シャープ製スマホの一部端末において「有害なアプリの無効化」の通知が表示される事象が発生中

|

シャープ製のスマートフォンの一部において、「有害なアプリの無効化」という通知が『AQUOSかんたんホーム』に対して表示されるという事象が発生しているようです。シャープのウェブサイトにて、お知らせと対処法が掲載されています。

「有害なアプリの無効化」の通知が表示

これはAQUOS RやAQUOS R Compactなど一部の端末で発生しているようで、「有害なアプリの無効化」というタイトルのGoogle Playストアからの通知です。
現在Playストアではインストールされているアプリをスキャンし、何かしら問題があったときはこのように通知を出す機能が働いています。今回はこれに『AQUOSかんたんホーム』が引っかかったということです。

ただし、シャープとしては「アプリは端末に有害な動作とならないことを確認」したとしています。ユーザーからの反応を見ると端末のアップデート後にこのような表示が出始めたようです。

なお、対象となっている『AQUOSかんたんホーム』とは、上記画像のようなアイコンの大きなホームアプリのことです。シャープ製スマホにはおそらく『AQUOSホーム』と『AQUOSかんたんホーム』の2つがプリインストールされていますが、問題となっているのは「かんたん」のほうです。

対処法

対処法としては簡単です。通知をタップすると上の画像のような詳細画面となります。これの「アプリを保持する」をタップすれば通知は非表示になり、『AQUOSかんたんホーム』もそのまま利用し続けられます。シャープは「アプリは端末に有害な動作とならない」と言っているので、それを信頼すれば「アプリを保持する」で構いません。

『AQUOSかんたんホーム』を今までもこれからも使わないのであれば、詳細画面で「アンインストール」を選択しても通知は消えます。その場合は『AQUOSかんたんホーム』は使えなくなります。ほかのホームアプリを使っていればこれで問題ないでしょう。

もし間違えてアンインストールを選んでしまった場合は、設定アプリからアプリと通知アプリ情報と進み、画面右上のメニューから、「アプリの設定をリセット」をタップすれば元に戻ります。(ただし、無効化したアプリやデフォルトアプリなどの設定も消えるのでご注意を。)


シャープでは現在この事象の対処法を準備中とのことです。通知が邪魔であれば上記の方法で消すことはできますし、その対処法が来るまで待ってもいいでしょう。『AQUOSかんたんホーム』を使ってないのであれば、この機会にアンインストールでいいと思います。

参考情報