b-mobileの190PadSIMにドコモ版が登場!基本料190円から使った分だけの段階制料金

|

日本通信は7月25日、同社のMVNOサービス「b-mobile」において基本料190円から使えるデータ通信SIM「b-mobile S 190PadSIM」の対応通信キャリアを拡充し、ソフトバンク版に加え、ドコモ版を販売開始しました。

使った分だけ支払いの190PadSIM

190PadSIMはb-mobileの格安SIMサービスで、月額料金が段階制になっており、100MBまでなら月額190円で維持できるのが大きな特徴です。これまではソフトバンクのiPadやiPhone用に提供されてきましたが、本日よりドコモ版が選べるようになっています。

ドコモ版はソフトバンク版と同様に、月額基本料は100MBまでの高速通信が含まれ190円。100MBを超える利用は1GBまでが540円、その後1GBあたり350円で10GBまで利用できます。

また、ドコモ版ではSMS機能も追加でき、こちらは月額料金にプラス130円となります。

月額料金
データのみ SMS付き
100MBまで 190円 320円
1GBまで 540円 670円
2GBまで 890円 1,020円
3GBまで 1,240円 1,370円
4GBまで 1,590円 1,720円
5GBまで 1,940円 2,070円
6GBまで 2,290円 2,420円
7GBまで 2,640円 2,770円
8GBまで 2,990円 3,120円
9GBまで 3,340円 3,470円
10GBまで 3,690円 3,820円

なお、同じb-mobileにて、よく似たプランとして「おかわりSIM」というものがありました。こちらは1GBまで500円から5GBまで1500円を上限とした5段階で料金が決まるプランでした。今回の190PadSIMドコモ版に合わせて、こちらは新規受付が終了しています。(現在利用中の場合はそのまま使い続けられます。)

190PadSIMドコモ版とおかわりSIMの違いは、100MBまでの料金が設定されたこと(最低維持費が190円まで下がった)、5GB以上10GBまで利用できるようになったことです。ただし、料金としては若干上がっているようです。これまでおかわりSIMを使っていて、1GBから5GBで収まっていた場合は、とくに移行する必要はなさそうです。

190PadSIM おかわりSIM
100MBまで 190円
1GBまで 540円 500円
2GBまで 890円 750円
3GBまで 1,240円 1,000円
4GBまで 1,590円 1,250円
5GBまで 1,940円 1,500円
6GBまで 2,290円
7GBまで 2,640円
8GBまで 2,990円
9GBまで 3,340円
10GBまで 3,690円

参考情報

Random Posts

格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年7月-2 LINEモバイルソフトバンク版は出足で躓いたものの、充分に速い
画面消女:スクリーンオフまでの時間を変更したり消灯しないようにできるアプリ
AQUOS R Compact SH-M06 レビュー:メイン機として長く普段使いできそうな良コンパクト機
ダミー通知er:自分で設定した内容でフェイクの通知を生成できるアプリ
最近気づいたGoogle Homeの機能や対応アプリ:おすすめのスマホ集計やルーティンの登録
Quote Widget for Android : 豊富なフォントで偉人の名言を表示するウィジェット
第8回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票開始のお知らせ
Android P Betaがリリース!Xperia XZ2やEssential Phone PH‑1でもインストール可能
HUAWEI nova 3 をどこで買えばいいのか、MVNOやオンラインショップの価格をチェック
mineoが通信の最適化だけでなくhttps(SSL)では帯域制御もしているとのことなのでMVNO14社20枚のSIMで試してみた
LINEモバイル「友だち招待」スタート!招待URLからの登録で登録事務手数料が最大無料に!
KLWPの小技:UTFコードなどを使って「テキスト」でアイコンフォントを表示する
ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!に参加! 自身3台目となるZenFone 3を手に入れました
Playストアのアイコンが新しいものに変更中 -ショッパー袋から三角画像のみに
チカチカ点滅するように表示されるおサイフケータイのアイコンを表示しないようにする