LINEモバイルも2月よりSIMカード発行手数料400円を初期費用に追加へ

|
20170110-linemobile-1

LINEモバイルは、2017年2月1日の申し込み完了分より、初期費用として「SIMカード発行手数料」を請求すると発表しました。SIMカード発行手数料はいわゆる「初期費用」のうち「登録事務手数料」とは別に請求されるもので、2月1日申し込み完了分以降は合計3,400円(税抜)となります。

申し込み完了が2月1日分以降に請求

2016年8月よりドコモがMVNOにSIMカード発行手数料を取るようになったのを機に、各MVNOもユーザーから新規登録の際に初期費用とは別にSIM発行手数料を請求するようになってきました。楽天モバイルやFREETELなどはすでにそうなっています。

LINEモバイルでは2月1日の申し込み完了分よりこのSIMカード発行手数料を請求するようになります。注意が必要なのは、手数料がかかるタイミングが「申し込み時」ではなく「申し込み完了」だということです。1月中に申し込み手続きを開始しても、申し込み受付完了(本人確認書類アップロードが完了し、申込み受付完了のメールが送付されたタイミング)が2月1日以降の場合は手数料がかかることになります。Amazonのエントリーパッケージを使った申込みの場合、初期費用はパッケージ代金となりますが、申し込み完了が2月1日以降になるとSIMカード発行手数料が別途かかります。

LINEモバイルはTwitterやFacebookなどSNSが無料でつかうこともできる格安SIMで、速度もかなり速いので当サイトでも今最もオススメしているMVNOです。2月以降はSIMカード発行手数料がかかってしまうので、気になる方はお早目の申し込みを。

K276997o

参考情報

Random Posts

格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2016年9月その2 LINEモバイルが快調な滑り出しを見せる
ファーウェイのスマホで「テーマ」をダウンロードしてアイコンや壁紙をまとめて変更する方法
Google Home Mini 開封の儀&ファーストインプレッション:音以外にも使い勝手に差が見える
luxury【ホーム画面定期コンテスト】
Playストアで有料アプリを公開&無料セールを設定する-アプリ販売始めました
Material Notification Shade:通知領域をOreoやNougat、P風に置き換えるアプリ
Xperia Calendar Widget:1ヶ月の日付がリスト表示された縦長カレンダーウィジェット
Xperia XZはほかのスマホとUSB接続してバッテリーを分け与えることができる
Linner Bluetoothイヤホン NC50:アクティブノイズキャンセリング機能で集中したい時にピッタリ
第5回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票結果発表! 1位は「落ち着いた雰囲気のホーム画面 Montserrat」
KLWPでWeather UndergroundのAPIを使って天気情報を表示する方法
Legacy Android:懐かしきあの日はキミとともに【ホーム画面企画2016】
Day Counter Widget:マテリアルデザインの配色をしたカウントダウンウィジェット
フィット感・遮音性良好!通勤通学に向いている有線イヤホン「SoundPEATS B50」のレビュー
左右独立でストレスフリー、真のワイヤレスイヤホン! docooler ワイヤレス ヘッドセット TWS-K2