楽天、FREETELの国内MVNO事業を承継し楽天モバイルと合わせて140万回線を突破

既報の通り、本日11月1日にプラスワン・マーケティングの国内MVNO事業(FREETEL SIM)が楽天へと承継完了しました。この結果、楽天のMVNO事業としてMVNO事業回線数が140万回線を突破しました。

2018年1月中を目途に楽天モバイルへブランド統合

楽天はMVNO事業として「楽天モバイル」を展開しており、2017年8月には100万回線を超えました。そして今回のプラスワン・マーケティングからの事業承継により、合わせて140万回線突破となりました。楽天モバイルは2017年10月29日に3周年を迎えました。今回の承継で格安SIMのシェアも大きく伸ばしたことになります。

プラスワン・マーケティングの国内MVNO事業は承継されましたが、FREETELのスマートコミコミ+やFREETEL SIMの販売は継続されます。(ただしSIMの提供元は楽天)プラスワン・マーケティングはプレスリリースにて11月1日以降もオンラインショップ(eSHOP)およびフリーテルショップ等で契約できると発表しています。

ただし、楽天からの発表を見ると「FREETEL SIM」などの通信サービスは2018年1月中を目途に「楽天モバイル」へとブランド統合を予定しているとあります。サービス内容などに変更はないようですが、「FREETEL SIM」の名称はその頃から消え行くことになりそうです。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE