Xiaomi 11 Lite 5G NE:158gと軽量で5G対応、重いゲームをしないのなら十分

Xiaomi 11 Lite 5G NEはチップセットにSnapdragon 778G、ディスプレイには90HzのAMOLEDを採用。それだけでなく、重量は158gと軽量で扱いやすいスマートフォンです。

日本でも販売されているMi 11 Lite 5Gと同じMi 11 Liteシリーズの1つです。(本機はMiではなくXiaomiになってますが)

AliExpressでは23日から24日までセール価格となっており、6/128GBモデルが349ドル、8/128GBモデルが399ドルで購入できます。そしてなんと、先着500名限定でスマートウォッチのMi Band 6がついてくるキャンペーンを開催中。気になっている方にとっては嬉しいですね。

本記事で紹介するのはグローバルモデルです。

Xiaomi 11 Lite 5G NE

本体カラーは「ブラック」「ブルー」「ピンク」「ホワイト」4色から選べます。ホワイトはラメのようなものが入っておりキレイですね。ストレージは128GBで、1TBまでのMicroSDカードにも対応します。

日本でも販売されているMi 11 Lite 5Gと同じように、本体の薄さは6.81mmと極薄で重量も158gと軽量。薄くて軽いのは多くの人にとって魅力ですよね。

トリプルカメラでシーンごとの使い分けも

Xiaom 11 Lite 5G NEには6400万画素のメインレンズ、800万画素の超広角レンズ、500万画素のテレマクロレンズがついています。

3つのカメラを使い分けることで写真の幅が広がります。日常の写真はメインレンズで撮影、風景は超広角レンズで撮影、接写はテレマクロレンズで撮影のように、シーンに応じて切り替えて撮影できるわけです。

動画にフィルターをつけて雰囲気を変えることも

alignnone size-large wp-image-100825https://www.orefolder.net/wp/wp-content/uploads/2021/09/bb736cdacda54c6338dcd7048d2eb762.jpg

動画にフィルターをつけることで雰囲気を変えれます。

このシーンはフィルター未適応だと明るいのですが、適応することでノスタルジックな雰囲気に一変します。こういった機能があると、動画撮影が楽しくなりますよね。

6.65インチの90Hz対応AMOLEDディスプレイ

Xiaomi 11 Lite 5G NEのフラットディスプレイはFHD+のAMOLEDを採用し、鮮やかな発色を実現します。それだけでなく、90Hzのリフレッシュレートにも対応します。

33Wの急速充電に対応

Xiaomi 11 Lite 5G NEには最大33Wの高速充電に対応します。これにより、短時間で充電を終えることができ、起床時に充電がない!となっても大丈夫。支度をしている間に充電がほぼ完了しています。ちなみに、バッテリー容量は4250mAhです。

スペック表

OS Android 11 MIUI 12.5
SoC Snapdragon 778
RAM 6GB/8GB
ストレージ 128GB
外部メモリ microSDXC (最大1TBまで)
ディスプレイ 6.65インチ 2400×1080 (FHD+)
メインカメラ 6400万画素+800万画素+500万画素
フロントカメラ 2000万画素
バッテリー 42509mAh
サイズ 約160 × 75.33 × 6.81 mm
重量 約158g

AliExpressでは23日から24日までセール価格となっており、6/128GBモデルが349ドル、8/128GBモデルが399ドルで購入できます。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
AOSPベースのROMがすきです。Oxygen OSとHavoc OSがお気に入り。
⇨CloNisの記事一覧