Digital Wellbeingが正式版に!Android 9 Pieを搭載するすべてのPixelとAndroid Oneで利用できるように

|

Pixel 3などにプリインストールされているGoogleのアプリ『Digital Wellbeing』がアップデートでついに正式版となりました。

…とは言っても、内容としてはそれほど大きな変更はありません。いくつかの項目の表記が変わったのと、おやすみモードのオフになる時間の設定が少し変わったくらいです。

Google playDigital Wellbeing
Digital Wellbeing
制作: Google LLC
価格: 無料

ダウンロード

アップデートで正式版に

アップデートは普通のアプリと同様にPlayストアから行います。アップデートの内容は以下のとおり。

  • Digital Wellbeing がベータ版から正式版になり、Android 9.0 Pie を搭載するすべての Google Pixel 端末と Android One 端末で利用できるようになりました
  • おやすみモードを、設定時間か次回のアラームのいずれか早い時点でオフになるようになりました
  • Digital Wellbeing の戻るボタンの動作を改善しました

大きく変わったところも特にありません。アプリの利用時間を表示するダッシュボードや、時間制限を設けるタイマー機能もベータ版から引き続き利用できます。

細かいところでは、マナーモード→サイレントモード、Shhh→ふせるだけでサイレントモードをオン、というように表記が変わっています。

また、おやすみモードの時間設定が少し変わっており、アラームをセットした場合は「おやすみモードで設定した時刻」と「アラームの時刻」のどちらか早いほうでおやすみモードがオフになります。設定した時刻より早くアラームで起きてもスマホがおやすみモードのままじゃ、変ですしね。

参考情報