Twitter、3時間300postレート制限をついに開始!いくつかのアプリがほぼ使えない状態に

|

先日より何回か取り上げているTwitterの「アプリレベルのPOSTエンドポイントに対する新しいレート制限」が、日本時間10月23日より施行されました。

以前調べたように、Androidの主要なTwitterアプリについてはほとんどが制限解除の申請が通っていますが、いくつか間に合わなかったものや、開発終了で申請していないために制限を受けているアプリがあるようです。

アプリレベルのPOSTエンドポイントに対する新しいレート制限

この新たなレート制限はアプリごとにツイートの投稿やフォローなどが可能な回数を制限するもので、スパム行為などを防ぐために実施されます。ユーザーごとにではなくアプリごとの実施となるため、制限回数は同じアプリを使っているユーザーで共有となります。具体的な回数は以下のとおりです。

  • ツイートおよびリツイート(合算値):3時間で300件
  • いいね:24時間で1000件
  • フォロー:24時間で1000件
  • ダイレクトメッセージ:24時間で15,000件

人気のTwitterアプリの対応状況

Androidのアプリについては前回調べたところ、ほとんどのものが申請を出して通っている状態でした。

具体的には、『Tweecha』『ついっとぺーん』『twitcle plus』『SobaCha/MateCha』『びよーんったー/Absolutter』については、申請が通っているので今後も問題なく使えます。

『ツイタマ』は申請する予定との発言はあったもののその後は特に案内なしの状態でしたが、本日時点で普通にツイートできているようなのでおそらく申請が通っています。

『Janetter』『twicca』については、これまで何の案内もありませんでしたが、本日時点で特に使えなくなったようなツイートも見当たらず、それなりに使っている人は見受けられるので、これらもおそらく申請が通っているとみられます。

twiccaについては、2015年から更新がないのでもう開発終了しているものだと思われていましたが、本日時点で普通に使えているようなのでおそらく申請していたのだと一部のユーザーを驚かせています。ただ、新しいDMなどには対応していないので、できればほかのアプリに移ったほうがいいとは思います。

制限を受けているアプリも

beeterについては申請を行っているものの、まだ通っていなかったようで制限を受けているようです。

追記:

10月27日に制限解除されたようです。
追記終わり

また、すでに開発終了しているアプリの多くはこの申請も出しておらず、そのまま制限を受けているようです。

Random Posts

2018年Amazonアソシエイトを通して購入された商品ベスト30
パンダがかわいいCHOETECHの急速充電も可能なQi ワイヤレス充電器 T528-S
Android 8.0で通知に表示される「バックグラウンドで実行中です」を消す
AQUOS sense plus SH-M07 レビュー:持ちやすく使いやすいけど目立たない、地味系優等生なスマホ
KLWPのテーマ特集:複数のテーマを含んだプリセットパック 5アプリ49テーマ (2018.04.15)
「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本9」PDF版および書店委託販売のご案内
AquaMozc for BlackBerry:BlackBerryの物理キーボードでPCライクな操作性を実現する日本語IMEアプリ
BlackBerry KEY2 レポート:Touch-Enabledキーボードがスルスルと気持ちよく便利
Tronsmart Edge 20000mAh レビュー:Huaweiの急速充電FCP対応の大容量モバイルバッテリー
UMIDIGI F1 のスペックが一部判明:Helio P60、6.3″FHD+水滴型ノッチディスプレイ、5150mAhバッテリー
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年9月 その1 一部を除いたソフトバンク系が安定して優秀
コミックマーケットC93 サークル参加の報告
Lenovo HX03F レビュー:日本初上陸目前のレノボのスマートバンド、いまいちだった
本当につぶやきを投稿!IFTTTを使ってGoogle HomeからTwitterにツイート投稿する
通信量チェッカー:日ごと月ごとアプリごとの通信量をグラフ表示してくれるアプリ