Nothing ear(1) black比較レビュー:人気Bluetoothイヤホンのブラックが登場!ホワイトモデルとの違いを実機で比較!

Nothing Technologyさんから、12月13日発売のNothing ear(1) blackをレビュー用に提供していただきました。今年夏にリリースされ、人気を博しているBluetoothイヤホンear(1)の色違いモデルです。以前レビューした従来のホワイトとはどこが違うのか、実際に実機で確認します。

Nothing ear(1)のスペック

接続方式 Bluetooth 5.2
対応コーデック SBC, AAC
対応プロファイル A2DP, AVRCP, HFP
最大再生時間 約4時間(ANCON,イヤホンのみ)、約24時間(ANCON,充電ケース併用)、約34時間(ANCOFF,充電ケース併用)
防水性能 IPX4
充電ケースサイズ 約58.6 × 58.6 × 23.7 mm
重量 約4.7g(イヤホン片側)、約56.8g(充電ケースのみ)、約66.2g(充電ケース+両イヤホン)
品番 B181
その他 Fast Pair対応

パッケージ、内容品


パッケージは、従来モデルと同じく黒が基調。イヤホンのイラストは、ブラックのものに差し替えられています。相変わらず高級感があります。

従来モデル、Blackを並べてみました。本体の画像が差し替わっているだけなのが分かります。


外側の紙を破いて開けるのも同じ。中に入っている銀色の箱も同じです。

内容品一覧です。イヤホン本体、充電ケース、充電ケーブル(USB Standard-A to USB Type-C)、イヤーピース(S,M,L)、取扱説明書、使用上の注意が書かれた冊子が入っています。これも、本体、充電ケース、イヤーピース以外は同じです。

イヤーピースはこのように真っ黒。従来モデルと同じく、しなやかでいいですね。

イヤホン本体と充電ケース

イヤホン本体と充電ケースです。見ての通り真っ黒で、一点だけある赤いドットが目を引きます。

充電ケース


充電ケースの各部を拡大しました。ヒンジまで黒っぽくなっていて、徹底されています。


ケースは透き通ってはいるものの、スモークガラスのように黒っぽくなっています。

イヤホン本体

イヤホン本体です。

従来モデルは、Buds(丸っこい部分)も光沢のある表面加工でした。Blackではここがマットな質感になっていて、サラサラです。


従来のWhiteとBlackを並べて比較してみます。異物侵入を防ぐ金属の網という、装着すれば絶対に見えない部分まで黒くなっていて驚きです。

ステム(棒状の部分)に関しては、ホワイトも黒いので、どちらも似ていて見分けがつきません。

イヤホン本体+充電ケース


イヤホン本体を充電ケースに入れた状態だとこのようになります。どちらも甲乙つけがたいほどカッコいいです。

画面上でもブラックで表示



ear(1)はFast Pair対応なので、BluetoothをONにしたAndroidスマホの近くでケースを開くと、自動でスマホに通知されます。その通知の中での色も、ブラックならブラックになっていて細かいです。

実際に装着する

実際に耳に付けてみるとこのようになります。装着感は良好。

まとめ

今回は、ブラックと従来のホワイトモデルを比較してみました。元々、デザインの完成度が高いのもあり、色が変わっても変わらずお洒落でした。ブラックになったことで、全体的に締まったような印象になっていますね。

Blackの発表に合わせ、ear(1)がカーボンニュートラル(実質的な二酸化炭素の排出量0)を達成したという報告もありました。機能面での差別化はよくあることですが、先を見据えてカーボンニュートラルに取り組む姿勢は珍しいです。今後も様々な取り組みが行われるでしょうし、ますます注目です。

Nothing ear(1)のスペック

接続方式 Bluetooth 5.2
対応コーデック SBC, AAC
対応プロファイル A2DP, AVRCP, HFP
最大再生時間 約4時間(ANCON,イヤホンのみ)、約24時間(ANCON,充電ケース併用)、約34時間(ANCOFF,充電ケース併用)
防水性能 IPX4
充電ケースサイズ 約58.6 × 58.6 × 23.7 mm
重量 約4.7g(イヤホン片側)、約56.8g(充電ケースのみ)、約66.2g(充電ケース+両イヤホン)
品番 B181
その他 Fast Pair対応
 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
でじぃ
病気療養中のガジェットオタク。基本はTwitterにいます。私の執筆した記事は私個人の意見です。ご依頼などあれば、ご連絡はTwitterのDM(これが一番早いと思います)か、digitalkcct@gmailどっとこむ(どっとこむ→.com)まで宜しくお願いします。
⇨でじぃの記事一覧