フランスのWikoが日本のSIMフリー市場に参入!第1弾Tommyを2/25より14800円にて販売開始!

|

フランスのモバイル端末ベンチャー企業であるWikoが、日本のSIMフリースマートフォン市場への参入を発表しました。その第1弾として、1万円台ながら、VoLTEに対応したカラフルなスマートフォン「Tommy」を2月25日より販売開始します。価格は税抜14,800円、家電量販店等で販売されます。

フランス発のモバイル端末ベンチャー「Wiko」

Wikoはスマートフォンを中心に取り扱う、フランス発のモバイル端末ベンチャーです。ヨーロッパ、アジア、アフリカ各国で展開し、日本は34番目の国となるようです。フランスでシェア第2位、西ヨーロッパ各国でシェアTOP5にランクインするという、実力も持っています。

オシャレなカラーがかわいいTommyを投入

Wikoが日本参入の第1弾として投入する端末が「Tommy」です。Android6.0、5インチHDディスプレイにRAM2GBと、ミドルに満たないスペックですが価格は14,800円とかなり抑えられ、さらにVoLTEにも対応しています。カラーは全6色ありますが、まずはブリーン、フラッシュレッド、トゥルーブラックの3色を展開します。ブリーンというのは「ブルー+グリーン」の造語で、Wikoのコーポレートカラーにもなっています。

Tommyのスペック

OS Andorid 6.0
CPU Qualcomm Snapdragon 210 MSM8909 クアッドコア1.3GHz
RAM 2GB
ストレージ 16GB
外部メモリ microSD (最大64GBまで)
ディスプレイ 5インチ 1280×720 (HD)
カメラ 背面:800万画素 前面:500万画素
バッテリー 2500mAh(取り外し可能)
サイズ 約145.9 × 71.5 × 8.9 mm
重量 約145g
ネットワーク 4G LTE 2100/1800/900/800U/800L
H+/3G/3G UMTS 2100/800U
GSM 850/900/1800/1900

モバイル端末ベンチャー企業で世界各国に格安なスマートフォンで展開というと、どことなくフリーテルのようなものも感じますね。過去にはSmartisanやStar Digitalなど、日本参入を発表しながら実現していない例もありますが、今回は間近の発売日も決定してからの発表です。ヨドバシカメラなどでは予約も始まっているので、発売される事自体は確実でしょう。

Wiko自体も、発表にて日本のモバイル市場は特殊であると言っていますが、果たしてこれが受け入れられるのか、そして今後どういった地位を築いていくのか、注目したいところです。

参考情報

Random Posts

FREETEL2016冬の新モデル「雷神 RAIJIN」ハンズオン-5000mAh大容量バッテリーモンスター
超小型端末Jellyは「使える」のか? ほぼ同じ大きさのElephone Qで画面や文字入力をチェック!
arrows Be F-05J 購入:箱の小ささとコンパクトなパッケージに驚き
Essential Phone PH-1 開封の儀:大人しめの高級感と、確かにそこにある前面カメラ
ZenFone 3をメインで使いやすくするためにやった15のポイント(設定・アプリ)
コミケC91で回りたいスマホ/Android関連のサークルをご紹介
Nova Launcherでステータスバーのアイコン類が黒くできる(ダークアイコン)ようになってた
FNF Ifive Mini 4S レビュー:1.5万円以下の激安ながらそこそこ使えるAndroidタブレット
電池持ちが神がかったスマートフォン、Oukitel K10000ファーストインプレッション【orefolder スマホモニター企画】
Meteogram Weather Forecast:表示項目が非常に多いグラフ型の天気ウィジェット
だから私は、Xperia。 : あのCMみたいな動画を自分で作れちゃうAndroidアプリ
通知の見れるフラットなホーム【ホーム画面定期コンテスト】
対ポケモンGo最強端末、その名はOUKITEL K10000【orefolder スマホモニター企画】
水滴【ホーム画面定期コンテスト】
HTCの本社および工場を見学!目の前で作られているのは…あの端末!? #HTCグローバルレポーター