「+メッセージ」が携帯3社すべてのブランドとMVNOで利用可能に(楽天モバイルは…?)

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は、メッセージサービス『+メッセージ』を9月2日より携帯3社すべてのブランドとMVNOに拡大すると発表しました。それぞれ次期は異なりますが、MVNO回線でも『+メッセージ』が使えるようになります。

携帯3社すべてのブランドとMVNOで利用可能に

『+メッセージ』は2018年5月から提供されているメッセージサービスで、利用者数は2021年7月に2,500万人を突破しました。携帯3社の垣根を超えたメッセージサービス…と言っても携帯3社の中で閉じられていました。

今回携帯3社とそのサブブランド、そして各回線を利用するMVNOにも広がることによって、ようやく使いやすくなりそうです。ただ、今回の発表の中には楽天モバイルは含まれていません。

各社の対応時期は以下のとおりです。

会社名 対応時期 ブランド/通信サービス
KDDI 提供済み au
povo
2021年9月2日(木曜) UQ mobile
MVNO(au回線)
NTTドコモ 提供済み NTTドコモ(ahamo含む)
2021年9月下旬予定 MVNO(ドコモ回線)

ソフトバンク 提供済み ソフトバンク
2022年春予定 ワイモバイル
LINEMO(ラインモ)
MVNO(ソフトバンク回線)

一時期は「キャリアによるLINE対抗アプリ」なんて言われていましたが、ようやくサブブランドやMVNOに開放されることで、広がる…のでしょうかね?

Google play+メッセージ(プラスメッセージ)
+メッセージ(プラスメッセージ)
制作: KDDI株式会社
価格: 無料

ダウンロード

Google play+メッセージ(プラスメッセージ)
+メッセージ(プラスメッセージ)
制作: NTT DOCOMO
価格: 無料

ダウンロード

Google play+メッセージ(プラスメッセージ)
+メッセージ(プラスメッセージ)
制作: SoftBank Corp.
価格: 無料

ダウンロード

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧