この違い、わかる?Google Chromeのアイコンが8年ぶりに変更へ

Googleのウェブブラウザ「Google Chrome」のアイコンが8年ぶりに変更されます。今日よりCanary版では変更されたアイコンになっており、正式版も後日更新される予定です。

この新しいアイコンについて、ChromeのデザイナーがTwitterにて解説しています。

よりモダンでシンプルなアイコンに

左が2014年より使われてきた従来のアイコンで、右が今回新しくなるアイコンです。違い、わかりますか?

中央の青い丸が大きくなり、シャドウが取り除かれ、それぞれの色も少し明るくなっています。

また、緑と赤の特定の色合いを並べて配置すると、不快な色の振動が発生することから、ごく微量なグラデーションがついています。

OSに合わせてカスタマイズ

新しいアイコンは各OSに合わせてカスタマイズされています。

Windows(左)はグラデーションが付けられており、ChromeOS(右)ではグラデーションのない明るい色になっています。

macOS(左)では立体的に見えるようになっており、beta版とDev版はリボンが付きます。iOS(右)の開発版ではこれがブループリントのデザインになります。


このアイコンは、今後数か月以内にアプリやウェブなどで更新されたバージョンが表示されるようになります。 とは言っても、ぱっと見では気づかないかもしれないですね、これは。

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧