アプリは毎月1億7,500万人を超えるユーザーが利用しているとのことで、今後はこちらに注力するようです。

そしてこのメッセージアプリの勢いもあって、『Google Allo』を2019年3月で終了することを決定しました。なお、終了までは、これまでの会話履歴をアプリからエクスポートすることができます。

ハングアウトはChatとMeetを一般向けにも

終了すると話題になっていたハングアウトについてですが、これは2017年3月にハングアウトの進化のために『ハングアウト Meet』と『ハングアウト Chat』のチームに分けられて、現在は企業向けのG Suiteのツールとして提供されています。

ですが一般ユーザー向けのものが終わるわけではなく、MeetとChatについても、ある時点から既存のハングアウトユーザーも使えるようになるとのことです。

そういう意味では、従来のハングアウトが発展解消されてMeetとChatになる、ということかもしれません。

参考情報

Random Posts

【テーマは冬】第6回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト開催のお知らせ
2017年作ったホーム画面まとめ
Android 1.5 CupcakeからAndroid 9 Pieまで、Androidとドロイド君のこれまで
北条加蓮ホーム Triad Primus ver【あなたのホーム画面見せてください 2018】
KLWPで曲名が長いときだけテキストをスクロールさせる
FLAT:MINIMALIST【ホーム画面定期コンテスト】
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年12月その2 全体的に元気がなくなってきた?今年1年間も振り返る
フィット感・遮音性良好!通勤通学に向いている有線イヤホン「SoundPEATS B50」のレビュー
mineoが通信の最適化を始めたのでMVNO14社21枚のSIMで通信の最適化がされているか試してみた
気になる人には便利かも? Bakeey 電圧電流計LEDディスプレイ付きUSB Type-Cケーブル
Led Zeppelin Clock Widget And Themes:レッド・ツェッペリンのバンドロゴを模した時計ウィジェット
約5000円ながら40Wの超大迫力Bluetoothスピーカー「Tronsmart Mega」レビュー
AppWrap:端末にスクリーンショットのハメコミ画像を作成できるアプリ
壁紙を黒にするとスマホのバッテリーが長持ちするって本当?というわけで実験してみた
私の思い出のAndroid端末:スマホを使っているとオタクに見られた頃から使っていたGALAXY S SC-02B