Wiko Tommyに再びアップデート配信 おかしかった日本語もほぼ直る

|

先月末に発売されたWikoの低価格スマートフォン「Tommy」に再びアップデートが配信されていました。発売直後(もしくは発売時)にもアップデートがあったので、これで2回目のアップデートとなります。

軽いアップデート

アップデートファイルの容量は10.69MBなので、比較的軽いアップデートとなっています。内容の詳細については特に記載されていません。アップデート後のビルド番号はMMB29M release-keys、カスタムビルドバージョンはP4903JP Marshmallow 6.0 (17)、Androidセキュリティパッチレベルは2017年2月5日となっています。

アップデート内容の詳細はわかりませんが、とりあえずおかしかった日本語部分が直っています。もしかしたらまだ残っているかもしれませんが、軽く確認した範囲では特におかしな点はありませんでした。

約1万5千円とかなり低価格なスマートフォンですが、こうして細かいアップデートが行われるのは好印象ですね。Wikoの今後の日本展開については下記番組でも語られるようです。

参考情報

Random Posts

格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年2月その2 LINEモバイルがついに速度低下!今後に要注目
MSLバッテリーウィジェット:AIでバッテリーが指定数値まで減る時間を表示するウィジェット
【今日のホーム画面】Xperiaの天気アプリの背景とゆるキャン△が妙に似合う件について
Pokémon GO 1日目-遊び方に戸惑い、通信量やバッテリー消費量を確認
100円ライターより小さい!スマホとBluetooth接続できる超小型携帯電話:Decwin A
Minimal Sky【ホーム画面コンテスト2017】
KLWPのテーマ特集:複数のテーマを含んだプリセットパック 5アプリ49テーマ (2018.04.15)
Robinの噂のスマートストレージ機能、その後。 【orefolder スマホモニター企画】
AQUOS R Compact SH-M06 レビュー:メイン機として長く普段使いできそうな良コンパクト機
恵の雨…。【ホーム画面定期コンテスト】
Redmi Note 4X レビュー:カメラなど一部不満はあるがXiaomi入門機としては十分使える
バッテリーは内、スマホは外! Ekpheroの盗難防止&USB充電ポート付きバックパック
Layout Whitelist Editor:Essential Phoneでサードパーティ製アプリでもステータスバーを埋めるアプリ
アプリ不要でQRコードを読み取る方法-Now on TapとカメラだけでOK
KLWPの小技:テキストの中で指定した文字だけ別の色で表示する