楽天、FREETELの国内MVNO事業を承継し楽天モバイルと合わせて140万回線を突破

|

既報の通り、本日11月1日にプラスワン・マーケティングの国内MVNO事業(FREETEL SIM)が楽天へと承継完了しました。この結果、楽天のMVNO事業としてMVNO事業回線数が140万回線を突破しました。

2018年1月中を目途に楽天モバイルへブランド統合

楽天はMVNO事業として「楽天モバイル」を展開しており、2017年8月には100万回線を超えました。そして今回のプラスワン・マーケティングからの事業承継により、合わせて140万回線突破となりました。楽天モバイルは2017年10月29日に3周年を迎えました。今回の承継で格安SIMのシェアも大きく伸ばしたことになります。

プラスワン・マーケティングの国内MVNO事業は承継されましたが、FREETELのスマートコミコミ+やFREETEL SIMの販売は継続されます。(ただしSIMの提供元は楽天)プラスワン・マーケティングはプレスリリースにて11月1日以降もオンラインショップ(eSHOP)およびフリーテルショップ等で契約できると発表しています。

ただし、楽天からの発表を見ると「FREETEL SIM」などの通信サービスは2018年1月中を目途に「楽天モバイル」へとブランド統合を予定しているとあります。サービス内容などに変更はないようですが、「FREETEL SIM」の名称はその頃から消え行くことになりそうです。

参考情報

Random Posts

本当につぶやきを投稿!IFTTTを使ってGoogle HomeからTwitterにツイート投稿する
NewsTab:カード型ウィジェットで表示するモダンなRSSリーダーアプリ
作業机のUSB環境を改善するためにサンワサプライのクランプ式USB充電器を導入
専用ペン付きスマホ LG Q Stylus を購入しました!外観を写真でチェック!
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年1月 その2 LINEモバイルの最速チャレンジは先月で終わった
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年7月その1 UQモバイルとワイモバイルの速度に陰りが…?
Galaxy S8:やっぱり赤×黒がカッコいい!pzxの0.7mm超薄型ケースを購入
AIで驚異的なバッテリーライフ!Android 9 Pie搭載のフラッグシップキラー UMIDIGI F1
てのひらに彩りを【ホーム画面定期コンテスト】
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年3月その2 楽天モバイルにFREETEL SIM、4Gmarkで見えるもう一つの姿
「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本8」PDF版および書店委託販売のご案内
マイアイドルスター【ホーム画面定期コンテスト】
ZenFone Max Plus (M1) レビュー:エントリーモデルとしてはグッド、だが期待と実際がちぐはぐ
Android O Developer PreviewをNexus 5Xに入れてみる-手順メモ
Tronsmart S5 レビュー:片耳でも両耳でも使える使い勝手のいい完全ワイヤレスBluetoothイヤホン