KWGTがv3.63にアップデート!ローカル変数の追加やダークモード関係の変更など

『KWGT』がv3.63にアップデートされています。今回のアップデートではローカル変数を設定するlv()の追加やダークモード関連の変更があります。

手元の端末では『KWGT』だけで『KLWP』にはv3.63が来てません。もしかしたら今回はKWGT向けだけかもしれません。

Google playKWGT Kustom Widget Maker
KWGT Kustom Widget Maker
制作: Kustom Industries
価格: 無料

ダウンロード

更新内容

v3.63の更新内容は以下の通りです。

  • New lv() function can set local variables
  • In KWGT si(darkmode) now only returns system dark mode
  • Added si(darkwp) that returns 1 when wallpaper colors prefer a dark theme
  • Formula faves are now also stored on external storage as a backup measure

日本語訳すると

  • 新しい lv() 関数は、ローカル変数を設定できます。
  • KWGT si(darkmode)は、システムダークモードのみを返すようになりました。
  • 壁紙の色がダークテーマの場合に 1 を返す si(darkwp) が追加されました。
  • バックアップ対策として、Formulaのお気に入りを外部ストレージに保存するように変更

といったところです。

主な新機能と変更点

ローカル変数を設定できるlv()

基本的な形は以下の通り。

$lv("foo", "value")$

fooという名前の変数にvalueという値をセット。

$lv(foo)$

fooの値を表示。

変数にセットする値は単純なテキストだけでなく、df(m)のような計算式もOKです。これならいろいろ使えそうですね。

$lv("foo", df(m))$$"Minutes are: "+#foo$

値を計算式の中($~$)で使う場合には変数名の前に「#」を付ければいいようです。

si(darkmode)とsi(darkwp)

これまでsi(darkmode)は「端末でダークモードが有効か、あるいは端末設定で暗い色の壁紙を使ってる場合に1を返す。そうでなければ0を返す」という設定でした。(今の日本語説明もそのままです。)これがダークモードと壁紙の設定が分けられて

  • si(darkmode)…端末のダークモードが有効なら1、無効なら0
  • si(darkwp)…端末設定の壁紙が暗い色なら1、明るい色なら0

となりました。わかりやすくなったと思います。


KLWPの使い方については以下のページにてまとめています。使い方に困ったときなど、こちらのページも参考にしてください。

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧