auも20GB/30GBプラン「スーパーデジラ」を発表、ソフトバンクの「ギガモンスター」に対抗

|
20160909-au-1

KDDIと沖縄セルラーは9月9日、大容量データ定額サービス「スーパーデジラ」として、月額6,000円の「データ定額20」、月額8,000円の「データ定額30」を9月15日より提供すると発表しました。

前日にはソフトバンクが「ギガモンスター」を発表しており、それに対抗してきた形ですが、単に同じプランを発表したものではありませんでした。

スマバリュ適用で月額6,590円から

今回発表された「データ定額20」「データ定額30」は、電話かけ放題プランの「スーパーカケホ」や「カケホ」と組み合わせることで、月額8,000円〜利用できます。「auスマートバリュー」を適用した場合、適用から2年間は月額6,590円〜となります。

なお、「データ定額8/10/13」の新規申し込みは9月14日をもって終了しますが、現在利用している方は継続して利用できます。

20160909-au-dejira-01

余ったデータ容量は、翌月まで繰り越せる「データくりこし」の対象です。ソフトバンクが「ギガモンスター」で5GBまで制限(発表時)したのに対し、auの場合は全ての残量を翌月まで繰り越せます。

テザリングオプションは月額1,000円でソフトバンクと同じですが、auはキャンペーンとして2017年4月末まで無料で利用できます。

なお、auの発表を受けたソフトバンクは、余ったデータ容量を全て翌月に繰り越せるよう変更するとともに、テザリングオプションについても、2017年4月末まで無料キャンペーン実施すると発表しています。

参考情報