Android 8.1 Oreoが正式リリース!低スペック向けのAndroid Oreo (Go edition) も

|

Googleは12月5日、Androidの新しいバージョン「Android 8.1 Oreo」を正式リリースしました。8.0からはマイナーアップデートになりますが、これと同時に低スペックなエントリー端末でも動くAndroid Oreo (Go edition)も発表しています。

OTA配信もじきに

Android 8.1はPixelやNexus端末向けにファクトリーイメージが公開されており、これらを使って手動で導入することもできます。

OTAによる普通のアップデートも次週から配信されるとのことなので、対象端末にはそれほど時間を空けずに降ってくると思われます。

Android 8.1はマイナーアップデートではありますが、APIレベルが27になるほか、いくつかの変更点もあります。利用者視点でもいくつかあり、それはDeveloper Previewのころとほぼ同じです。

Android Oreo (Go edition)

また、今回Android 8.1とともにAndroid Oreo (Go edition)というものも発表されています。これはエントリーレベルのデバイス向けの新しいバージョンです。エントリーレベルのデバイスというのは、RAMが512MBから1GBといった端末です。これらでも快適に動くように最適化されているとのことです。

エントリー端末はRAMだけでなくストレージ容量も少ないものです。8GBのストレージ容量の端末の場合、Android 7.0 Nougatではほとんど空き容量がありませんでしたが、Android Oreo (Go edition)ではそれに比べ約2倍の空き容量ができます。また、プリインストールされるGoogle系のアプリについても、そのアプリ容量がこれまでの50%になっているとのことです。

日本でこのGo editionを使った端末が発売されるかはわかりません。ただRAM1GBの格安SIMフリー端末は時々でてくるので、そういう端末に載ってくることも考えられなくはありません。ちょっと試してみたいものですね。

参考情報

Random Posts

C94新刊 「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本10」のお知らせ
cheeroの2in1タイプ巻取り式USBケーブル:さわやかでポップな配色がかわいい
orefolder的に2017年を振り返る-スマホ/格安SIM/ホーム画面カスタマイズ
BlackBerry KEY2 レビュー:人は選ぶが刺さる人には深く刺さる物理キーボード搭載の個性派スマートフォン
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年10月その2 BIGLOBEモバイルタイプAはそこそこ速かった!?
プラスワン・マーケティング FREETEL SIMに消費者庁より措置命令-合理的な根拠のない表示が問題
To-Do Widget:明るいフラットデザインのシンプルなTo Doリストウィジェット
16年契約してきたドコモからLINEモバイルにMNPしました-合計の月額料金は変わらないけどね!
AquaMozc for BlackBerry:BlackBerryの物理キーボードでPCライクな操作性を実現する日本語IMEアプリ
【今日のホーム画面】KLWPを使った1スクリーンホーム画面
ANDROID ICONで紹介したアイコンパック-淡い色のアイコン編 (2017.04.17)
3D Wallpaper Parallax 2018:壁紙に奥行きと立体感を生み出すパララックス壁紙
OUKITEL K6000 Plusレビュー:6080mAhの大容量バッテリーでそこそこ使える…が、重い
Android O Developer PreviewをNexus 5Xに入れてみる-手順メモ
KLWPで表示画像を切り替えて数コマアニメを作ってみる