orefolder的に2022年を振り返る-スマホ/格安SIM/ホーム画面カスタマイズ

2022年も残りわずかです。というわけで、この1年間を振り返ってみたいと思います。(毎年恒例)

いろいろあった気もしますがあっという間に過ぎてしまった気がする2022年。個人的にも仕事のことやプライベートでいろいろ考えさせられる1年でした。

それでは、このサイトで主に扱っている「スマホ」「格安SIM」「ホーム画面カスタマイズ」の3つの視点で2021年をダラダラと振り返ってみます。

スマホ:昨年までのチャレンジが成熟してきた

2022年のスマホは、新しい流れを生み出すというよりも完成度を高めた1年だったように思います。

出始めてからもう数年が経った折りたたみスマホは昨年のGalaxy Z Fold3あたりでも「完成度が高くなった」と言われていましたが、今年はそれをさらに使いやすくして「折りたたみスマホ」自体が安定してきたように感じます。

個人的に今年一番のスマホだったZenfone 9も、パッと出ではなく、Zenfone 8で小型化に舵を切ったものが完成度を高めた結果に見えます。

ミドルレンジも充実

夏に出たミドルレンジはみんなSnapdragon 695で面白かったですね。スペックの数値的には同じようなものが多く、そこでどんな違いがあるのか、メーカーごとの特色が出たのではないでしょうか。

そんな中、GoogleのPixel 6aが存在感を出してきました。家電量販店でキャリアモデルが安売りしていたこともあると思いますが、「これで十分」を高いレベルで実現している端末です。Googleのaシリーズはこのあたりのバランスがすごく上手いなと思います。

OPPOの勢いが落ちてきたか

昨年までは格安スマホを引っ張ってきたように見えたOPPOが、今年は勢いを失ったように感じます。Reno7 Aが外観は進化したものの中身はReno5 Aとそれほど変わらないですし、エントリークラスでもA77はちょっと厳しいものがありました。

2022年に巻き返せるのか、注目です。

自分自身のスマホ

2021年は10機種のスマホ購入でした。最近は10万円超えのスマホも多いですが、買ったのはみんな10万円未満です。

数が売れるエントリー帯のスマホをもっと買ってレビューなど増やしたいところですが、エントリー帯は思うよりも価格が高くてコストパフォーマンスが悪いというか、だったらもう少し足してミドルレンジを…と思ってしまうんですよね。

そういえば、まだPixel 7のレビュー記事を書いてません。クリスマスくらいに書いてメインスマホをZenfone 9に戻す予定だったのが、なぜか時間があっという間に過ぎてしまい、気がつけば大晦日です。おかしいな…。

格安SIM:楽天モバイルの0円運用が終わる

格安SIM業界で大きなニュースはRakuten UN-LIMIT VIIで1GBまで0円が終わってしまったことですね。これによりユーザーが他社のMVNOに移った例も多かったようです。私は0円が終わってもけっきょく使い続けています。速度測定にも入れてないんですけどね。

このほか、9月に発生したauの通信障害の影響で、デュアルSIMによる回線の冗長化というのも(少しだけ)話題になりました。個人的には(スマホの回線ではないですが)台風15号の影響でドコモが通信障害となりhome 5Gで使っていた家のメイン回線がやられてのが痛かったです。冗長化、大事。

これ以外では、格安SIM業界の2022年はわりと大人しかった印象です。まぁ中でどうなっているのかはわかりませんが。ahamo等が出てきてMVNOも安値合戦が再開したと思ったのですが、それに釣られなかったNifMoやBIGLOBE、キャンペーンも行わなくなってきて今後どうなるのか心配もあります。

格安SIMも、使う人ももう使っていて、興味ない人とハッキリ分かれてる、そんな段階なんですかね。

ホーム画面カスタマイズ:今年もいまいち

2022年のホーム画面カスタマイズは…というより2022年、ですが、サイト的にはコンテスト見せてくださいとで2回の企画をやって、個人的にはほとんど動けませんでした。

今のスマホのホーム画面は5月に作ったこれのままです。ただメイン画像は猫ではなくUnsplashのFacelessのコレクションを表示してます。

今でもこのホーム画面は気に入っていて、そのうちPlayストアにもアップしようと思っているのですが、思っているだけで時間が経ってます。

サイト運営:山あり谷あり

このサイトの運営状況についても少しだけ。

pvや収益のこと

かなり苦しんで、そこからようやく復活した2021年から、2022年はわりと調子良くいった1年でした。安定というわけではなく、月によってドッカンドッカン山あり谷ありなのですが、2021年に比べるとかなりマシです。収益的にも2021年のだいたい倍になりました。(それだけ2021年は酷かった…。)

昨年は「10月は過去最高の66万pv」と書きましたが、今年はそれに届かない者の11月に63万pvくらいまでいきました。が、12月は一気に落ちてしまって30万pv行くかいかないか…といったところです。ちょっと不安になるこんな気持で年越ししなくてはならないのか…。

もっと魅力的な記事を書きたいですね。どうも自分の記事のクオリティも落ちてる気がするので、一度ちゃんと見直してじっくり書くことをしなくては、と思ってます。

まとめ

2022年は、悪くはないけどどうにもなにかから抜け出せないような、いまいちすっきりしない1年でした。いつも時間に追われていたようでもありますし、ネタ不足に困った時もありました。2022年はなんとかこの殻を突き破りたいところです。

2022年はOREFOLDERをご覧いただきありがとうございました。2023年もまた、よろしくお願いします。

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧