NORSMIC モバイルモニター

USB Type-Cケーブル一本で給電・接続可能な「NORSMIC 15.6インチ モバイルモニター」レビュー

大型のモニターほどスペースは取ってほしくないけれど、小さな画面では困るといった場合に最適なのがモバイルモニターです。いわゆる普通のモニターと違い、いつでもどこへでも移動させることができ、使わないときは省スペースになるといったメリットがあります。

今回、NORSMICより15.6インチ・IPSのフルHDのモバイルモニターを提供していただいたので、レビューします。

  • 15.6インチ・IPS・フルHDの美しい大画面
  • 豊富な端子類(HDMI・miniDP・USB Type-C etc)
  • チープなスピーカー

Amazonでの価格は2022年6月9日時点で21,980円です。また、4,000円引きになるクーポンをいただきました。6月15日まで利用可能です。どうぞご利用ください。

クーポンコード:8APBEWRK (2022/06/08–2022/06/15)

内容物:必要な付属品は揃っている

NORSMIC モバイルモニター

箱は、黒基調の至ってシンプルなパッケージ。

NORSMIC モバイルモニター

内容物は、モバイルモニター本体とスタンドカバー、USB Type-Cケーブル、HDMIケーブル、電源アダプター、説明書です。

なお、USB Type-Cで接続する場合、電源アダプターは不要で、ケーブル1本で接続できます。HDMIやminiDP接続の場合は、USB-Aの電源アダプタなどを利用して、本体のUSB Type-Cに給電する必要があります。

説明書は、日本語のみで、接続方法やディスプレイの設定など詳細に説明されており、操作に困ることは無いと思われます。

基本的な外観紹介

NORSMIC モバイルモニター

外観は、「NORSMIC」のロゴが中央に表示されたシンプルなデザイン。仕事場などにも向いてます。筐体は金属製で、チープさはありません。

NORSMIC モバイルモニター

ディスプレイはアンチグレアで、照明などが反射しにくくなっています。

NORSMIC モバイルモニター
NORSMIC モバイルモニター

スタンドは、60度と45度程度の2種類の角度に調節できます。カバー部分に溝があり滑りにくくなっているので、少し当たったり揺れたりする程度では、崩れません。

NORSMIC モバイルモニター

なお、カバーは磁石でくっついているだけなので、取り外してモニター単体で利用可能です。

NORSMIC モバイルモニター
NORSMIC モバイルモニター

端子は左側にあり、上から順にフルサイズのHDMI、miniDP、USB Type-C、3.5mmイヤホンジャック、USB Type-C(給電用)となっています。モバイルディスプレイのHDMIはminiHDMIになることも多い中、フルサイズのHDMIを搭載はストロングポイントです。

右側には電源ボタンやディスプレイ操作用のボタンがあります。

NORSMIC モバイルモニター

重量は、手元のスケールで1,161gでした。約1.1kgなので、オフィスや家庭内での移動など遠くない範囲での移動か、荷物が少ない場合なら負担なく持ち運べる重量感です。

ディスプレイの画質

NORSMIC モバイルモニター

ディスプレイは、IPSパネルの1920x1080のフルHDです。初期設定状態では、色合いは少し薄めに感じるものの、高精細で滲み等もなく見やすい画面になっています。

NORSMIC モバイルモニター

色合いは、ディスプレイ本体に内蔵されている設定画面から調節できます。

スピーカーの音質

このモバイルディスプレイは、2つのスピーカーを搭載していますが、スピーカーの音質は、あまり期待しない方が良いかもしれません。実際にこのスピーカーで映像を見たりゲームをしたりしましたが、あくまで無いよりはあるだけマシといったレベル。ゆったりオーディオを楽しむのには向いていません。

音質を重視するのであれば、ノートパソコン本体のスピーカーやイヤホンを使用した方が良いでしょう。

モバイルディスプレイとノートPC・タブレットなどの組み合わせ例

MacBook Airのサブディスプレイとして

NORSMIC モバイルモニター

想定される一番の用途は、ノートパソコンのサブモニター的な使い方だと思います。15.6インチと大きく、ノートPCの狭い画面より、圧倒的に作業効率を上げることができます。

NORSMIC モバイルモニター
NORSMIC モバイルモニター

別売りのタブレットスタンドと組み合わせることで、ノートパソコンの上に画面を構えたり、縦置きに切り替えることもできるようになります。縦置きにすると、PDFなどの資料や論文を見ながら書類をまとめることができるので、とても便利です。

iPad Air 4

NORSMIC モバイルモニター

iPad Air 第4世代モデルでも、USB Type-Cケーブル一本で、給電と接続が可能でした。iPadにはディスプレイ拡張や解像度の調節機能はないため、ミラーリングのみになります。

Androidスマートフォン

NORSMIC モバイルモニター

DisplayPort Alt Modeに対応したスマートフォンならUSB Type-C経由で接続することが可能です。スマートフォン本体の画面回転に応じて、縦画面と横画面が切り替わります。

Nintendo Switch

NORSMIC モバイルモニター

Nintendo Switchの場合、ドックを使ってHDMIケーブルで接続をします。試しにスプラトゥーン2をやってみましたが、快適にプレイすることができました。HDMIケーブルで接続するため、モバイルモニターに供給するための電源が必要になります。これは別途コンセントが必要ではなく、SwitchのドックにあるUSB-A端子から給電可能です。

友人が家に来てゲームするときに、モバイルディスプレイがあると、2人ともSwitch本体を置いた状態でゆったりとゲームを楽しむことができます。

デスクトップPCのサブディスプレイとしても

NORSMIC モバイルモニター

もちろん、デスクトップPCに接続することも可能です。メインのディスプレイの横においてサブディスプレイとしたり、たまに起動するPCの確認用画面としても使えます。

筆者の感想:モバイルディスプレイを導入して

MacBook Air

このモバイルモニターの感想をまとめるにあたって、まず筆者の仕事場での作業環境を述べておきます。

筆者の仕事場での作業環境は、いわゆるフリーアドレス的なタイプになり、個人にデスクが割り当てられていません。そのため、ノートパソコンを持ち込むのですが、13インチは作業領域不足、15インチはPC本体が重すぎるというジレンマを抱えていました。実際、13インチノートPCでZoom会議をすると、ほとんど作業スペースがありませんでした。

NORSMIC モバイルモニター

しかし、NORSMICのモバイルモニターのお陰で作業領域は、倍増しました。4つ以上のウィンドウを同時に開いておけるので、Zoomしながら調べ物をして資料をまとめることも簡単に行えます。

幸いにも個人ロッカーはあるので、使わないときはそこにモバイルモニターを突っ込んでいます。また、部屋や場所を移動する際も、さっと閉じてノートPCと重ねて持って移動できます。総じて不満はなく、作業効率もUPしました。

総評:隙間のニーズを埋める便利な製品

NORSMIC モバイルモニター

NORSMICのモバイルモニターは、15.6インチ・IPS方式のフルHDモニターでありながら、2万円を切る入手しやすい価格になっています。フルサイズのHDMIやminiDP、USB Type-Cなど端子も豊富で、付属のケーブルも多め、スピーカーもあるなど、必要な機能は全部揃っており、モバイルモニター入門としておすすめな製品です。

ノートPCを接続して仕事場や自宅での作業スペースを増やしたり、子供や友人用のゲームディスプレイとして使ったり、はたまた旅行先でスマホやタブレットを接続して大画面で映像を見たりなど、NORSMICのモバイルモニターは、幅広い細かなニーズに対応できる製品といえます。

Amazonでの価格は2022年6月9日時点で21,980円です。また、4,000円引きになるクーポンをいただきました。6月15日まで利用可能です。どうぞご利用ください。

クーポンコード:8APBEWRK (2022/06/08–2022/06/15)

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします