LINEモバイルも2月よりSIMカード発行手数料400円を初期費用に追加へ

|
20170110-linemobile-1

LINEモバイルは、2017年2月1日の申し込み完了分より、初期費用として「SIMカード発行手数料」を請求すると発表しました。SIMカード発行手数料はいわゆる「初期費用」のうち「登録事務手数料」とは別に請求されるもので、2月1日申し込み完了分以降は合計3,400円(税抜)となります。

申し込み完了が2月1日分以降に請求

2016年8月よりドコモがMVNOにSIMカード発行手数料を取るようになったのを機に、各MVNOもユーザーから新規登録の際に初期費用とは別にSIM発行手数料を請求するようになってきました。楽天モバイルやFREETELなどはすでにそうなっています。

LINEモバイルでは2月1日の申し込み完了分よりこのSIMカード発行手数料を請求するようになります。注意が必要なのは、手数料がかかるタイミングが「申し込み時」ではなく「申し込み完了」だということです。1月中に申し込み手続きを開始しても、申し込み受付完了(本人確認書類アップロードが完了し、申込み受付完了のメールが送付されたタイミング)が2月1日以降の場合は手数料がかかることになります。Amazonのエントリーパッケージを使った申込みの場合、初期費用はパッケージ代金となりますが、申し込み完了が2月1日以降になるとSIMカード発行手数料が別途かかります。

LINEモバイルはTwitterやFacebookなどSNSが無料でつかうこともできる格安SIMで、速度もかなり速いので当サイトでも今最もオススメしているMVNOです。2月以降はSIMカード発行手数料がかかってしまうので、気になる方はお早目の申し込みを。

K276997o

参考情報

Random Posts

ふぁぼーん:ツイートをスマホに保存!元ツイートが削除されてもオフラインでも閲覧可能
LINEモバイルのソフトバンク回線版を契約!さっそく使おうとして失敗した話
Pixel Pill Widget (Pro):Google Pixelの検索ウィジェットそっくりでカスタマイズもできるウィジェット
LaunchBoard:頭文字をタップして候補アプリを表示、起動するランチャーウィジェット
IIJmioからのクリスマスプレゼント?ハイレゾ対応イヤホンとZenFone 3をいただきました。
Nexus、そこに隠された意味を知れ【ホーム画面企画2016】
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年1月その2 nuroモバイルとロケモバがまた気になる速度に
FREETEL SIMの契約を「使った分だけあんしんプラン」から「定額プラン 3GB」へ変更
C94新刊 「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本10」のお知らせ
ZenFone 3 LaserとRAIJIN、IDOL 4のスペックをおおまかに比較
チカチカ点滅するように表示されるおサイフケータイのアイコンを表示しないようにする
第4回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票結果発表! 1位は「Go on singing!」
2016年に手に入れてずっと使い続けている4つのスマホグッズ
AquaMozc for BlackBerry:BlackBerryの物理キーボードでPCライクな操作性を実現する日本語IMEアプリ
コンパクトながらも迫力のあるサウンドを出す「Fenda W30 Bluetoothスピーカー」レビュー