Google Play Passが日本でも順次提供開始!アプリやゲームのサブスクリプション

Googleは4月28日、数百種類のアプリやゲームを定額で楽しめる「Google Play Pass」を日本でも提供開始すると発表しました。1ヶ月の無料トライアルがあり、そのあとは月額600円または年額5,400円の定期購入となります。また、最大5人のファミリーメンバーで共有も可能です。

Google Play Passが日本でも順次提供開始

Google Play Passは定額で数百種類のアプリやゲームが楽しめるサブスクリプションサービスです。2019年から開始されたものですが、当時は米国のみでした。これが日本でも提供されます。

価格は月額600円または年額5,400円の定期購入。また、最大5人のファミリーメンバーで共有も可能です。

Monument ValleyやCytus II、Stardew Valleyといった海外のゲームだけでなく、 信長の野望・武将風雲録、ベリーリトルナイトメア、ねこあつめ、冒険ダンジョン村、などの日本のアプリも対象となります。

今後も対象アプリは増える予定で、モンスターハンターストーリーズが近日中に、FINAL FANTASY VIIが2022年夏〜秋頃にPlay Passに登場予定です。

今週から提供開始予定

Play Passから、まずは1ヶ月の無料トライアルが申し込めます。

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧