UQ mobile、おしゃべり/ぴったりプランの基本データ容量を増量!9月からはデータ特盛キャンペーンも

|

UQ mobileは2018年12月1日より「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」における基本データ容量を増量すると発表しました。月額料金は変わりません。

またこれに先駆けて、2018年9月1日から11月30日までの間、「増量オプション」に申し込むと(既に申し込んでいる方も含め)12月から適用される基本データ容量と同等のデータ容量を付与する「データ特盛キャンペーン」も開催されます。

基本データ容量を増量

UQ mobileの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」にはそれぞれプランS/M/Lとあり、これまではデータ容量がそれぞれ1GB/3GB/7GBでした。これは12月からは「プランS」2GBへ、「プランM」は6GBへ、「プランL」は14GBへと増量されます。

プランS プランM プランL
2018/11/30まで 1GB 3GB 7GB
2018/12/01から 2GB 6GB 14GB

すでにワイモバイルが9月よりデータ容量の増量を発表しており、今回のUQ mobileの増量もこれに対抗してのものだと思われます。

データ特盛キャンペーンで9月から増量

UQ mobileには「増量オプション」というものがあり、これを適用するとデータチャージ料金から一定料金が割引になります。このオプションは新規契約または機種変更との同時申込みで月額料金500円が2年間無料になります。これにより2年間は実質的に使用できるデータ容量が増えているという仕組みです。

サブブランドはこういう時限式で割り引かれたりするものが多いですね。もともとの基本的な料金がわかりにくくなっているのが難点です。

「データ特盛キャンペーン」では、まず2018年9月1日から11月30日までの「増量オプション」の月額料金500円が無料となります。そして増量オプションで割り引かれるデータチャージ料も増額となり、実質的に使用できるデータ容量が増えます。

少々ややこしいですが、ワイモバイルとUQ mobileの2つのサブブランドが(その唯一の弱点でもあった)基本データ容量を増量してきました。これによりさらに格安SIMのシェアを増やしていくのではないかと思われます。

参考情報