Wiko Tommyに再びアップデート配信 おかしかった日本語もほぼ直る

|

先月末に発売されたWikoの低価格スマートフォン「Tommy」に再びアップデートが配信されていました。発売直後(もしくは発売時)にもアップデートがあったので、これで2回目のアップデートとなります。

軽いアップデート

アップデートファイルの容量は10.69MBなので、比較的軽いアップデートとなっています。内容の詳細については特に記載されていません。アップデート後のビルド番号はMMB29M release-keys、カスタムビルドバージョンはP4903JP Marshmallow 6.0 (17)、Androidセキュリティパッチレベルは2017年2月5日となっています。

アップデート内容の詳細はわかりませんが、とりあえずおかしかった日本語部分が直っています。もしかしたらまだ残っているかもしれませんが、軽く確認した範囲では特におかしな点はありませんでした。

約1万5千円とかなり低価格なスマートフォンですが、こうして細かいアップデートが行われるのは好印象ですね。Wikoの今後の日本展開については下記番組でも語られるようです。

参考情報

Random Posts

第4回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト開催のお知らせ
AQUOS sense plus SH-M07 レビュー:持ちやすく使いやすいけど目立たない、地味系優等生なスマホ
背景を愛でるためのミニマルホーム【あなたのホーム画面見せてください 2018】
中国の電話番号でSMSを受け取ってHey+の黑加アプリを使えるようにする方法
Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2018【結果発表 その2 「ここが気に入ってる」編】
私の思い出のAndroid端末:INFOBAR A01のデザインとiida UIは今でもイケてるよね
Photos Companion:スマホの画像を同じWi-Fi上にあるWindows 10のフォトアプリに取り込むアプリ
迫力の大音量・桁違いの高音質な360度Bluetoothスピーカー「SoundPEATS P5」レビュー
BlackBerry KEY2 レポート:手触りがよく装着した雰囲気もいいMaxKu軽量薄型保護ケース
KLWPで日本語入力するための5つの方法-アプリ内でも意外なところで日本語入力は可能
Mi Pad 4を購入しました:8インチの手頃なサイズで十分なスペックを持ったタブレット
【今日のホーム画面】ごちうさ第3期待ってますホーム
snow_mt【ホーム画面定期コンテスト】
One Touch RAM Cleaner Widget:タップ1つでメモリを解放してくれるウィジェット
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年1月その1 2017年最初の測定もLINEモバイルの独走が続く