HUAWEI nova lite 2が2月9日より発売!18:9ディスプレイにダブルレンズカメラ搭載

|

ファーウェイ・ジャパンは同社のスマートフォンnovaシリーズの最新作「HUAWEI nova lite 2」を2018年2月9日より発売すると発表しました。市場想定売価25,980円(税抜)で、MVNO各社より発売されます。

若者向けのエントリーモデル

HUAWEI nova lite 2は2017年2月に発売されたHUAWEI nova liteの後継機で、主に若者やビジネスマン、女性層をターゲットとしたエントリーモデルです。

エントリーモデルではありますが、昨年からの流行である18:9の縦長ディスプレイやダブルレンズカメラなど最新のトレンドを搭載しています。スペック的にもエントリーモデルというわりには充実しています。

OS Android 8.0 Oreo/EMUI 8.0
CPU HUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU (4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)
RAM 3GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSDXC (最大256GBまで)
ディスプレイ 5.65インチ 2160×1080 (FHD+)
カメラ メインカメラ(ダブルレンズ): 1300万画素 + 200万画素,LEDフラッシュ,像面位相差 + コントラスト AF
インカメラ: 800万画素 ,FF
バッテリー 3000mAh
サイズ 約150.1 × 72.05 × 7.45 mm
重量 約143g
ネットワーク FDD LTE:B1/3/5/7/8/19/20,
WCDMA:B1/2/5/6/8/19,
GSM:850/900/1800/1900MHz,
セカンダリーSIM:GSMの上記周波数(音声通話のみ)
SIM:Nano SIM*2″

18:9の超ワイドディスプレイ

HUAWEI nova lite 2のディスプレイは5.65インチ 2160×1080、縦横比18:9となっています。インチ数から見ると大画面のように見えますが、従来のものより縦長となっているので、逆に横幅は72.05mmと抑えられています。従来の16:9ディスプレイで言えば5.2インチ端末と似たような感覚になります。

2.5Dラウンドエッジガラスにより、持ちやすさも期待できます。

エントリーモデルでもダブルレンズカメラ

メインとなる背面カメラは1300万画素+200万画素のダブルレンズカメラです。これが被写体との距離を正確に読み取り、自然で美しいボケ味を生みだします。

Huawei端末のカメラで特徴的な「ワイドアパーチャ」機能も搭載、フォーカスをあとから自由に調整できます。それとは別に「ポートレートモード」も用意されているので、用途に合わせた美しい写真を撮ることができるでしょう。

「ポートレートモード」は前面カメラにも搭載されています。「ビューティーエフェクト」と合わせて、美しく楽しいセルフィーを楽しめそうです。

MVNO各社で販売

今回のHUAWEI nova lite 2はMVNO各社より販売されます。かなり多くのところから発売され、各社キャンペーンを行っているところもあるので、購入の際は比較して検討するといいでしょう。

HUAWEI nova lite 2を取り扱うMVNO

  • IIJmio (株式会社インターネットイニシアティブ)
  • イオンモバイル(イオンリテール株式会社)
  • エキサイトモバイル (エキサイト株式会社)
  • NTTコムストア by gooSimseller
  • QTmobile(株式会社QTnet)
  • DMM mobile (株式会社DMM.com)
  • NifMo (ニフティ株式会社)
  • BIGLOBE モバイル (ビッグローブ株式会社)
  • Fiimo(株式会社STNet)
  • mineo (株式会社ケイ・オプティコム)
  • LINEモバイル(LINEモバイル株式会社)
  • 楽天モバイル (楽天株式会社)
  • LIBMO(リブモ)株式会社TOKAIコミュニケーションズ
  • LinksMate(株式会社LogicLinks)
  • ほか

ほとんどのところは新規にせよ機種追加購入にしろ契約が必要になります。契約なしに端末だけ欲しい場合はNTTコムストア by gooSimsellerでOCN SIMセット(らくらくセットではなく、契約の必要はないSIMセット)を利用するといいでしょう。

参考情報

Random Posts