Twitter、新機能「スレッド」を開始!複数の繋がったツイートをまとめて連ツイ投稿可能

|

Twitterは13日、新しい機能「スレッド」を案内しました。これは複数のツイートを繋げ、それを一度にまとめて投稿できる機能です。これまでも自身のツイートにリプライすることで繋げることができましたが、今回の新機能を使うと投稿時間のラグなくまとめて投稿できます。

複数のツイートをまとめて投稿

スレッド機能は数週間のうちにiOS、Android、およびTwitter.comで利用可能になるとのことですが、すでに利用できるようになっているユーザーもいるようです。(こちらの環境ではTwitter.comでのみ利用可能でした。)

利用可能になると通常のツイートボタンの隣に+マークが表示されます。これを押すと別のツイートを追加できるようになります。

繋げるツイートは普通のツイートと同じように140(280)文字までOKで、画像なども大丈夫です。

また、追加のツイートを編集中でも、前のツイートを編集可能です。

実際にツイートされると下のようになります。

埋め込みだと1つ前のツイートまでしか見えませんが、ツイートページに飛べばスレッドの全部を読むことができます。また、投稿した後にこのスレッドに投稿を加えることも可能です。

普通に自分のツイートに返信する場合と基本的には変わりませんが、すべてのツイートを同時に投稿できるという利点があります。タイムラインが早いと間に他の人のツイートが入ってしまって文が途切れてしまうことがありますしね。

これまではアプリ単位でこのようにツイートを繋げて同時に投稿する機能(連ツイ)が実装されているものもありましたが、公式で機能追加されたことで利用者や利用方法も増えそうです。長文を投稿するときだけでなく、画像をつなげて4コマ漫画のようにすることもできそうですね。

参考情報